CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「制度化」の意味 | Main | やりたい事をやり続けること»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
「気づきから支援へ」中野養護学校WS [2008年02月08日(Fri)]



中野養護学校PTAと中野区PTA連合会との共催による研修会に参加してきました。

午前中は、中野養護学校の学校見学と、中野区立桃園小学校、中野養護学校、それぞれで特別支援教育コーディネーターをされている、小島先生、藤原先生による講演。

(講演の詳細については、店長山田さんのブログに譲ります。)

お昼を挟み午後からは、「気づき」をテーマとしたワークショップ。


この研修会には4年前、私が入会1年目の右も左もわからない頃に一度お手伝いをさせていただきました。
財団職員と個人的つながりがあった方から、「グループワークの手法がわからないのでアドバイスが欲しい」と相談され、お手伝いさせていただいたのがきっかけ。

その時は障害のあるお子さんを持ったお母さんがたの明るさと、エネルギッシュさに圧倒され、
「中野養護のお母さんたちはすごい!」
とただただ感服したのを覚えています。

それから担当を離れましたが、おかげさまでワークショップの手伝いは人が入れ替わりながら3年間継続させていただき、今年で4年目。

私も久しぶりに参加させていただきました。

4年たって、PTAの役員の方々も入れ替わっていますが、
「目の前の子育てで手一杯になりがちな日常から、ふと離れて、振り返るきっかけにしたい」
「地域内の他の小学校のお母さんと、養護学校のお母さんと、悩んでいることはそんなに変わらないということを気づき、悩みを共有できる場をつくりたい」
という根底にある主催者の思いは同じ。

とても素敵な場が形成されていると思います。


私の今日の気づきの言葉。(参加させていただいたワークショップから)

・悪口をいうということは、対等な人間だと認めた証拠。
・取り戻すことは、できる。


準備から奔走された主催者の方々、お疲れ様でした。
参加させていただき、ありがとうございました!


(終了後、スタッフで輪になって反省会。)
コメントする
コメント