CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«5月事業活動 | Main | 加害者行為»
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
虐待カウンセリング [2011年05月16日(Mon)]
 テレビNHKスペシャル「虐待カウンセリング」(5月15日、21時から21時50分)を見ました。
作家柳美里さんが息子への激しい怒りの行動が虐待であることを知り、カウンセリングを受けながら、その原因が自分が受けた両親の虐待(暴力)から来るものであり、その両親もまたその親から激しい暴力を受けていたことを知るのです。まさに世代間連鎖が延々と続いているのです。
 虐待の連鎖を断ち切るために、忘れていた自分の両親と向き合わなければならなくなります。柳さんは両親に対して何の感情も持っていないと言います。好き、嫌い、ホッとする、安心感など何も思わないと言う。過酷な親子関係を生きてきたのです。そして親の子ども時代を知り、親たちも暴力の中を生き抜いてきたことを知り、はじめて親を「かわいそう」と感じます。だが自分自身には「自分は悪くない、自分もかわいそうだった」とはまだ思えないようです。
親と向き合い、子ども時代の暴力は「虐待」であると受け入れ、決して「自分は悪くない」と自覚し、「私のせいではい」と自縛から解放され、自分を生きることが必要です。子どもを支配しない、ありのままの子どもを受け入れる新しい親子関係を築きなおそうとしています。実際の親子関係を見てテレビの力を感じました。感動しました。
 子どもは、日常生活の中でわけがわからず親の怒りから虐待(暴力)を受けます。なぜ怒られ暴力を受けるのかわかりません。子どもは親から受けた暴力を「自分が悪かったから、自分のせい」と思い、理不尽な暴力を封印し、無かったことにしてしまう。そうでないと命が危ないのです。いえたくさんの子どもが命を落としています。
親は、子どもが思うようにならなかったり、気に入らなかったりすると無力感を感じ、自分の所有物である無抵抗な子どもに激しい怒りを向けるのです。また子ども時代に溜め込んだ「理不尽な怒り=どうしょうもない怒り」を、自分の親と同じように、当然のように自分の子どもへ向けてしまい、虐待をしつけ、体罰として言い訳をします。連鎖を断ち切るエンパワメントと勇気が必要です。
 虐待は、子どもにとっては「第4の発達障がい」とも言われています。子どもたちは、心身の不調、学力の低下、集団行動ができない、社会的生活ができないなどの深刻な影響を受け、生涯生きづらいのです。
先般(4月23日付け読売新聞など)も、両親のDVを目撃した子どもは、脳の発達に悪影響があることが、熊本大の研究でわかってきました。右脳の視覚野の一部がDVを目撃しない子より平均20.5%萎縮しているそうです。視覚的な記憶力が低くなるとのことです。子どもにとっては、母親へのDVを目撃することは、自分が暴力を受けたのと同じなのです。母親一人がDVをがまんする問題ではないのです。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 00:56 | 子どもへの対応 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント