CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« チャイ | Main | 本»

<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
おぎやま
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/06)
佐藤千秋@橘高校
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
宮内良浩
幻の虎鯖棒すしを食べた! (02/05)
月別アーカイブ
サウスウインド後藤幸一郎さんに聞く、フェアトレード事業のやりがいやきっかけとは? [2010年01月13日(Wed)]






今回は、フェアトレードショップサウスウインドの後藤幸一郎さんに伺ったお話を紹介させていただきます!







株式会社田原飲料さんは、清涼飲料水の卸と自動販売機のフルオペレーション事業を主に行っている会社でいて、人と人のつながりを大切にするという理念のもとに「地域活性」、「国際平和」、「地球環境保全」に力を入れていらっしゃいます。




今回は、フェアトレード事業責任者の後藤幸一郎さんにお話を伺いました。




荻山 田原飲料さんは、いつ頃からフェアトレード事業を始められたのですか?



後藤さん このフェアトレード事業と、エコブランド事業を立ち上げていくなかで、私と田原とで既に5ヶ年が経過しました。





荻山 フェアトレード事業をはじめられるきっかけとはなんだったのですか?


後藤さん 2004年の10月のことになります。当時、田原飲料が飲料水の『インフレ』とも言えます、価格乱立の波に巻き込まれつつあった頃、偶然にも田原がスタディツアーに参加しました。(今思いますと、たぶんナマケモノ倶楽部さんの主催なのかと・・・)



これがきっかけとなり、そこでフェアトレードのコーヒー豆に出会ったのが始まりです。 持ち帰ってきましたこのコーヒー豆で、「人と人のつながりを大切に」した商品をつくろうと、浜松珈琲が誕生致しました。




それから1年後、、フェアトレードに特化した事業を開くべく、フェアトレードショップサウスウインドを開店し、厳しい現状ながら、どうにかこうにか現在に至っております。 このフェアトレード事業は、サウスウインドの開店から間もなく、私後藤幸一郎が田原より継承を致しました。




荻山 後藤さんご自身が、フェアトレードに尽力されるきっかけは何かあったのですか?


後藤さん 当初は、なんで雑貨売りやアパレルのまねごとをしなければ・・・なんて思ってもおりましたが、偶然に見かけました、生産国の子どもたちの笑顔に感銘し、フェアトレードにこの身を捧げて、頑張っていこうと思い立ちました。



それから、浜松珈琲の全権とサウスウインドを、私と家内とでPRしながら運営し、一昨年、ECO・BLACKの企画に入り、昨年2月16日に、フェアトレード・カートカンコーヒーECO・BLACKとして、再出発を切ることになりました。 ECO・BLACKは今や、私後藤幸一郎の命ともなり(笑)、本当に我が子のように可愛い商品として、様々なところでご紹介に歩いております。




荻山 事業開始から、困難に直面したことはありましたか?


後藤さん ここまでの道のりは、とても厳しく、浜松珈琲も売れないなかで、カートカン(紙容器)なんて無謀なと、様々な方に反対をされました。



家内からも「もぅ、お父さんやめようね」って、言われて最後の賭けでもありました。 しかし、気がついてみますと、こうして荻山さまや色々な方から、お声掛けを頂くようになり、とても嬉しく心から感謝申し上げます。 きっと田原育宏も、こういう一直線な私の性格を見抜いて、フェアトレード事業を任せてくれたのだと、感謝しております。


これからも、是非ともECO・BLACK並びに田原飲料を、宜しくお願い申し上げます。


後藤さん、本当にありがとうございました!
フェアトレードショップサウスウインド 静岡県浜松市で盛り上がるフェアトレード 〜浜松珈琲ECO BLACKの生まれたお店〜 [2010年01月13日(Wed)]





フェアトレードショップサウスウインドに行ってきました!!







フェアトレード事業部 後藤幸一郎さんにもお会いしてきました!




