CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«インド5:MESHデザイン工房 | Main | TE to TE»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
インド6:Faridabad Colony [2008年10月24日(Fri)]

デリーから車で1時間半ほどの郊外にあるファリダバード。
ここに、ハンセン病患者・回復者が暮らすコロニーがあります。

ハンセン病患者は昔から差別の対象とされてきたため、一般社会から隔離され、人里はなれたところに暮らすことを余儀なくされている方々が多いですが、このコロニーは少し違う印象。

どこまでがコロニーなのか境界線がなく、車道を一般のタクシーや物売りが行き来します。
良い意味で、「壁がない」。


このコミュニティーの中に工房があり、MESHによるデザインの製品を生産しています。
実際工房の中を見せてもらいました。



電動糸巻き機もあります。
わざわざデモンストレーションしてくれました。



つくられている製品はこちら。
MESHの工房にあったものと同じデザイン。



大量の生糸。



笹川記念保健財団の支援で購入した電動機織機がありますが、電動機織機に必要な原材料は手動のものに使用する材料よりも高いため、入手が困難で、残念ながら現在は稼働していません。
今、原材料を購入するための支援を依頼しているところだそうです。



他にも海外の財団や、インド国内の篤志家など、様々なところから支援を受けているこのコロニー。

支援が入らないコロニーとは何が違うんだろう?
有力なリーダーがいるから?

施設も充実しており、住民の表情も明るい印象を受けました。



そりゃ、ハンセン病回復者がいつも暗い顔してるわけじゃないですよ。
人間だもん。
コメントする
コメント