CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年01月18日

豊中市外国人市民会議

今日は、先日も参加した豊中市外国人市民会議の
第4回が開催され、オブザーブとして参加してきました。
前回の会議についての報告はコチラ→ブログ内リンク


前回は、日本で生活するなかで関わるさまざまな「場」
(たとえば、家族内、職場、学校、国際交流センターなど)における
情報の流れについて、
外国人にとってはどこに情報・人とのつながりのしんどさがあるかが、
幅広く議論されましたメモ


今日は、そのなかでも話題になることが多かった
「学校」に焦点をしぼり
「学校と外国籍市民」がテーマになりました学校


豊中市では、海外から帰国した帰国生を主に支援する帰国教室や
その保護者が交流する帰国サロン、
外国から渡日した児童を支援する渡日児童相談室や通訳支援などの
仕組みがあります。


でも、それぞれの支援は十分なのか、
各児童・保護者のニーズ・ケースにどこまで応えられているのか、
担任の先生の役割やトレーニングについて、など
たくさんの意見・質問がでました電球


また、この会議の議員のみなさんはほとんどが、
外国にルーツをもつ子どもを育てているわけなので、
外国ルーツをもつ子どもに関する学校(教育委員会)の取り組み・方針、
国際理解教育を推進する計画について、
不就学児童の把握と現状について、 など
教育委員会の担当職員に直に質問し、議論する時間にもなりました。


そのなかで、特に印象的だったのは、
「外国籍住民として、学校教育の国際化で一番充実させて欲しいこと」
という議論のなかで、
通訳支援や先生と保護者とのより良いコミュニケーションなどという
制度上の改善は、「国際化」とはいえないのではないか、
という意見がでたことです。

なかなか文脈なしでは説明しづらいのですが汗
「国際化」のためには、「日本のことをよく知る」とか
「他国のことをよりよく理解する」というのではなく、
「世界の中の日本」という視点を養うことが一番大切ではないか
という意見です。


いくら制度が改善されても、「外国人」が
「よそ(異文化)から来た人」という対応が続くのではないか。
そうではなくて、「日本」と「外国」という構図ではなく、
「世界の中の日本」という見方がまず大切だと。

この考え方には、とよなかまも共感します星


こうした外国人ママ・パパが、教育委員会に直接意見し、
それがまた、市民との論議を得ながら
政策・制度に発展していけばいいなあと思いました笑顔