• もっと見る
«徳島県男女共同参画の動き | Main | 男女共同参画社会が進まない国»
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
6月のデートDV・DV(虐待)男性加害者の再発防止教育プログラム実施中 [2012年06月02日(Sat)]
 いよいよ6月ですね。梅雨の季節です。しっかり意識しながら、雨を楽しみたいですね。

当会はつぎの活動を行います。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
電話・e-mail無料相談を行います。

・日 時:6月6日、13日、20日、27日(毎週水曜日)・13時〜21時です。
一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。
・電 話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp
先ず、恥ずかしいと思わず、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。

☆デートDV・DV(虐待)男性加害者のための
再発防止教育プログラム(グル−プ・プログラム)
実施中。  
 参加者を募集中!(途中参加ができます)

・内容:同じDV(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った人たちが集まり、グループで自分の暴力に気づき、やめ、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。再発防止教育プログラムはそれをお手伝いするものです。
 カウンセリングではありません。自助グル-プではありません(来たり来なかったりはできません)。また離婚調停や裁判には使用できません。加害男性自身が変わるためのものです。
・実施日:毎土曜日は19時〜21時です。毎日曜日は14時〜16時です。
5月GW、夏休み、正月休みがあります。
※なお現在は少人数のため、第2・4土曜日2回と第2・4日曜日の2回を行っています。
(1回のみの受講はできません。また参加後の受講曜日の変更はできません)
・申し込み:事前申し込みが必要です。面接が必ずあります。本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です。
受講者と当会の双方で受講を決めます。
・回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。
※52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1クール・4カ月(17回)を目途に通ってみましょう!
・参加費:面談費;1回3,000円(パートナーさんを含めて3回あります)
・受講料:1回2,000円(そのつど支払ってください)
・場 所:受講決定後にお知らせします。
DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。女性被害者の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密厳守します。
・電 話:088−654−1225  
 E−Mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆DV女性被害者支援講座《毎月1回。第4木曜日》
・日 時:6月28日(木)、19時〜21時です。 
・内 容:1カ月のふり返りをします。
その後、奥村和弘著「サルカニ・バイオレンス」について話し合います。
・参加者:女性のみ。申し込みが必要です。
・参加費:500円
・場 所:徳島市市民活力開発センター1F会議室(徳島市幸町3−37−1、幸町会館)
・電 話:088−654−1225 
 E−Mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

 その他 随時
☆「デートDV防止・プログラム」の実施(『アウェア』指定のプログラムを使用)
60分、90分、120分でプログラムを行います。
☆「女性へのこころのケアプログラム」の実施(レジリエンス指定プログラムを使用):
1回〜連続12回もあります。
☆男女共同参画推進講座の実施など。
実施日、講師料:相談に応じます。

お問い合わせとお申し込み/
       地域支援ネット そよ風
 電話:088−654−1225 
  e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆彡東日本大震災の被災された女性の方の
ご相談を聞いています。
  
 被災から1年目が過ぎました。気持ちは重くて辛く、時間だけが早かったと思います。原発による放射能汚染もあります。放射能は目に見えず、本当に恐怖と不安でいっぱいです。
  復興は始まったばかりです。
 被災の悲しみ、辛さ、苦しみを言葉にして吐き出しましょう。大切な人や財産や希望、夢、期待を失った深い悲しみに向き合い、それを乗り越えて生きていくために、気持ちを吐き出してほしいのです。
どうか悲しみや苦しみにふたをしないでください。がまんをしないでください。
苦しい作業ですが、ようやくそれが少しできるようになったのではないでしょうか。この苦しい現状の中で震災前と違う自分を生きていくためです。 
 誰にでも吐き出すことはできませんが、当会ではメールで、地震や津波の怖さ、家族や友人知人、家・財産などを失った辛さや悲しさ、これからの生きていく不安、放射能汚染の恐怖と不安、そして大震災後のDV(虐待)や性暴力の被害など、心の悩みを24時間メールで受け付けています。
秘密は厳守します。匿名でもかまいません。ご相談ください。
聴いてもらうだけでも、心が落ち着きます。
こころのケアプログラム・フシリテーターがお話を聞きます。
 メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp 
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 00:19 | DV加害者防止相談 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント