CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年12月 | Main | 2010年02月»

<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
佐藤千秋@橘高校
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
宮内良浩
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
月別アーカイブ
【書評】知の現場 久恒啓一監修 NPO法人知的生産の技術研究会編 [2010年01月30日(Sat)]
『知の現場』 東洋経済新報社を読んだ!!



知の現場 NPO法人知的生産の技術研究会編


仕事の進め方、情報の接し方、テーマの選び方・・・・・

あなたはどの型を採用してみる?

21名の賢者が語る「知的生産・私の流儀」




この本では、21名の方々が、書斎派の人々、フィールド派の人々、出会い派の人々、場所を選ばない人々の4つに分けられ、各賢者の「知的生産」の方法が紹介されています。




「知的生産」と聞くと、少しカタいイメージがありますが、僕には各賢者のモノの考え方、日常で習慣や大事にしていること(アイデアを生み出すために)、またどのような方に影響をうけたかなどが紹介されています。



図解でわかりやすくかかれていて、僕にでもわかりやすく、イメージできました。




その中でも、僕の一番印象に残った方は、わが師匠である久米信行氏の部分です。


その中でも印象に残った部分は、


アウトプットすることでインプットする
124ページ



そこで久米氏は、
観察力、考察力を高め、知的生産力を磨くコツはたくさん書くこと。一見単純な作業の繰り返しと習慣化が、上達と生産性向上にはすごく重要なのです。(本分から引用)



その件で、ブログの継続性の重要性にも触れられています。インタビューやその語り口は、久米氏の商人のアイデンティティーあらわすような、誠実でやさしい口調で語られています。







書斎派の人々、フィールド派の人々、出会い派の人々、場所を選ばない人々のあらゆるタイプの賢者の知恵に出会うことができると思います。僕は、フィールド派の久米信行氏でした。最前線の方々の知恵に触れてみてください。


アマゾンで『知の現場』を買うならここから!!




▼『知の現場』特設サイト▼
http://tiken.org/tinogenba/

▼NPO法人 知的生産の技術研究会▼
http://tiken.org/

▼久米信行氏のブログ▼
http://kume.keikai.topblog.jp/index.html

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
フェアトレード、コーヒーが最多〜日本経済新聞夕刊 2010年1月27日付 [2010年01月29日(Fri)]
日経の夕刊にフェアトレードの認証製品市場規模についての記事が載ってました!











フェアトレードは割高だけど、若い世代を中心に日本でも関心が高まりつつあるとのこと。2008年にフェアトレードの取引量が最も多いのが、コーヒーですよ!という記事でした。


以下、日本経済新聞夕刊2010年1月27日から引用

 発展途上国の農作物や加工品を適正(フェア)な価格で購入し、生産者の貧困改善につなげる「フェアトレード(FT)」。割高だが、若い世代を中心に日本でも関心が高まりつつある。2008年にFTの取引量が最も多いのはコーヒーだった。
 

 取引量は、FT認証マークをつけ認知度の工場を進める「国際フェアトレードラベル機構」がまとめている。08年の認証製品の市場規模は約29億ユーロ。 


 コーヒーは1960年台からFTの対象として注目された歴史がある。市場規模は12億ユーロと2位の約3倍。欧米では公共機関や大企業でFTコーヒーを使用する潮流が広がっている。日本でもスターバックスなどが認知度向上に一役買っている。 


 2位のバナナは、FT暦は浅いものの、英大手スーパーが販売するバナナの100%をFTに切り替えるなどで近年急激に伸びている。茶類の販売量も前年比112%を伸び率が高い。 


 チョコレートを中心としたカカオ製品は、市場規模が伸び悩んでいる。カカオや砂糖、ミルクなどは生産者から流通体制などが複雑で認証しにくいという。


▼NIKKEI NET(日経ネット)▼
http://www.nikkei.co.jp/

▼国際フェアトレードラベル機構▼
http://www.fairtrade.net/


▼フェアトレードラベルジャパン▼
http://www.fairtrade-jp.org/


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
チョコレボ発起人 星野智子さんに聞くカカオのはなし [2010年01月28日(Thu)]


チョコレボ発起人であり、環境カウンセラーの星野智子さんにお会いしました!




▼Ecology Online エコピープル file060より▼
http://www.eco-online.org/eco-people/2009/04/hoshino-tomoko.php



有楽町マルイで1月30日〜2月14日に行われるイベントの準備をすこしだけお手伝いさせていただきました。
▼チョコレボセレクトショップが期間限定Open!1/30-2/14@有楽町マルイ1Fカレンダリウム〜フェアトレードパンツ Pants to poverty ▼
https://blog.canpan.info/trade100/archive/62



そこで星野さんからガーナのカカオ生産者の実情、カカオ豆の収穫〜チョコーレートになる過程やホワイトチョコの作り方など多岐にわたり教えていただきました。自称チョコ好きチョコマニアと自分では思っていましたが、まだまだ勉強不足ですね。もっとチョコにくわしくなりたい、日々勉強です。星野さん、ありがとうございました。



そして、1番印象に残っていることは、実際にカカオを見れたこと、におえたこと、味わえたことです。


干したカカオ、ローストしたカカオを実際に食べることができました。


干したカカオは発酵しているので、とても酸っぱいにおい。星野さんによると、ガーナではこれがいたるところに干してあるので、これがガーナのにおいだそう。


ローストカカオは、普段食べてるチョコレートの香りがして、甘くないチョコって感じでした。

チョコレートが好きな、とても素敵な方でした。


▼チョコレボ!チョコを選べば、世界が変わる▼
http://www.choco-revo.net/


▼星野智子さんの個人ブログ CHOCOLATE REVOLUTION !!▼
http://www.cafeblo.com/choco_revo/



ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
チョコレボセレクトショップが期間限定Open!1/30-2/14@有楽町マルイ1Fカレンダリウム〜フェアトレードパンツ Pants to poverty [2010年01月27日(Wed)]


チョコレボセレクトショップが期間限定Open!1/30-2/14@有楽町マルイ 1F カレンダリウム〜¥500 for 2Treesほかチョコレボおすすめのフェアトレードやオーガニックのチョコレートが集結!!


1月30日〜2月14日の間、有楽町マルイ 1階カレンダリウムにてチョコレボが期間限定でショップをオープンします!


ガーナに2本のオーガニック・カカオの木を届ける、ガーナ生まれの、人と地球にやさしいチョコレートやほかにもいろいろなチョコが販売されます。



チョコレボとは、人と地球にやさしいチョコレートを応援し、
身近なチョコから世界をもっとやさしく変えていこうという、有志によるキャンペーンです。

▼チョコレボ! チョコを選べば、世界が変わる。▼

http://www.choco-revo.net/







その隣では、フェアトレードパンツのPants to povertyも出店されるらしいです!

▼Pants to poverty▼
http://www.pantstopoverty.com/




興味のある方はぜひ足を運んでみては!!


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
FTSNミーティング×生がき ごまやIN渋谷  [2010年01月17日(Sun)]
ごまや 渋谷店で、生がきを食べた!!





まじうまいっ!!






もっちーは3本の指に入るっていってました。本当においしかった!



この日は、実は、FTSNのミーティングがあってそのあとにメシに行ったのです。

最近、FTSNに仲間入りしたティグリーの紹介です、すばらしいね。

みなさまもぜひ!!


ミーティングもやりました!



▼ごまや 渋谷店▼
http://r.gnavi.co.jp/g203601/


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
フェアトレード、国際協力、アクリルたわし、ポケモンたちの新年会を [2010年01月16日(Sat)]
フェアトレードなひとが集まる新年会に参加してきた!!





国際協力を生業に生きていくと決めたひと、バックパックにアクリルたわしを詰めて生産国まで行っちゃうベリーアクティブなひと、アツイ語りの妻夫木聡、商社を目指す敏腕メルマガライターなどなどたくさんのあたらしいかたと出会い、刺激もらってきました。



発起人の晃一くんありがとう!!



あと、LoRoSHIPのツマブキくんがおもしろいブログかいてます。こちらもチェケラ!!

▼LoRoSHIPメンバーブログ▼
http://blog.livedoor.jp/loroship/archives/51387993.html


この日に出会ったみんなのことを紹介します!!一度、他のひとの活動も見てみるとおもしろいかも♪話だけではわからなかったことがわかりまっせ!みんなアツイことしてますね〜♪




▼特定非営利活動法人LoRoSHIP▼
http://www.loroship.org/

東ティモールの女性を対象に、ハンディクラフトの職業支援・販売支援・組織化支援 のプロジェクトを行っている学生NPO団体。今回話した3人は、頭が下がるくらいに自分で考えて勉強しているなぁ、とつくづく実感。みどり、おが、いとうちゃんの所属団体。



▼特定非営利活動法人NICEアクリルたわしアクション▼
http://ameblo.jp/nice2009acrylic/entry-10263332920.html

NPO団体NICEのなかの一つのプロジェクト。水環境に役立つアクリルたわしで、発展途上国の不利な境遇にいるひとたちの自立を応援したい!が、きっかけだったそう。一見静かそうしかしベリーアクティブなまっつんの所属している活動。



▼東京経済大学フェアトレード団体 結い〜YouI〜▼
http://www.tku.ac.jp/~youi/

学生と地域を結ぶをコンセプトにフェアトレードに関連したさまざまなイベントを開催。つばさとゆうきが所属。このふたりはまじおもしろいです。


▼FTSN関東▼
http://ameblo.jp/ftsn-t/

学生を中心として、フェアトレードを知りたい、広めたいにつながり、活動を応援しあうためのネットワークの関東支部。晃一、春菜、宗太が所属してました。私荻山も所属しています。


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ起業論を終えて [2010年01月15日(Fri)]



ブログ起業論の最終講義が終わりました。



この授業で、僕が得たものは、


生涯の師と呼びたい方と、一緒にがんばった仲間です。







左からボク、久米先生小室くん宮内くん


本当にすばらしい方々に恵まれました。ありがとうございました!!
【講義感想】ブログ起業論をうけて [2010年01月14日(Thu)]
今日、ブログ起業論の最後の授業です!!


とてもいい授業でした。なにがいいかというと、一言では言えないが、講師である久米先生と先生のお話、村田先生、最後のほうまで残っていた生徒のみなさんがとても魅力的で、吸い込まれそう、というか毎週吸い込まれてました。

後期なんて単位とる必要もないのに、定期ないのに、授業はこの一コマしかなくって、それでも「行きたい、行こう」と思えた授業で、今までの授業でいちばん忘れない授業だと思います。


この講義では、たくさんのアツい大人、経営者に会えました。就活のOB訪問とはまた違った感覚だったことを覚えています。


多くの本にも出会えました。あまり本を読むタイプではなかったけど、本が好きになりました。


今の自分の考え方で大きいものが、「非まじめ」という感覚で、これも久米先生に教えていただいたものでした。


この1年間で、大学生活のほとんどというくらい濃い一年、木曜日でした。


本当にありがとうございます。講義のゲストに呼ばれるような大人になりたいです。
【書評】 考えすぎて動けない人のための「すぐやる」技術 久米信行著 [2010年01月14日(Thu)]
久米繊維工業株式会社の社長でもあり、我が明治大学商学部ベンチャービジネス論のこうしでもある久米信行先生の本です!!






この本は、以前のなかなか動けなかった自分に対して背中を押してもらえる本でした。



以前の僕は、3ページにある、「好きなモノやコトがみつけられない」若者でした。


この本は、そういう人間に、意外にもかんたんに、気楽に、背中を押してくれる本だと個人的には思います。


僕は、久米先生の授業を受けていたので、ラッキーですが、この本を読んで興味を持った方は、ぜひ!先生に直接アポを取ってみるといいとおもいます!


その一つ目の行動で道は開けると思いました。本と講義を通じて。


本が苦手な僕には、読みやすさもとてもよかったです。


96ページの「一度失敗するとあきらめてしまう」

これは講義中にもご指摘を受けたものでもあり、これから強く社会で生きていくためにも、努力していきます。へこたれそうになった時、思い出せる恩師、本がある自分は幸せ者だとおもいました。がんばります。


アマゾンで、考えすぎて動けない人のための「すぐやる」技術を買うならここから↓




サウスウインド後藤幸一郎さんに聞く、フェアトレード事業のやりがいやきっかけとは? [2010年01月13日(Wed)]






今回は、フェアトレードショップサウスウインドの後藤幸一郎さんに伺ったお話を紹介させていただきます!







株式会社田原飲料さんは、清涼飲料水の卸と自動販売機のフルオペレーション事業を主に行っている会社でいて、人と人のつながりを大切にするという理念のもとに「地域活性」、「国際平和」、「地球環境保全」に力を入れていらっしゃいます。




今回は、フェアトレード事業責任者の後藤幸一郎さんにお話を伺いました。




荻山 田原飲料さんは、いつ頃からフェアトレード事業を始められたのですか?



後藤さん このフェアトレード事業と、エコブランド事業を立ち上げていくなかで、私と田原とで既に5ヶ年が経過しました。





荻山 フェアトレード事業をはじめられるきっかけとはなんだったのですか?


後藤さん 2004年の10月のことになります。当時、田原飲料が飲料水の『インフレ』とも言えます、価格乱立の波に巻き込まれつつあった頃、偶然にも田原がスタディツアーに参加しました。(今思いますと、たぶんナマケモノ倶楽部さんの主催なのかと・・・)



これがきっかけとなり、そこでフェアトレードのコーヒー豆に出会ったのが始まりです。 持ち帰ってきましたこのコーヒー豆で、「人と人のつながりを大切に」した商品をつくろうと、浜松珈琲が誕生致しました。




それから1年後、、フェアトレードに特化した事業を開くべく、フェアトレードショップサウスウインドを開店し、厳しい現状ながら、どうにかこうにか現在に至っております。 このフェアトレード事業は、サウスウインドの開店から間もなく、私後藤幸一郎が田原より継承を致しました。




荻山 後藤さんご自身が、フェアトレードに尽力されるきっかけは何かあったのですか?


後藤さん 当初は、なんで雑貨売りやアパレルのまねごとをしなければ・・・なんて思ってもおりましたが、偶然に見かけました、生産国の子どもたちの笑顔に感銘し、フェアトレードにこの身を捧げて、頑張っていこうと思い立ちました。



それから、浜松珈琲の全権とサウスウインドを、私と家内とでPRしながら運営し、一昨年、ECO・BLACKの企画に入り、昨年2月16日に、フェアトレード・カートカンコーヒーECO・BLACKとして、再出発を切ることになりました。 ECO・BLACKは今や、私後藤幸一郎の命ともなり(笑)、本当に我が子のように可愛い商品として、様々なところでご紹介に歩いております。




荻山 事業開始から、困難に直面したことはありましたか?


後藤さん ここまでの道のりは、とても厳しく、浜松珈琲も売れないなかで、カートカン(紙容器)なんて無謀なと、様々な方に反対をされました。



家内からも「もぅ、お父さんやめようね」って、言われて最後の賭けでもありました。 しかし、気がついてみますと、こうして荻山さまや色々な方から、お声掛けを頂くようになり、とても嬉しく心から感謝申し上げます。 きっと田原育宏も、こういう一直線な私の性格を見抜いて、フェアトレード事業を任せてくれたのだと、感謝しております。


これからも、是非ともECO・BLACK並びに田原飲料を、宜しくお願い申し上げます。


後藤さん、本当にありがとうございました!
| 次へ