CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 日本トゥレット協会公式ブログ

特定非営利活動法人(NPO法人)日本トゥレット協会公式ブログです。
当協会はトゥレット症候群、チック障がいの当事者・家族・支援者からなる団体です


11/30栃木での家族会のお知らせ [2019年11月15日(Fri)]
〜会員さんからの情報です〜
トゥレット症を抱えるご本人・ご家族を対象とした家族会が酒井富志也さん主宰で下記の通り開催されます。なかなか、同じ病気(障がい)を抱えるかたと出会う機会が少ないなか、栃木での開催を企画してくださいました。どうぞ楽な気持ちでご参加くださいとのことでした。


日時 2019年11月30日(土曜日) 13:30〜15:30

場所 獨協医科大学病院内会議室 
https://www.dokkyomed.ac.jp/dmu/academy/overview/access.html

集合 小児科受付前(入口) 13時15分

参加費 無料

参加申込・問い合わせ先(11/25まで)

メール rin.sakai3@gmail.com
酒井富志也(サカイトシヤ)さんまで

〈酒井さんからのメッセージ〉
トゥレット症のお子様をお持ちの親御様へ

初めまして酒井富志也(トシヤ)と申します。

息子 隆成(リュウセイ20歳)がトゥレット症で9歳の時に杉田先生に診断して頂き現在でも症状は治っていません。そんな隆成は現在大学生でカウンセラーになる事を志して日々闘っています。

 現在日本ではトゥレット症に関わる支援組織としては日本トゥレット協会を代表に全国に少しずつ広まりつつあります。協会の主な活動としては医療講演や教育・就労支援講演、交流会の開催など首都圏を中心に行われています。交流会では当事者や家族が普段の悩みや解決方法など様々な情報交換をしています。残念ながら栃木においてはまだそのような会は催されてはいません。私自身もトゥレット協会の会員で協会開催の会に参加して来ました。参加された親御さんの悩みは、認知度の低さによる生きづらさや、情報の少なさによる将来の不安、特に地方ではお子さんにどのような医療や教育のチャンスがあるのか?が大半を占め、いかにこの病気が社会に認知されていないかという事を思い知らされます。皆様に置かれましても情報不足による不安を抱えておられる事と推察致します。

 少しでもこの状況を改善すべく、栃木にても家族会を開催したくこの便りをお送りしております。最初は身近に同じ悩みを抱えた仲間がいるという事を知るだけでも随分と気持ちが楽になると思います。是非お気軽に参加ください。
th5NEA4AZK.jpg
Posted by 協会事務局 at 08:18 | 他団体イベント | この記事のURL