CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«『不都合な真実』 | Main | 福岡出張1:説明会準備中»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
『BLOOD DIAMOND』 [2007年04月11日(Wed)]

『ブラッド・ダイヤモンド BLOOD DIAMOND』
監督 エドワード・ズウィック
脚本 チャールズ・リーヴィット
カラー/143分/アメリカ/2006年
----------------------------



レディースデーで観に行ってきました、「ブラッド・ダイヤモンド」。


ストーリーをざっと紹介すると、アフリカのシエラレオネを舞台にした、紛争ダイヤモンドを巡る話。
大粒のピンクダイヤモンドを巡って、武装勢力に拉致された男と、白人のダイヤ密売人である男と、ダイヤを巡る状況を世の中に訴えようとする女性ジャーナリストとの間で起こる出来事を通して、紛争で崩壊していく村や少年兵の姿を描く。


…六本木ヒルズで観る映画じゃないなと思った。
画面も音響も申し分ないけれど、上映室を一歩出た途端、それまでの映画の世界と、六本木ヒルズの豪華絢爛な内装との格差に、気が滅入ってしまう。

そんなの勝手で、実際はどんな小さな映画館で見たところで、値段も住んでる世界も変わらないのだけど。
だけど自分の中の違和感は大事にしたい。


映画の中で印象に残ったのは、主人公に向かって、内戦中の村の孤児院の先生が語る言葉。
(いつもながら、うろ覚えなので正確ではないかもしれません)

Do you think people are born good?
「生まれつき善い人はいると思うか?」

"Whether people are good or bad, it depends on how they act."
「人の善悪はその人が何をしたかによって変わる」



見終わった後に、コーヒー。

思わず聞いてしまった熱い質問。

「世界は変えられると思う?」

それに対する、先輩Iさんの答え。

「世界は変えられない。でも、自分と自分の周りの人は変えられると思う」

なるほどなぁ。そうだよなぁ。納得。


"you can't change the world if you sit in the office doing nothing."
ただ座ってるだけじゃ世界は変わらない。

…という言葉が、ぽっと浮かんで、なかなか消えませんでした。

あのコーヒーの時間は映画を消化するのに、必要だった。
一緒にいてくれた方たち、ありがとうございます。

コメントする
コメント
初コメント、ありがとうございます!!
けっこうね、一人で観るとしんどい映画ですよね。
重さややるせなさを共有できる人がいると救われる。

タイムリーにアフリカ出張の予定だったのですが、空港がストライキで渡航前日に閉鎖されたため、予定を繰り上げて帰国してきてしまいました。
日本は平和です。と、改めて思います。

ご飯、いきましょう!ごはん
Posted by: awa→kurosuさん  at 2008年06月21日(Sat) 01:10

このブログを見て以来、この映画が気になっていましたが
やっと今日、観ることができました。

思った以上にバイオレンスシーンがたくさんあって
目をつぶったり耳をふさいだりして
弱腰になって観てしまったのですが
現実は映画以上なんだろうな、、
とエンドロールをみながら思いました。

自分の中の違和感は大事にしたい。
私もおおいにそう思います。

落ち着いたら、またご飯いきましょうね笑顔キラキラ
Posted by: kurosu  at 2008年06月15日(Sun) 00:31