CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月01日

特別講演会「2012改定入管法実施と外国人住民」

日本に住む外国人にとって、
もっとも重要な日本の法規の一つ
入国管理および難民認定法(入管法)。

在日外国人を管理する
在留資格制度を規定するのも入管法ですが、
2012年7月から改定されて
新しい入管法、在留資格制度がスタートします。

そのための勉強会やシンポジウムは各地で
開催されていますが、
2月4日には豊中でも特別講演会が開催されます。


特別講演会
「2012改定入管法実施と外国人住民」


講師: 佐藤信行さん

日時: 2012年2月4日 15:30〜17:30

場所: すてっぷホール
(阪急豊中駅直結 エトレ豊中ビル5階)

参加費: 500円


詳しくは、とよなか国際交流協会のホームページ
をご覧ください →ココからとびます


なお、同日12:30〜14:30
大阪国際交流センターで開催される恒例行事
ONE WORLD FESTIVALでも
佐藤信行さんによる同様の講演会が開催されます。

イベントちらしをご覧ください →コチラ


日本国籍の人にはあまり関係がないと思われるかもしれませんが、
実際、日本には200万人以上の外国籍住民が暮らしていて、
入管法と関わりのある人は意外と身近にいたりします。

また、今回の改定は、日本という国が外国籍の住民をどのように
「管理」しようとしているかという点では、多くの問題があると
指摘されています。


今回の入管法改定は、
私たちの社会のあり方、行方を指し示しているともいえるでしょう。

この問題についての専門家であり、実践の現場での経験も豊富な
佐藤信行さんから直接お話しを聞ける良い機会です。
とよなかまもふるって、勉強しにまいりますメモ