CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月18日

「空回り」「やりっぱなし」にならないためのマーケティング入門〜NPOのためのマーケティング〜

今日は、箕面市民活動センターで開催された

「空回り」「やりっぱなし」にならないためのマーケティング入門
〜NPOのためのマーケティング〜

を受講してきました。

講師は、株式会社出藍社 代表取締役
松崎光弘さん。

松崎さんは、「イノベーティブな人づくりを通して、社会を変える仕事を創る」ことを
めざして、コンサルティングや若手創業者の支援などを手掛けられています。
そして、とよなかまも助成をうけている
NPO法人edge社会的企業創業支援ファンドの委託元、ETIC.のカウンセリングも
されているとのことめがね


講座は、10:00から15:30までの長丁場でしたが、
時間を忘れるくらいの充実した内容でした。

NPOのマーケティングについて、
Wants, Needs, Can, Impactの4つのテーマにわけて、
明日からでも使えるポイントを提示されました。

この一年、さまざまな方にお世話になりながら、
とよなかまの活動を続けてきましたが、
NPOの経営って、奥が深い(笑)びっくり


今日のお話の中で印象的だったのは、
「ミッションを遂行するために、共感者を増やすこと。
その結果として、社会変革が促されることを目指すこと。
その過程を重視しすぎると、なかなか広がらない。」
という主旨のメッセージです。

これは、昨日の湯浅誠さんの話や、一昨日の学生の発表会とも
共通する点です。


「しんどい人たち」の課題解決が住みよい社会につながっていく―
だけど、その活動の協力者たちは、必ずしも「善意」を伴う必要はなく、
「自分が欲しいもの」が手に入ることで社会的課題につながっていけば
それはそれで、みんなハッピーなわけで。

取り組みの過程ではなく、結果として、社会がどうなるのか―
「意識変革から行動・実践へ」という、社会運動的な訴えとは
少し温度差がありますねペンギン


だけど、昨今よく耳にする「社会的企業」として
持続可能な事業を展開していくためには、
一つのとても現実的で有効な考え方だと思います電球


事業への関わり方はみなそれぞれだけど、
関わってくれる人たちがみんなハッピーになる―
そんな思いをかたちにして、社会を変える仕事をしている
イノベーティブな先輩方の背中を
これからも一生懸命追いかけていきたいと思います走る








2011年12月17日

「無縁社会への挑戦」〜パーソナル・サポート事業がめざすもの〜

今日は、豊中市で開催されたシンポジウム
「無縁社会への挑戦」
第2部〜パーソナル・サポート事業がめざすもの〜

に参加してきました。

基調講演は、内閣府参与の湯浅誠さん。
「パーソナル・サポートが目指すもの」

湯浅さんは、
リーマンショック後の年越し派遣村の村長をされたことで
ご存知の方も多いと思いますが、
そのずっと前から貧困問題や自殺問題に
携わってこられました。

そんな最前線で起きていることは、
「日本型福祉社会」の制度疲労。
高度成長期くらいまでの日本は、3つの縁、すなわち
「地縁・血縁・社縁(職縁)」で、人はつながりあっていた。

だけど、今の世の中はそのどの縁ともつながれない
人たちがたくさんいて、
その人たちをサポートするには多面的でトータルな仕組みが
必要になってきている
というお話でした。

実際、こういうお話になると、
「なぜそんな手厚いサポートが必要なのか」という質問が
必ずでます(湯浅さんもおっしゃってましたが)。

その気持ちも理解はできますが、
広い視点・長期的視点でみると、
社会からこぼれおちつつある人たちが適切な支援をうけ、
社会参加(復帰)ができると、その周囲の人たち、
ひいては社会全体の負担が減ることにつながると思います。


そのようなミッションを掲げて取組みを続けている
豊中パーソナルサポートの取り組みが紹介されました。

豊中市の社会福祉協議会は、
コミュニティソーシャルワーカーという仕組みをもち、
全国的にも評価・注目されています。
「地域」という視点で、いろんなリソースをコーディネートすることで
地域のなかでしんどい人をボトムアップに、オーダーメイド型で
サポートする体制です。

その取り組みが紹介された最後に、
発表者の勝部麗子さん(社会福祉協議会)がおっしゃったことが
印象的でした。

「いくら社協がパーソナル・サポートを手掛けても
地域住民が排除する側にたっていては、成り立たない。
地域に住むみなさんが、ボランティアパーソナルサポーターに
なってください。」


