CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« DV加害者への再発防止教育プログラムの実施 | Main | 展示会、広報»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
多数政党のおごり [2013年08月01日(Thu)]
 政権担当の副総理であるA氏が、7月29日、東京都内のシンポジウムで憲法改正について「ある日気づいたら、(ドイツ)ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね」などと語ったそうです。なんとも非常識さに唖然とします。彼はアニメファンですからあまり歴史には詳しくないのかもわかりません。それにしても国の副総理の無知さに情けなく、恥ずかしく感じます。そして非難を受け、発言をそうそうに「お詫びし撤回した」とのことです。
これが政権担当の政党の憲法改正の本音なのですね。傲慢さが怖いです。不安です。
 政権政党は数の力もあり、なんでも自由に発言できるということですね。「国民を縛る憲法は不要です。政権に厳しい現憲法こそが存在価値があるのです」
 これは今日の『朝日新聞デジタル』から引用しましたが、野党は次ように言っています。
このA氏の発言に対して、「(ドイツの)国会放火事件をでっち上げ、『全権委任法』を成立させ、憲法を機能停止させた(ナチスの)手口に学べというのか」と批判しました。 また「断固糾弾し、発言の撤回と閣僚及び議員辞職を求める。A氏の歴史的な事実に対する認識不足は疑うべくもない。ナチス賛美は欧州連合(EU)諸国などで『犯罪』であるという事実にも留意すべきだ」とする談話を発表しました。
 米国の代表的なユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が30日に批判声明を発表したほか、韓国、中国両国外務省のスポークスマンも批判するコメントを出したそうです。
 戦時下の慰安婦問題やナチス政権に対して、肯定するような発言や意識は許されません。戦争被害者の立場をわかっているのでしょうか。無神経と言わざるを得ません。日本が戦後目覚ましい復興をしたのは、多くの国民の犠牲と努力があったからなのです。政治家はなにか勘違いをしています。とくにこのA氏は、上から目線で自分が日本を復興し繁栄させたと思ってしまっているようです。
 国民は間違ったことにしっかりチェック機能をはたらかせていきましょう。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 23:42 | 女性政策 | この記事のURL | コメント(0)