CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« デートDV・DV防止講座 | Main | DV加害者防止講座»
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
DV男性被害者とDV女性加害者 [2010年12月27日(Mon)]
NHK徳島「四国羅針盤」の「DV男性被害者」見て
 まず番組をみて、『DV、DVと言って女性被害者ばかり取り上げ、世の男性は責められている気がしていたが、けっこう男性被害者もいるんじゃないか、何も男性ばかりが悪いんでなく、女性も悪いんだし、暴力は「お互いさまだよね」』というメッセージを感じました。 社会に広く発信する情報番組では、「DVについて」は単に男女を対比するだけの描き方をしてほしくないのです。DVは今日の社会が暴力を容認する風潮があるため、男性も女性も家庭の中でも「短絡的に暴力によって解決する」考え方が蔓延していることを伝えてほしいです。
また被害の実態から言うと、「お互いさま」ではないのです。
1.2008年内閣府の調査では、女性被害者は3人に1人、男性被害者は5.5人に1人ということですが、女性の被害の深刻さ、残忍さが言われていません。なぜDV防止法が制定されたかというと、家庭という密室で夫から妻への暴力によって、たくさんの女性が殺害されていたからです。男性被害者が妻から殺害されたというのは、ほとんど聞きません。(男性加害者が、追い詰められた妻によって殺されているのです)
また女性被害者へは、性的な暴力があり、望まない妊娠をさせられているのです。
被害者の中には、監視され、外出ができないようになり孤立させられます。
そして意を決して家を出るとつきまといを受け県外への避難をする場合もあるため、仕事、住居、友人・知人、自分の身内、子どもなどすべてを失い、心身に深い傷をうけPTSD(心的外傷性障がい)を起こすのです。生活全般の支援を受けなくてはいけないのです。
 男性被害者は何を失うのだろう。失うとしたら所有物である、妻・子ども(親権を取る場合もある)たちです。仕事、友人・知人、身内、住居、なんと言っても命を失わないし、望まない妊娠などはないのです。
2.被害者たちはなぜ暴力のある家庭に留まるのでしょうか?
 男女とも、暴力を受けていることは恥ずかしく誰にも口外しません。これは被害者特有です。また子どもがいるため離れられないし、家庭を維持しなくてはと男女とも思っています。
3.加害行為の理由はなになのでしょうか?
 男性の加害理由は、親密な関係の相手(妻、元妻、交際中の相手、元相手にも)に対する、力を使っての支配です。自分は上下関係、主従関係にして、妻や子どもを支配下に置くのに暴力を使うのです。
では女性加害者は、あのテレビに出演した女性について考えると、彼女は仕事をやめ、専業主婦となり、家事と育児にたった一人で向き合っています。
とくに子育てのプレッシャー(「母親だろ。こんなこともできないのか、なにやってんだ!」と言われる)と不安(周りが期待するような子育てができない、母親業に自信がないなど)と孤立した状態(相談できない、支えてもらえない状況)であったと言えます。夫に相談しても 仕事に逃げ、向き合ってくれない。彼女の苦しさ、つらさ、不安をしっかり受け止めず、逃げて、最後は「ゴメン、ゴメン」と謝って済ませていたのではないでしょうか?
 夫の働き方はどうでしょうか?彼は育休を取れたのか?家事、育児をどれだけやったのだろうか?土・日も出勤したのだろうか?
子育ては、妻一人ではできません。夫や身内や友人、職場の支援と社会資源の利用(保育ママ、ファミリーサポート、託児所、児童館など)が絶対必要です。

 東京「アウェア」の山口のり子さんは、つぎのように話しています。
@男性DV被害者支援も確かに必要かもしれないけれど、統計では女性の被害者が圧倒的に多いし、深刻な被害を受けているという事実を伝え、その支援が緊急だということを番組内で言ってほしかった。
A女性の暴力行為は彼女の責任だけれど、女性がひとりで子育てをしなければならない状況や、男性が実際には子育ての責任を果たさないし、やろうとしてもできない状況などについても言及しないと、問題解決に向かう報道にならない。
 米国のDV防止専門家のランディ・バンクロフトさんも、『社会ではあまりにも女性被害者への暴力が蔓延しているため、女性が受ける被害の深刻さや困難さが、真剣に受け止められなくなっている』と言えるのではないでしょうか?