いくら支援組織が尽力しても、結局は「地域」「社会」の問題。
その構成員一人一人の意識・行動が伴ってはじめて
社会問題は解決していく。
そして、社会の発展・豊かさにつながっていく。


昨日の大学生の発表でもコメントがでたのですが、
まずは、そういう意識づけを促す学びの場がもっと必要で、
そして、そうした意識づけが継続し、広がり、
行動に移っていく活動の場づくりも必要ですね。

とよなかまもその一翼を担っていければと思います。



2011年12月16日

「学生と地域の新たな協働を考える」 〜学生から見た豊中市の協働とすきまの公共サービス〜

今日は、普段お世話になっている
おかまちコミュニティカフェkittoの紹介で、

「学生と地域の新たな協働を考える」
〜学生から見た豊中市の協働とすきまの公共サービス〜

という珍しい研修会に参加してきました。

これは、甲南大学経済学部の公共経済ゼミで学んでいる
3回生が、豊中市を拠点に社会公益活動を展開している団体に
インタビューを行った結果を発表する
というものでした。

実は、とよなかまも夏にインタビューを受けたので、
それをどのように分析されたのか、楽しみでした電球


発表の内容は、各団体の取り組みや課題・成果などについては
触れられませんでしたが、
インタビューした団体に共通するテーマとして、
「公平を目指す政府と、利潤を追求する企業の間(ニッチ)で
対応しきれていない社会的課題を解決しようと、
市民の目で活動をしている」
ということに着目されたとのことでした。

そこに共通する課題としては、
人材不足と資金不足があると!

そして、「学生と地域の協働」を考えると、
一番ヒマがある学生がもっと地域の社会活動に参加しやすい
仕組みが必要なのではないか、という提案がだされました。

それは、授業の一環でもいいし、
広報の一翼をになうかたちでもいいし、
いろんなかたちがありますねカギ


具体的なかたちについて、実際に話が進んでいくことを願いますが、
これからの3回生は就職活動で忙しいですし
なかなか難しいかもしれません。


「ボランティアは、やりたい人がやりたいことを、
できる人ができることをすればいい。
決して”ボランティアをしてあげる”とは思わないで欲しい」
というコメントもでましたが、

忙しくても、就職活動をするにしても、社会人になるにしても、
社会的な課題に問題意識をもつこと、
そして、気持ちさえあればいろんな形でニッチに関われるということは
忘れないでいて欲しいと思います。


学生のみなさん、発表お疲れ様でした乾杯

2011年12月13日

とよなかまピラティス in めちゃ簡単な中国語  〜冬のなまった体をシェイプアップ! 〜

とよなかまでは、いつもと少し趣旨を変えて、
12月6日、13日、20日の3回連続・限定で

「ピラティス in 簡単な中国語 
〜冬のなまった体をシェイプアップ! 〜 」
を開催しました。


そもそものきっかけは、
中国系のママさんたちが、日本人が中心の
ヨガサークルなどにはちょっと参加しづらい
という声をあげてくれたことです電球

日本人として生活しているとほとんど意識しないことでも
地域に暮らす外国人にとっては負担に感じることがあるんですね。


そんな声を反映して、
じゃあ、外国人の方も気軽に参加できるヨガを開催しようか
という話になり、講師の方を探していると、
大阪市内でFannyPureというエステサロンを経営されている
黄寧美(こうやすみ)さんという方と
お知り合いになるきっかけに恵まれました。

黄さんは、日本生まれですが、台湾国籍で、
日中バイリンガル。
自身も外国人ママとして子育てをされた経験をおもちの一方で、
エステティシャンとして、美容と健康については
ずーっといろんなことを試して考えているらしいです(笑)星
その上なんと、ピラティスのインストラクターもできるという!


そんな黄さんに、ピラティスを教えてもらいながら、
外国人も気軽に参加し、交流もできるような機会をつくりたい・・・
いっそのこと、ピラティスも中国語でやってしまおうびっくり


そんなノリで開催するに至った
とよなかまピラティスin中国語ですが、
黄さんの軽快なトークと、意外ときついエクササイズで
頭も心も体もリフレッシュ音符

もりだくさんだった1年の疲れをしっかりデトックスして、
新年を迎えたいものです太陽



2011年12月10日

とよなかまクリスマスPARTY!

今日は、とよなかまクリスマスPARTYの日!

とよなかまが活動を開始したのは、今年の4月。
それから、大人向けのお料理イベントや、
子ども向けの英会話教室、
親子参加型の交流イベント、
おまかち夜店大会への出店、
おかまち・にゃんととの協働事業etc..
いろんな事業に取り組んできました。

少しずつですが、とよなかまの思いに共感してくださる
友だちの輪もできてきて、
小さな歩みを進めてこれたと思います。


そんな感謝の気持ちを込めて、いままでの参加者に
お声かけして、クリスマスPARTYを開催しました木


とよなかまクリスマスPARTYの目玉は、
おいしいエスニック手料理びっくり



中国の水餃子や、フィリピンのアドボ、
日系アメリカ人のラーメンサラダや、メキシコのワカモリetc.
おいしい手料理がふるまわれました料理




パーティーでは、みんなでBINGOゲームをしたり、




シュークリームの中身をあてるゲームをしたり、




いろんなルーツをもつ参加者が一緒にわいわい楽しんで、
英語をしゃべったり、中国語をしゃべったり、
自分のルーツについて話したり、質問したり、、、

こんなふうに、「とよなかま」の輪が広がっていくように・・・
来年もがんばります(笑)。

来年もたくさんの笑顔に出会えるといいなラブ



2011年12月07日

「学生と地域の新たな協働を考える」 〜学生から見た豊中市の協働とすきまの公共サービス〜

【イベント開催】
「学生と地域の新たな協働を考える」
〜学生から見た豊中市の協働とすきまの公共サービス〜

日時:12月16日(金)18:00〜20:00

場所:豊中市中桜塚桜塚ショッピングセンター2階
「あーとらんどYOU 2」(kittoとなり)

内容:甲南大学学生による豊中市の助成金事業や協働事業についての
研究発表とディスカッション(終了後、交流会あり)

対象:行政職員、大学生、一般


2011年12月06日

シャーリーさんとパーティー 第3回

今日は、おかまち・にゃんと!
「シャーリーさんとパーティー」3回目。

「スノーマン・クラフト」パーティでした雪


まず最初に、前2回のおさらい。
台湾でよく飲まれる飲み物は??
どうやって作ったかな?
どんな味だった?
台湾にはたくさんの種類があるタピオカドリンク。
シャーリーさんのタピオカに対する熱い思い(笑)
中国語で「いただきます」はなんだったっけ?
etc.etc....

アメリカのランチはどんなだった?
何を作った?
味はどうだった?
習った単語は覚えているかな???
珍しい食材の数々をおさらい。


そして、今日は、シャーリーさんがアメリカに移住したときに
とても驚いたという「クリスマス」について星

アメリカでは、クリスマスシーズンといったら「スノーマン」(笑)笑顔




今日は、みんなでスノーマンづくりに挑戦びっくり




100円ショップで入手できる材料を使って・・・
マジックで顔を描く人もいれば
きなこねんどでデザインする人も・・・




子どもたちは、みんな本当にユニークなアイデア豊富で
いろとりどりのスノーマンができあがりましたキラキラ


その後は、シャーリーさんのお手本をみながら
ひとりひとり、雪の結晶を切り抜きました。

折り紙を折って、切って、開いて・・・
という作業が意外と難しい???
だけど、とても上手にできました拍手




とっても楽しい「スノーマンクラフトパーティー」
クラフトを通して
シャーリーさんとたっぷりコミュニケーションできました。

もうすぐクリスマス木
みんな、素敵なクリスマスを迎えられますように




2011年12月04日

外国ルーツを持つ子どもの母語・学習支援

今日は、大阪ボランティア協会主催の
「在住外国人 X LIFEを考える」連続講座第3回

「外国ルーツを持つ子どもの母語・学習支援」
講師: 清田淳子さん(立命館大学)


に、行ってきました。


とよなかまは、外国ルーツを持つ子どもの支援については
直接的には関わっていません。

ですが、とよなかまで活動している外国人スタッフは
ほとんどが「外国にルーツを持つ子ども」を育てています。

日本語と自分の母語の両方を教えている人もいれば、
日本語が中心の人、
母語が中心の人、さまざまです。
その背景には、家族構成(国際結婚か否かなど)や
日本に住んでいる経緯や今後の見通しなどの要因があるので、
みんな多様で当然です。