後藤さんとは、以前からアースガーデン秋ライフスタイルフォーラムでお話する機会がありました。後藤さんは、とても気さくな人柄で、フェアトレード最前線でご活躍されている方で、私の尊敬する師匠の一人です。


フェアトレードショップサウスウインドとは?
http://www.southwind-tahara.jp/index.php

「浜松より全国へフェアトレードの風をあなたのもとへ」

がキャッチフレーズの静岡県浜松市にあるフェアトレードショップです!
このお店には浜松珈琲だけでなく、ピープル・ツリーのフェアトレードチョコレートをはじめ、ラムココという南米ボリビアで生産された無添加無調整のココアパウダーとラム酒で丁寧に作った、身体とココロに優しいオーガニックのクッキーも販売しています。





エコブラックとは?
https://blog.canpan.info/trade100/archive/34


田原飲料とは?
http://www.taharadrink.co.jp/

人と人のつながりを大切にする田原飲料


理念、企業使命感にも共感しました、これからも微力ながら応援します。

次回は田原飲料さんのフェアトレードを始めるきっかけをご紹介。


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
銀座松屋で浜松珈琲を発見!! [2009年12月17日(Thu)]
銀座松屋で浜松珈琲を発見!!


今日は銀ブラしてきました♪


そして銀座松屋に到着!!




ブラブラしていると。。。





なんと!!


浜松珈琲を発見!!!!




銀座にお立ち寄りの際は、是非どうぞ〜♪


ランキング参加中です↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
浜松珈琲のいいところ番外編 CMが最高におもしろい [2009年12月01日(Tue)]
「ワタシ、やめるっ!」

「えっっ??」

「アルミやめて、どうするの〜?」

「スチールだっていいじゃな〜いっ」

「ワタシ、かわるのっ!!」






このCM、最高におもしろい笑


以前はアルミ缶だったエコブラックが、カートンカンにかわる決意をした瞬間ですね〜


Youtubeで「浜松珈琲」で検索するとヒットしますよ♪


でも、このCMは関東(神奈川)では見たことないんで、きっと静岡限定配信かもしれませんねぇ。


いつか、ブラウン管いや地デジでみてみたいですねぇ〜


浜松珈琲を販売しているお店はこちら↓
▼フェアトレードショップサウスウインド▼
http://www.southwind-tahara.jp/products/detail.php?product_id=78



浜松珈琲のいいところの過去の記事はここから↓
浜松珈琲のいいところ1 有機無農薬栽培のコーヒー豆を使用
https://blog.canpan.info/trade100/archive/26

浜松珈琲のいいところ2 浜松珈琲1本につき1円がエクアドルコタカチ郡へ寄付される
https://blog.canpan.info/trade100/archive/28

浜松珈琲のいいところ3 日本国内の間伐材を30%以上使用したカートカン(紙容器)をパッケージに採用している
https://blog.canpan.info/trade100/archive/29

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


浜松珈琲のいいところ3 日本国内の間伐材を30%以上使用したカートカン(紙容器)をパッケージに採用している [2009年11月29日(Sun)]



浜松珈琲のいいところの過去の記事はここから↓
浜松珈琲のいいところ1 有機無農薬栽培のコーヒー豆を使用
https://blog.canpan.info/trade100/archive/26

浜松珈琲のいいところ2 浜松珈琲1本につき1円がエクアドルコタカチ郡へ寄付されるhttps://blog.canpan.info/trade100/archive/28



浜松珈琲のいいとこその3



日本国内の間伐材を30%以上使用したカートカン(紙容器)をパッケージに採用していること。




浜松珈琲のカートカン(紙容器)は、日本国内の間伐材を30%以上使用して作られてるんです。


つまり、


カートカンを使用することは、



「木を使い、森を育てること」につながり、


「植える」、「育てる」、「収穫する」


という緑の循環サイクルに必要なコストが山に返還される、というわけです。


「木を使い、森を育てる」ってなんかいいですねぇ〜

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


浜松珈琲のいいところ2 浜松珈琲1本につき1円がエクアドルコタカチ郡へ寄付される [2009年11月28日(Sat)]

浜松珈琲のいいところその2は、、





その前に、いいところその1はこちらから↓
浜松珈琲のいいところ1 有機無農薬栽培のコーヒー豆を使用
https://blog.canpan.info/trade100/archive/26



浜松珈琲の1本の売り上げにつき1円がエクアドルコタカチ郡へ寄付される


です!



ところでエクアドルのコカタチ郡とは??



大きな地図で見る


日本からこんなに遠いところまで国際貢献できるんですねぇ。



浜松珈琲を買うならここからっ↓
▼フェアトレードショップ サウスウインド▼
http://www.southwind-tahara.jp/index.php
浜松珈琲のいいところ1 有機無農薬栽培のコーヒー豆を使用 [2009年11月26日(Thu)]
今日は浜松珈琲 ECO BLACKのいいところを紹介します!