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 18:10 | DV加害者防止相談 | この記事のURL | コメント(3)
11月定例事業 [2010年11月01日(Mon)]
「地域支援ネット そよ風」の11月の定例事業をお知らせします。
皆さまのご参加のご連絡をお待ちしています。

 ☆デートDV・DVをやめたい男性のための“無料”電話・e-mail相談(毎月3回、第2・3・4水曜日です)
日 時:11月10日(水)、11月17日(水)、10月24日(水)。13時から21時まで。 
一人一回30分まで。無料。秘密厳守をします。
DV加害者防止プログラム・ファシリテーターがお話を聞きます。
電話:088−654−1225。 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

 ☆デートDV・DV男性加害者防止グループ・プログラムの実施 参加者募集中!  
内容:脱暴力のプログラムから同じDV問題の悩みを持った人たちが集まり話し合い、自分の暴力に気づき、暴力をやめて、新しく女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係や子どもへの対応などを学ぶものです。
 カウンセリングではありません。カウンセリングは加害者自身の気持ちだけに対応して、被害者・子どもへの責任を取りません。加害者のままで変わらないのです。
実施日:毎日曜(5月GW、夏休み、正月休みあり)、14時から16時。 
※なお現在は小人数のため、第2・4日曜日で行っています。
事前申し込みが必要。面接が必ずあります。本人2回、パートナーさん1回。
双方が受講を決めます。
回 数:52回、東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。
※52回が長いと感じる方は、17回(4カ月、一区切り)を目途に通ってみましょう!参加費:面談費1回3,000円(パートナーさんを含めて3回)、受講料1回2,000円(そのつど支払ってください)
場 所:受講決定後にお知らせします。
DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密厳守します。
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
※東京「アウェア」のHPにもアップされています。(http://aware.exblog.jp/)

 ☆DV女性被害者支援講座(毎月1回。今月は会場の都合で第5火曜日) 
日 時:11月30日(火)、19時から21時まで。 
内 容:1カ月のふり返り。 ランディ・バンクロフトさん本「DV・虐待加害者の実体を知る」の第1部・第4章『DV加害者のタイプ』と第5章『虐待はどのように始まるのか』を読み解く
参加者:女性のみ 申し込みが必要
参加費(資料代):500円
場 所:徳島市市民活力開発センター1F会議
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

 ☆その他
デートDV防止・プログラムの実施(『アウェア』指定のプログラムを使用)
 60分、90分、120分でプログラムを行います。
女性へのこころのケアプログラムの実施(レジリエンス指定プログラムを使用)
 1回〜連続10回もあります。
男女共同参画推進講座の実施など。

お問い合わせとお申し込み/地域支援ネット そよ風
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:42 | DV加害者防止相談 | この記事のURL | コメント(0)
7月の事業活動 [2010年07月01日(Thu)]
 「地域支援ネット そよ風」の7月の事業活動をお知らせします。
皆さまのご参加のご連絡をお待ちしています。

1.デートDV・DVをやめたい男性のための電話・e-mail相談
(毎月第2・3・4水曜日、3回)
日 時:7月14日(水)、7月21日(水)、7月28日(水)。 
13時から21時。 
一人30分まで。無料。秘密厳守します。
DV加害者防止プログラム・ファシリテーターがお話を聞きます。
電話:088−654−1225。 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
2.デートDV・DV男性加害者防止グループ・プログラムの実施
参加者募集中! 
 内容:脱暴力のプログラムから同じDV問題の悩みを持った人たちが集まり話し合い、ふり返り、気づき、暴力をやめて、相手に対する共感、尊重の仕方、新しいパートナー関係や子どもへの対応などを学ぶものです。
実施日:毎日曜(5月GW、夏休み、正月休みあり)、14時から16時。 
事前申し込みが必要 面接が必ずあります。本人2回、パートナーさん1回
回 数:52回(1年以上)、東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。
※1年が長いと感じる方は、先ず4カ月を目途に通ってみましょう! 
参加費:面接費3,000円、受講料2,000円(そのつど支払ってください)
場 所:受講決定後にお知らせします。
DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。女性の気持ちを代弁するのが特徴です。
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
※東京「アウェア」のHPにもアップされています。(http://aware.exblog.jp/)

3.DV女性被害者支援講座(毎月第4火曜日、1回) 
日 時:7月27日(火)、19時から21時。 
内 容:1カ月のふり返り。 ランディ・バンクロフトさん本「DV・虐待加害者の実体を知る」の第1部・第4章『DV加害者のタイプ』を読み解く
参加者:女性のみ 申し込みが必要
参加費:500円
場 所:徳島市市民活力開発センター1F会議
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

4.その他 
 デートDV防止・プログラムの実施
 男女共同参画推進講座の実施
 お問い合わせください。
電話:088−654−1225  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:46 | DV加害者防止相談 | この記事のURL | コメント(0)
DV行動をやめたい男性のための電話・E-Mail相談 [2010年02月04日(Thu)]
 2月のDV行動をやめたい男性の電話・E-mail相談は下記のとおりです。

パートナーへの自分の加害行動はわかっているが、DVとは思えない、DVのことがわからない、DV行動をやめたいがやめられないなど。
またパートナーからDV行動をやめてほしいと言われたり、突然に家を出たいと言われたり、離婚を言われた方など。
少し人に相談すると、パートナーへの自分の態度・行動がわかってきて、その行動の元になる自分の価値観、信念、習慣がわかって来ます。
お申し込みください。

 相談日:毎月第2、4水曜日(2月は10日、24日です)
 時 間:13時から21時まで。
 一人30分
 無 料
 秘密厳守
 DV加害者防止担当者が話を聞きます。
 E-mail : tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:19 | DV加害者防止相談 | この記事のURL | コメント(0)