CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
「最大のDX被害者支援」といえるDX加害者プログラムをめざして [2020年11月02日(Mon)]
 オンラインですが、次のようなセミナーがあります。
「最大のDX被害者支援」といえるDX加害者プログラムをめざして
~加害者が暴力をやめるための更生教育の機会を日本全国に~

 DX被害者はDXにより加害者から「逃げる、別れる」ことを選択せざる得ない状況になり、生活基盤を失います。一方加害者は何もせず放置されたままで暴力は無くなりません。また家庭には子どもがおり面前ⅮX(虐待)を受け、心身を傷つけ世代間連鎖になっていきます。
 被害者と子どもたちが安全、安心な生活を取り戻すためには、加害者が暴力をやめるための相談ができ、暴力でない行動を学ぶ機会の提供が急務です。
 DX加害者更生教育プログラム全国ネットワーク(PREP−Japan)、RRP研究会は、DX加害者が暴力行動を変化させるための更生教育プログラムが全国的に実施されるために、共に考え行動をします。

日  時:2020年11月8日(日)13:30~16:30
参加方法:WEB会議システム(ZOOM)を利用したオンラインセミナーです。
  お申し込みをいただいた方へアクセス用URLをメール送付いたします。
申し込み:pcからhttps://20201108prepjrrp.peatix.comhe へ
  peatix へ参加費を払い込んでください。
内  容:対談;信田さよ子さん(RRP研究会、原宿カウンセラー)
        山口のり子さん(アウェア)
     DX加害者プログラムの紹介
定  員:150名 事前のお申し込みが必要です。
対  象:加害者プログラムに興味のある方
参加費:一 般¥1,000
     専門家(臨床心理士、弁護士など有資格者)¥2,000
後  援:内閣府男女共同参画局
共  催:プレップジャパンとRRP研究会 
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 09:46 | 講演会、セミナー、ワークショップ | この記事のURL | コメント(0)
11月デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内)について [2020年11月01日(Sun)]
 秋が深まってきました。
コロナの時代には毎月をどう生きたらよいかわからず手探り状態です。みんなが同じで不安ですし、仕事、会合もリモートで家に居ることが多く孤立しがちです。
十分に感染防止に気をつけながら、自分自身のために学びと息抜きや癒しは必要です。工夫しながら新しい生活様式を乗り越えましょう。早くコロナを克服したいものです。
 当会では、DX被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご相談やご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:11月4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり) 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware-jp.com

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づいて新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第3土曜日(11月21日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:16 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
「DX相談18%増加」 [2020年10月17日(Sat)]
メディアが、徳島県の公的機関への4月から8月までのドメスティックバイオレンス(DV)相談の増加を報じています。
県内3カ所のこども女性支援相談センター、鳴門市女性こども支援センター、阿南市配偶者暴力相談支援センターが扱ったものです。相談件数は871件で昨年同期の737件から18%増えているとのことです。内容は暴言を吐く、無視するなどの精神的DXが最多で、次いで身体的DXになっています。徳島県は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や生活様式の変化などが背景にあるのではと言っています。
また、内閣府はDV被害者が電話で相談しやすくするため、10月1日から4桁の全国共通短縮ダイヤル「#8008」を導入しています。現在も10桁の番号があるが、長く覚えにくい上に認知度が低いことが課題となっていました。新型コロナウイルス感染拡大の影響でDVが深刻化しており、覚えやすい番号を周知し迅速な支援につなぐためとのこと。「DV相談ナビ」(0570―0―55210)へかけても、発信地を確認した都道府県の配偶者暴力相談支援センター(公的な支援機関は緊急時の安全確保やカウンセリングをしている)につながるとも報じています。
(以上、徳島新聞記事より)
 なお、警察、民間団体などに寄せられた相談、支援は入っていません。被害は現実はもっと多いです。
DXよって被害者の方が受ける苦痛ははかりしれません。あなたが悪いのではありません。
自分を大切にしてほしいです。相談したり、距離を置いたり、治療を受けたり、また加害者に「DX加害者教育プログラム」を受けるように言ったり、アクションを起こしてほしいです。
耐えたり、あきらめたりしないでほしいです。道は開けます。
 問題は加害者にあるのです。加害者のためにもなるのです。加害者には暴力をしない価値観を身に付けてほしいのです。対等・平等なパートナー関係を築いてほしいです。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 13:40 | 女性被害者支援 | この記事のURL | コメント(0)
10月分デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2020年10月01日(Thu)]
 コロナ渦中ですが、リモートワーク、オンライン会議、マスク・手洗い・空間を保ちながらの会合など、工夫しながらの日常生活ですね。無理をしないようにしましょう!
今宵は、明るく輝く中秋の名月です。皆さんは見えたでしょうか。
 当会では、被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご相談やご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:10月7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり) 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware-jp.com

