CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« デートDV・DV男性加害者の更生教育プログラム | Main | ささやかな生きる権利»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
社会の意識の遅れ [2015年09月06日(Sun)]
  児童買春・児童ポルノ禁止法による写真などの単純所持で、男性が逮捕されました。ようやく取り締まりが動き出したのですね。先進国ではすでに児童ポルノ行為は厳しく処罰されているのです。日本では甘く、単純所持に改正法(法7条1項)施行から罰則適用開始まで1年間の猶予を与え、今年7月15日から適用され、「一年以下の懲役又は百万円以下の罰金」が下されます。先般、性的好奇心を満たすためにインターネットで集めた女児のポルノ写真をスマートフォンに保存していた無職の男性が初逮捕されたのです。インターネットでは写真は世界に拡散され抹消されないので、被害者の傷は深く、自分らしく生きていけないのです。
 
 そしてまたようやくですが、朝日新聞記事から抜粋ですが、「酒類の製造販売団体でつくる「酒類業中央団体連絡協議会」が8月31日、アルコール飲料のテレビCMなどの出演者の年齢を、これまでの20歳以上から25歳以上に引き上げる方針を明らかにした。「ごくごく」「ぐびぐび」という効果音の使用や、のど元のアップもやめる。酒類の広告には法規制がなく、業界が自主基準をつくっている。アルコール健康障害対策基本法をもとに設置された専門家による作業部会の意見を踏まえ、協議会が議論してきた。出演者の年齢の下限を25歳にするのは、「若いタレントのCMは、未成年者にも飲酒への関心を高めている」と指摘されたため。「ごくごく」などの効果音やのど元のアップをやめるのは、「アルコールを我慢している依存症の患者には苦痛」という声に配慮した。これから自主基準の改正手続きに入り、実施時期は未定という。」の内容です。
 飲酒はこの他にも妊婦さんにも影響を与え、また酒乱によるⅮXをもたらしています。遅すぎですし、業者の営業行為なのでどうなるかわかりませんが、今までテレビ、ラジオ、動画などのCMは垂れ流し状態でしたので、この際法律でしっかり規制をしてほしいです。人間は強い人ばかりではありません。それが人にやさしい社会ではないでしょうか。

 
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:34 | 基本的人権 | この記事のURL | コメント(0)
韓国ナッツ事件 [2014年12月31日(Wed)]
 連日メディアを賑わしている韓国の15財閥の中に入るD航空会社は、財閥の家族が副社長をしているので、客室乗務員の「自分へのナッツの出し方が間違っている」として出発前の自社機を止めて、乗務員の責任者を飛行機から降ろしてしまいました。
副社長ともあろう責任者が、怒りの制御が出来ず勝手に離陸を止めたことは航空法に違反する行為とのことで、検察はこの前副社長を逮捕したとのことです。
 韓国の10大財閥の保有資金(今年1〜3月期)は、韓国の国家予算の40%を超す約149ウォン(約16兆円)だそうです。なるほど富が集中しているのです。また財閥後継者の昇進は、主要15財閥の3世計28人は平均約31歳で役員になっています。
 その裏で、庶民の就職は厳しく非正規職は政府統計で約32%、国際基準では45%超えと言われています。これが深刻な格差社会を生んでいます。
とにかく富と地位を手にした財閥グループの家族は、一般庶民を暴言によって退職や自殺に追い込んだり、暴行・大麻事件を起こしたりとやりたい放題をやっており、韓国社会から反発を受けています。
 単に親が築いた財産のお陰で富と地位を得ただけなのに、ただ特権意識だけが高く、まして人権意識はこれっぽっちもなく、社会の中でも何も学んでおらず、知性・品性がないと言えます。また韓国新聞では、妹で同社専務が「必ず復讐(ふくしゅう)する」と誓う内容の携帯メールを姉に(検察に事情聴取を受けた17日ごろ)に送っていたと報じています。復讐の対象は不明だが、「前副社長が置かれた状況と関係する社内の人物とみられる」と解釈しているとのことです。
 まぁ、韓国の財閥令嬢のような大金持ちとは比べようがないのですが、田舎では自分は特別でみんなとは違う人と思い込んでいる人がいます。夫が有名大学出身で、大企業に勤務しているだけで、偉ぶる人です。(もしその夫が退職し無職になったら何を自慢するのかしら)。お金と自分の損得だけをいつも考えているような人です。ようするに社会が見えてない人です。

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 23:24 | 基本的人権 | この記事のURL | コメント(0)