CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«片品2:畑の野菜たち | Main | 小千谷へ»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
片品3田舎で暮らすということ [2008年09月22日(Mon)]

若い世代で、農業に関心を持つ人が増えてきているという。
環境意識が高く、マイ箸やエコバッグを持ち歩く人も珍しくなくなってきた。

でも、都会に生活しながら週末や余暇で「エコ」を楽しむのと、住む場所や暮らしの在り方を根本から変えて、石油エネルギーに頼らない自給生活を実践するのとでは、全く違う。


ミチコさんのすごいところは、背伸びをせずに自分の手が届く範囲で、自然体で自分が正しいと思う道を実践しているところだと思います。
誰かが用意したプログラムに乗るのではなく、準備も交渉も、全部自分の力で切り拓いて。うんうん悩みながらも、向き合うことから逃げずに。

きれいごとだけでは済まない。
猿とも近所の人間関係とも下水道の問題とも向き合わなきゃいけない。

そういうきれいごとで済まない部分を垣間見て、改めてすごいなぁと尊敬しました。


いきなり田舎生活に飛び込むのは難しいけれど、新しいことに挑戦する心意気と毎日の暮らしを大切にする姿勢は見習いたい。


それにしても片品の星空はすごかった! 富士登山以来、久しぶりに天の川を見ました。
感動。


ミチコさん、セトヤマ先生、
ボーダーズ改めJAGの皆さん、スイテンドウの皆さん、
少ししかお会いできなかったけどまた美味しいものを味わわせてくださった朝田さん、
素敵なログハウスで甘い大豆をご馳走してくださったカサマツさん、
&企画者の山田さん、ドライバーのたっしー、先輩のわがままにたくましく付き合ってくれたますかっちゃん、

皆さまどうもお世話になりました。ありがとうございました!



(最後の写真はレンタカーを返しに戻った夜の渋谷。
1日離れてただけなのに、すごい違和感を感じた)





コメントする
コメント