浜松珈琲のいいところ一つ目は、


原料に100%有機栽培のコーヒー豆(有機JAS認定品)を使っていること!



そして原料のコーヒー豆は、無農薬有機農法によって栽培され、エクアドルのコカタチ郡でつくられていて、森林農法という方法で栽培されています。


※森林農法とは?

中南米やアフリカを中心に熱帯地方で伝統的に営まれている人と自然が共生できる仕組みの農法のこと。
その実践は森と共存しながらの発展、豊かさの形成が可能であることのモデルともなり、
現在エクアドルにおいては、鉱山開発による自然破壊の過ちを糾す反対運動の原動力となっています。(サウスウインドHPから引用)


自分が口にしているものがどこでどのようにつくられているか、なかなか知ることがむずかしいけど、こうやって有機栽培だってわかるのは安心しますねぇ。



浜松珈琲を販売しているショップ
▼フェアトレードショップ サウスウインド▼
http://www.southwind-tahara.jp/index.php


浜松珈琲を楽天市場で買うならここから↓

浜松珈琲ECOBLACK Sweet 代々木アースガーデンで飲んだ本物の微糖コーヒー [2009年10月27日(Tue)]


今までの微糖コーヒーって、微糖と入っても甘かった。


でもこの浜松珈琲ECOBLACK Sweetは、本物の微糖。


このぐらいの甘くない微糖コーヒーは絶対流行るでしょうね〜。


浜松珈琲ECOBLACK Sweet




実はこのコーヒーは、浜松珈琲ECOBLACX 無糖という商品の姉妹品で、ボクも過去に無糖を飲んでいます。無糖もすっきりしていて、苦味のバランスがよかったです。


過去の記事はコチラから
https://blog.canpan.info/trade100/category_5/


つまり、時間がなくて忙しいとき、フェアトレードコーヒーが飲みたいときのそのときの気分によって、無糖か微糖を選べるようになりました。


いやぁ、贅沢ですね♪


実はこの商品は、まだ新しく先日のアースガーデン秋にて、サウスウィンドさんのブースで試飲、購入しました!




気になる方は、お店に足を運んでみては♪


このコーヒーを作っている会社
▼田原飲料▼
http://www.taharadrink.co.jp/


このコーヒーを販売している会社
▼フェアトレードショップ サウスウィンド▼
http://www.southwind-tahara.jp/index.php


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
エクアドル産 有機無農薬&無糖コーヒー「浜松珈琲」ECO・BLACKを飲んでみました! [2009年05月27日(Wed)]
こんにちは!荻山武士です!

今日は、エクアドル産 有機無農薬&無糖コーヒー「浜松珈琲」ECO・BLACKをご紹介します!





このコーヒーは、先日5月21日〜24日に新宿御苑にて行われた、第4回ロハスデザイン大賞2009のでの「ビー玉で2050年の自分に託す、ECOの約束」に参加した際にいただいたものです。


なお、このコーヒーの開発、販売を行っているのは静岡県浜松市の株式会社田原飲料さん。


私も先日さっそくこのエクアドル産 有機無農薬&無糖コーヒー「浜松珈琲」ECO・BLACKを飲んでみました。


飲んでみた感想は、すっきりとした味わいで、とても飲みやすかったです。


とてもさわやかな後味でした。


東京では見かけませんが、また飲みたいなと思いました。やっぱり、コーヒーを飲むと落ち着きますねぇ。


しかも!このコーヒーの容器は、環境に配慮し、国内材の間伐材や端材を30%以上使用した紙容器(カートカン)使用しています。

さらに!おいしさを保つ秘訣は、カートカンに透明バリアフィルムを使用し、酸素透過を抑えているためです。


極めつけに!容器のまま温めたり、冷やしたりでき、手軽にホットやアイスが楽しめます。


このエクアドル産 有機無農薬&無糖コーヒー「浜松珈琲」ECO・BLACKのカートカンの裏には、エクアドルコカタチ郡知事のアウキ氏デザインのハチドリのマークを採用していて、1本につき1円がエクアドルコタカチ郡に支払われ、鉱山問題や学校、病院の建築などさまざまな事業に役立つ資金の一部となるそうです。


ご興味のある方は、ぜひ試してみてください!



浜松珈琲 ECO・BLACK 195g×6本セット
価格900円


荻山 武士