• もっと見る
«5月GW集中電話・E-Mail相談 | Main | 地域や年齢や職業を問わないデートDV、 DV加害者»
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
男女共同参画課再設置を求める会 [2012年05月08日(Tue)]
 このたびの「茨城、栃木」両県の竜巻による被害のお見舞いを申しあげます。
なぜ、このように東日本の災害が続くのでしょうか。中には3・11大地震で避難され方がまた被災されたと聞きます。心配です。どうか心が折れませんように・・・・。

 さて先般からご報告しています徳島県の「男女共同参画課再設置」運動について
知事との面談を要請して第2回目の話し合いをしたのですが、知事は逃げて出席せず、経営戦略部長、人事課長、保健福祉部長、人権推進課長などから、男女共同参画推進の予算は前年度と同じで、がんばって施策を行い(だが新担当者2名が施策を行うのです)、不都合が生じれば再設置をすることを確約し、文書で回答を得ました。
 県内女性団体は報告会を開催し、即「男女共同参画再設置を求める会」(実行会制)を立ち上げ、次の活動を行うことにしました。
1.県庁内の「機構ボード」には「人権推進課 男女共同参画担当」を明記すること。
2.5月23日(水)、18時から、県総合福祉センター視聴覚室で「県内の男女共同参画運動の歴史を学ぶ」学習会と県側から今年度の具体的な施策の説明を聞くことにしました。
3.6月22日(金)、15時から、県議会で、女性県議が「男女共同参画課消滅の経緯、今年度の施策の具体案、課の再設置」について一般質問をし、傍聴をすることを決定しました。
 これからも、男女共同参画行政については、強い監視と関心を持って行きたいものです。

 県内阿南市では、男女共同参画社会推進の全国大会「日本女性会議」開催に向けた『日本女性会議2013誘致しよう会』を市民有志によって4月27日設立しました。なんと女性運動の励みになる素晴らしい情報です。県下の女性たちに勇気を与えました。エンパワメントされます。
 阿南市は平成18年に富岡町、那賀川町、羽ノ浦町を合併し、人口約77,000人です。最先端技術を持つ日亜化学工場があり、「阿南市男女共同参画推進条例」を持った新興地方都市と言えます。(徳島市などは市長や一部市会議員の意識が低いために、条例が作成できないのです)
 「日本女性会議」は、今年は29回目、仙台市で10月に、参加者約2,000人規模で開催予定です。特徴は各自治体が開催をするもので、それには自治体首長名での申し込みが必要なのです。今回の阿南市「誘致しよう会」会長は、「大会が大都市から地方都市へ移行している。小さな街の大きなチャレンジとして第30回の節目の年に実現したい」と言っています。
全県の女性団体が、一緒に応援をしたいですね。
当会もできるこがあれば、お手伝いしたいです。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 13:53 | 男女共同参画 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント