CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»

<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
佐藤千秋@橘高校
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
宮内良浩
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
月別アーカイブ
早稲田大学サークルCafaire(カフェアー)のブースでフェアトレードコーヒーを飲んできました! [2009年06月30日(Tue)]


先日6月25日、早稲田大学で行われていた「Visible House Project」に行ってきました!


これは、早稲田大学学生環境プロジェクのひとつで、「可視化」をテーマを実現するために活動されています。


可視化とは、わかりやすく言うと「見える化」。


このプロジェクトの発端は、ミクロネシア連邦ヤップ島での経験だそうで、そこでは食料、睡眠時のマット、石鹸、さまざまなものを自らの手で自然から調達することができるそう。そして、排便さえもそのまま海産資源の構成を担うそうです。


このような事実を、見えるようにしていこう、というイベントです。


そして、その中でも僕が興味を持って訪れたのは、Cafaire(カフェアー)のブースです。


Cafaire(カフェアー)とは、早稲田大学のボランティアセンターに団体で、フェアトレードを通じて途上国のコーヒーなどの生産者を支援しています。


目標は、早稲田をフェアトレードタウンにする!ことと言っていました。ほんとにすばらしいですね!僕に出来る事があれば、お手伝いしたいですね。


この日もそうでしたが、大学内でフェアトレードコーヒーを無料で配り、まずフェアトレードコーヒーを知ってもらおう、おいしさを感じてもらおう、という気持ちを持った素晴らしい方々でした。



フェアトレードに興味のある同世代の方々と、フェアトレードについて話せたことは本当にうれしかったですね。


そしてまた、みなさん大きな夢を持ち、同じ困難にぶつかっているんだなぁと思いました。


そして、7月10日の金曜日の13時30分〜15時まで、早稲田大学大隈ガーデンハウス2階と中央図書館2階のカフェテリアにてフェアトレードアイスコーヒーの試飲会をやるそうです。


興味のある方はぜひ!
第2弾! JMAA Tシャツアート展in国連大学にお邪魔しました! [2009年06月21日(Sun)]

先日6月20日、土曜日に、渋谷の青山学院大学の正面にある国連大学にお邪魔してきました!


というのも、先日のブログで紹介しましたが、JMAA Tシャツアート展が開催されていたからです!


みなさんお忙しそうでしたが、KeithさんTETSUさん竹本明子さんにもお会いできました。

作業をお手伝いしていて、誠さん飯島波奈さんにもお会いしました。


誠さんのTシャツにはおどろきました。このデザインの裏には、すごいヒミツがかくされてますよっ。

誠さんのブログ

ほかにもの予定があったため、午後3時からのワークショップには参加できなかったですが、ほんの少しだけ、風船作りをお手伝いさせていただきました。


風船作りってホントたのしいんですよ!あれは、こどもの夢をつくる仕事ですね。


日曜、月曜は休みですが、6月27日までやっています!興味のある方は、ぜひ行ってみてください!

---------------------------

まだ時間も早く、これからというところだったので、空いた時間に他の出展ブースも見学しました。

気になったブースは、二つ
・ナマケモノ倶楽部
http://www.sloth.gr.jp/

・六ケ所あしたの森
http://www.ashitanomori.net/

こちらのナマケモノ倶楽部、六ケ所あしたの森の2団体は、以前のブログにも書いた、ハチドリのしずくの浜松珈琲にも関わっています。

浜松珈琲買っちゃいました!




今日は「ハチドリのしずく」のお話をご紹介します。


南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

あるとき森が燃えていました

森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているの」

出典:『私にできること〜地球の冷やし方』(ゆっくり堂)、
     『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)




これからも、フェアトレードを応援していきます。


JMAA Tシャツアート展は6月27日まで国連大学にて引き続き開催中です。

興味のある方はぜひ!
平野Akeyさんによる特別講義 [2009年06月19日(Fri)]
今日、6月18日のブログ起業論は、特別講師の平野Akeyさんトムソン・カノープス上級副社長)による、「コミュニケーションで人生を操縦しよう」 という特別講義でした。


「コミュニケーション人生を操縦しよう」、という題名に構えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、こういう風にすべきと、上から押し付けるのではなく、これはひとつの自分の例なんだ、体験なんだ、という語り口で説明していただきました。


もちろんいうまでもなく、登場された時から、この方は絶対おもしろい、と思ってました。そんなオーラを持っている方です。


なぜなら炭酸せんべいを僕たちにくれたからです。ほんのり甘くて、とても美味しかったです。神戸に行ったら、炭酸せんべいは欠かせないですね。


→炭酸せんべい(株式会社有馬せんべい本舗)を購入する!!

平野Akeyさんの講義を聴いての率直な感想は、「太陽みたいに明るい人でギラギラ輝いていたなぁ」です。


きっとAkeyさんは、世界を平和にしてくれる方なんだなと思いました。


というのは、きっとAkeyさんのまわりの方々は楽しく過ごしているんだなぁと、強く思いましたし、将来、Akeyさんのような、まわりをしあわせにできるひとになりたいと思いました。


Akeyさんの信念としておっしゃっていたのは、「自分のスタイルをブラさず、貫くこと」です。


すべての人に同じようにコミュニケーションをとる、それゆえ多くの人に同じ自分を知ってもらえる。


これをさらさらっとおっしゃっていましたが、それはなかなか難しいことだ、と僕はずっと思っていました。というのは、人は無意識に対応を変えていると思うからです。


たとえば、日本史の先生と話すようには、まったく同じようには他の科目の先生とは話す事が出来ない、接することができない、とか。でも今、解決しました。


でも、それがたとえ違っていても、「思いやり」を持つことはできるし、意識することで変えられるんだろうと思います。


今日は、「思いやり」に関して、さらにシャープに理解できたなぁと、思えた一日でした。


平野Akeyさんも、フェアトレードコーヒーを飲んでいらっしゃるというお話も聞けて、ただただうれしかったです。


今日のAkeyさんの講義で、人は一時間に三つのことしか記憶できない、とお聞きしました。


なので今日のAkeyさんのお話を聴いて、僕の記憶に残ったこと三つ。


・自分からコミュニケーションをとる


・その姿勢を継続する


・男は尻に敷かれるものだ


以上の三つが心に残っています。


平野Akeyさん、本日は本当にありがとうございました。



------------------------------


6月20日、土曜日に渋谷の国連大学にJMAA Tシャツアート展を見に、朝からお邪魔します!私は参加できませんが、ワークショップも開催されます!


→JMAA Tシャツアート展に関する過去の記事はこちら▼JMAA Tシャツアート展に行ってきました!▼


興味のある方はぜひ!!
決定!!第4回ロハスデザイン大賞2009 [2009年06月09日(Tue)]


第4回ロハスデザイン大賞2009 大賞が決定しました!!


第4回ロハスデザイン大賞2009とはロハスクラブが毎年行っているイベントで新宿御苑の展示会にも僕も参加してきました。

→第4回ロハスデザイン大賞2009についての過去の記事はこちら


今年のテーマは
「ローカーボンスタイル/低炭素社会へのチャレンジ」 でした。


そしてる気になる大賞の発表です!!


ヒト部門大賞
高橋尚子(元女子マラソンランナー)


モノ部門
「E-CORE」LED電球(東芝ライテック)


コト部門
ウォーター リフィル ステーション(環境向学)


特別賞
AIRPod(MDI社)


でした!!

→各大賞の詳細はこちら


私個人的には、モノ部門 フェアトレード・カート缶コーヒー「ECO・BLACK」を応援していました。そうです、浜松珈琲です。


→浜松珈琲の過去の記事はこちら



浜松珈琲 ECO・BLACK 195g×6本セット
価格900円




大賞を取れなかったことは残念ですが、また来年があるので頑張っていただきたいと思います。また来年も応援させていただきます!


そしてこの第4回ロハスデザイン大賞2009の大賞発表が行われたのは、6月5日の環境の日でした。


これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、6月5日を「世界環境デー」と定めています。日本では平成5年に制定された「環境基本法」が「環境の日」を定めています。


平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」とし、環境省が呼びかけて、全国でさまざまな行事が行われています。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動のきっかけとするためさまざまな行事が行われています。(エコライフ・フェアHPより)


そこで、久米先生のブログにご紹介されていたエコライフ・フェア2009にいってきました。


そこには環境省や企業、NGOなどいろいろなブースがひしめき合い、とてもにぎやかでした。久米繊維工業さんも参加する、一億人のグリーンパワーのブースもありました!


フェアトレードチョコレートを使ったケーキもありましたが、満腹だったため、試食できずにおわりました。。


その後、代々木公園を散歩して帰りました。


代々木公園、かなりリラックスできるのでお勧めです。時間のあるかたはぜひ行ってみてください♪
JMAA Tシャツアート展に行ってきました! [2009年06月05日(Fri)]

先日6月4日、JMAA Tシャツアート展に行ってきました!

このイベントは、クリエイターさんの作品発表の機会とその売り上げの一部(Tシャツ1枚に付き500円)が、日本財団CANPANを通じて、環境保護活動の他、病気や障害を持つ子供支援活動を行なっているNPOに寄付されるそうです。

この日、いちばん嬉しかったことは、クリエイターのかたのTシャツのデザインへの熱い思いを聞く前と後では、Tシャツを見る自分の意識がガラリと変わったことに気づけたことでした。


その熱い思い、メッセージに共感し、僕自身もそれを発信したいと思い、気づいたらMサイズを探していました。




KeithさんのTシャツを購入する

Keithさんのホームページ
KeithさんはこのTシャツに、「種をまくことの大事さ」というメッセージを込めています。


明日芽が出なくてもいい。種を蒔く作業が大事なんだ。


講師の久米社長もおっしゃっていましたが、作り手の思いを知り、共感できたら、その商品を買いたくなるし、愛着がわいて、ずっと大切にしたくなる。


この言葉を自分の実体験として感じることができたのは、自分は恵まれているなぁ、つくづく感じました。


やっぱり、僕はフェアトレードを応援したいし、もっともっと広めていきたいです。


僕自身、フェアトレード、フェアトレード団体、フェアトレード商品を応援したい!という気持ちでブログや活動をしてきました。


しかし、最近では、フェアトレードに対する批判や問題を多く見かけ、今自分のやっていることが本当に現地の生産者の役に立つのか、と考える時もありました。


でもKeithさんの言葉を聞いて、自分のやったことの成果が、すぐに又生きているうちにわからなくても、何十、何百年後にでも成果が出れば、いいかなと思えるようになりました。


Keithさん、TETSUさんもおっしゃっていましたが、ゆくゆくは地球上で、僕も伝説になりたいです。


フェアトレード界の伝説に!


そして、もっともっとフェアトレードついて知りたい、思いました。


なお、JMAA Tシャツアート展は1stステージとして6月6日(土)まで赤坂日本財団ビル1Fにて、2ndステージとして6月9日(火)〜6月27日(土)に青山国連大学1Fにて、引き続き開催されます!!

そして、6月20日(土)国連大学の前でワークショップも行われるようです!


興味のある方は、ぜひ行かれてみては?


荻山武士