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づいて新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第3土曜日(9月19日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 20:59 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
「徳島市フェスティバルあい」へ参加 [2020年09月20日(Sun)]
 「徳島市フェスティバルあい」(男女共同参画啓発事業)が、コロナ感染のため、次のように変更して開催します。主催は徳島市、フェスティバルあい実行委員会です。
テーマ:新しい生活様式をともに生きる〜多様な生き方 今こそ認め合おう 支えあおう〜
期間:11月1日〜11月30日
メーンイベント:コロナ感染のため今年は中止です。
ミニイベント:当会は参加しませんが、感染対策の上10団体が参加します。チラシ、市HPで確認してください。
フェスティバルあい30周年記念企画:
1)団体のパネル展;11月7日〜11月20日まで。会場はシビックセンター3階市民ギャラリーです。当会は出展しますので、ぜひご覧ください。
2)DX防止や被害者支援のためのパープルリボンメッセージの募集;40字、ハガキ、メールなどで市女性センターへ応募してください。締め切りは10月31日まで。
採用されますとメッセージツリーパネルとして、アミコビル1階シンボル広場に期間は11月7日〜11月20日まで展示されます。
3)DX被害者のための支援物資募集;新品の生活用品、文房具、マスクなどを市女性センター、本庁6階総務課へ届けてください。締め切りは11月30日です。当会も少々ですが提供します。
どうか皆さまご協力のほどお願いします。

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:23 | 男女共同参画 | この記事のURL | コメント(0)
9月のデートDX・DV加害者の更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2020年09月01日(Tue)]
 9月になりましたがまだ気温は30度を超え、大型台風が通過中であり、新型コロナ感染症は猛威をふるっています。これらの原因は地球温暖化によるものと言われています。私たちは昭和、平成時代に二酸化炭素などの排出を思い切りやっています。自分たちに還ってくると言うことです。DX、虐待などの暴力も加害者に還って来ます。いろんなふうに。

 当会では、被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご相談やご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:9月2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり) 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware-jp.com

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づき、新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第3土曜日(9月19日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 19:33 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
ワークショップ(オンライン)「ⅮX加害者を放置したままでいいですか?」 [2020年08月24日(Mon)]
酷暑とコロナ感染やそれに呼応して仕事や家庭の対応で神経を使い、不安や絶望感を持ってしまっていませんか。それはあなただけではありません。誰でも持ちます。正常な生き方です。
ちょっと、その辛い気持ちを解放しませんか。オンラインですが次のようなフォーラムがあります。一緒に考えませんか。

令和2年度「男女共同参画推進フォーラム」(オンライン形式)
主催:独立行政法人国立女性教育会館
https://www.nwec.jp/event/training/g_forum2020.html
テーマ:つなぐ、あらたな明日へ 〜女性も男性もともに暮らしやすい社会を創る〜
期間:令和2年8月27日(木)9:00〜9月26日(土)17:00
方法:NWECホームページ及び「男女共同参画推進フォーラム」特設サイト上でのプログラム配信。8月27日(木)9:00〜お申込みをお願いします。
参加費:無料
内容:あいさつ、基調講演、シンポジウム、各ワークショップ
なお、当会もワークショップw23、9月11日(金)、19:30〜21:00、ZOOM、PREPーJapan主催の「ⅮX加害者を放置したままでいいですか?」に参加し、当会の取組などを発表します。視聴にはお申込が必要です。
ご参加をお待ちしています。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 10:06 | 男女共同参画 | この記事のURL | コメント(0)
8月分デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2020年08月01日(Sat)]
 ようやく長い梅雨も明け、「GO TO トラベル」も始まりましたが、残念ながらコロナの感染は止まないようです。不安ですが、新しい生活様式を守りながら、読みたかった本を読む、マイカー、自転車、徒歩など近場の行きたかったところへ行く、リモートで音楽、映画、演劇鑑賞、学習など、自分で出来る方法で過ごしましょう。
 当会では、被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:8月5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり) 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware-jp.com

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づき、新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第4土曜日(8月22日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 (留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225(留守番電話あり)
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 11:55 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
7月のデートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2020年07月01日(Wed)]
 新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活は、取りあえず解除されました。
今回のウイルス感染により、家族、仕事や学業や家庭を失い生活が一変した人たちがいます。また多くの人が不安や心配、虚しさ、失意などを持っています。そのことを忘れず心に留め置き、新しい生活様式を順守しながら、声かけや気づかいをして少しずつ生活や活動をして行きましょう。 
 当会では、被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:7月1日(水)、8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日(水):13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225  
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づき、新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第3土曜日(7月18日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:15 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
6月分デートDX・DX加害者更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2020年06月01日(Mon)]
 新型コロナウィルス感染防止の自粛からようやく解放され、新生活様式の日常生活が始まりました。当会も6月からは平常通り活動をいたします。
まだ終息ではないので感染不安がありますが、「コロナのせいで、DX・虐待を起こした」などはありえませんので、相手も自分も大切にしながら、過ごしましょう。

当会では、被害者支援のための事業活動を毎月更新、掲載しています。ご参加をお待ちしています。
☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:6月3日(水)、10日(水)、17日(水)、24日(水):13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225
     e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:毎月第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225  
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV女性被害者支援と女性加害者防止講座
 DXに気づき、新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、今月は第3土曜日(6月21日)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 事務局・電話:088−654−1225 
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 事務局・電話:088−654−1225
     e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 10:22 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