CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スポーツNPOサミット2:新しい座談会のかたち | Main | スポーツNPOサミット3:トップダウンは悪か?»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
「瑞々しい大人」のつくり方 [2005年11月24日(Thu)]

2週間ほど前、内部で教育分野の事業について話していた時のこと。

テーマは、全国の小中学校に道徳の教材として配布された「心のノート」。

中学校版の裏表紙に「私の自我像」というタイトルで、こんな質問がありました。

「最近いちばんよく抱く感情」
「いちばんほっとするとき」
「自分に腹が立つこと」
「最近いちばん感動したこと」


それを読んだ上司がぽそっと一言。
「…どれもパッと浮かばないなぁ」

大人になると、感情は擦り減っていくものなのかもしれません。日頃抑えよう抑えようとしているから。

でも、嬉しいことはうれしい、悲しいことは悲しいと感じられる人間でありたい。感謝も、怒りも、疑問に感じることも持ち続けていたい。


「心のノート」の設問、私は今のところは答えが浮かんだけれど、このままいくとそのうち楽しさや疑問を感じなくなってしまうんじゃないかと不安になることも時々あったりして。

日頃の些細な感情を忘れてしまわないように、これからも「つぶろぐ」に残していこうと思います。
瑞々しい大人になれるように。

コメントする
コメント
>2112さん
コメントありがとうございます。
…意図をはかりかねて2分ほど悩んでしまいました。

>感情が太陽系だとしたら言葉は地球規模

…というより、感情が太陽系だとしたら、言葉は肉眼で見える星かなぁ、と私は思いました。
存在があり、それが目でみえる形で届いていることは確か。
でも、光が届いているとき(=言葉にしたとき)には、もう実体は消えてしまっていることもあったり。

ちょっと抽象的すぎ?

でも、言葉で感情全てを表現できるものではないことは同感です。
そのために他の表現方法があるのだと思います。絵とか音楽とか、パフォーマンスとか。

>だから新しい言葉を作らなきゃ。今度一緒に作りましょうよ。

…うーん…
感情なんて自分でもわからなくなることがあるのに、それを他人と一緒に新しい言葉につくりあげるのはかなり難しいと思いますよ。
Posted by: awa  at 2005年12月01日(Thu) 21:22

みーんないろんな感情を抱いてる。全部を言葉にしなくてもいいと思います。できないから。感情が太陽系だとしたら言葉は地球規模。地球規模もたいしたもんだけど、太陽系を全然表現できてない。地球をすべてと思ったらあかん。未確認飛行物体みたいに、まだ発見されてない感情をみんな持ってる。科学で証明できないものを多数の人々は認めないように、言葉に表現できない感情も認められない。だから新しい言葉を作らなきゃ。今度一緒に作りましょうよ。
Posted by: 2112  at 2005年12月01日(Thu) 10:43