今日の研修会では、まず
このテーマについては、必ず登場する
カミンズ(Cummins)の理論枠組みが説明され、
母語保持・育成の重要性が確認されました。

その理由は、
認知度の発達やアイデンティティの形成などに
母語が大きな役割を果たすため。


清田先生が提案・実践されている取り組みは、
母語の保持・育成と、
日本語の習得と
学校の学習支援
を有機的につなぎあわせた方法。


現在、外国にルーツを持つ子どもは、
全国に、3万人近くいます。
(実態としては、更に多いと考えられます。)

そして、その子どもたちをサポートする
日本語教室や母語教室、学習支援教室などは
全国各地に存在しています。

今日の研修にも、大阪で活動している実践者の方が
たくさん参加されていました。


けれども、日本語・母語・学習支援の3つを合わせた
取り組みというのは、とても新しい試みであり、
参加者の間でも活発な意見交換がされました。

今後の広がりと、成果のより一層の蓄積が待たれますが、
「外国にルーツを持つ子どもたち」がもつ多様性が
問題ではなく、有益な資源だと捉えられる社会を目指して
長年、地味に地道に研究と実践を積み重ねてこられた
先生の取り組みに、とにかく感銘を受けた一日でした拍手






2011年12月03日

みんなで楽しく英会話!!

今日は、
Club Toyonakama 英語を話そう!楽しもう!
レッスン日。

今年のレッスンも、残すところあと2回。

次回の12月17日(土)は
クリスマスパーティーなので、
レッスンとしては、今日が今年の締めくくりになりますメモ


今日のトピックは、"Feeling"(いろいろな気持ちの表現)ですハート矢


まずは、ボキャブラリーの紹介。
ただ、happy, angry, sad, bored,...と進むのではなく、
反対語を覚えるかたちにしました。




日本語でも、形容詞の反対語はなかなか難しい。
「怒っている」(angry)の反対語は?
「怖い」(frightened)は?
「忙しい」(busy)は??
大人でもじっくり考えると難しい・・・困った
良いトレーニングになったのではないでしょうか。

気持ちの表現についてお勉強した後は、
絵本の読み聞かせ。

英語で聞いて、聞き取れた言葉をつないだり、
文脈から想像したり、絵をみたりしながら、
お話を理解していきます。
わからないところは日本語の説明もアリ。




今日は、フィーリングのボキャブラリーを覚えたり、
絵本の読み聞かせを聞いたり、
インプットも多かったので、子どもたちは少し疲れたかも?
絵本の後で、「ちょっと休憩」をはさむことになりましたサボテン

最後は、気持ちの表現を思い出すため、
「福笑い」ゲームを。
目をつぶって、顔のパーツを台紙に載せていきます・・・・

結構うまくできました拍手



この人は、happyかな?angryかな?どんな気持ちかな???


気持ちの表現を覚えて、
自分の気持ちを表現したり、
相手の気持ちを思いやったりできる子になってほしいですね。
今日の子どもたちは、ちゃんとできていました花






2011年12月02日

中国語でピラティス!


とよなかまピラティス in めちゃ簡単な中国語 
〜冬のなまった体をシェイプアップ! 〜



日中バイリンガルでとっても明るい黄先生と一緒に
冬のなまった体をひきしめましょう!

地域に暮らす外国人との楽しい出会いもあるかも・・・音符


【ピラティス講師】 黄寧美さん (Fanny Pure 代表)
FannyPure公式ホームページ: http://www.fannypure.jp/


【日時】 12月6日、13日、20日(火曜日)
    いずれも 10:30〜12:00


【場所】 とよなか国際交流センター
(阪急豊中駅直結 エトレとよなか6階)


【参加費】1500円
※ヨガマットか大きめのバスタオルをご持参ください。


【お申込み】 toyonakama@yahoo.co.jp (とよなかまメール)
    もしくは、
        090−1710−8148(とよなかま代表:大西裕子)    
        
      本ブログの右コラムにあるメールフォームからも
      お申し込みできます。     
      (お名前とご連絡先を明記下さい。)


【主催】 とよなかま