CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月26日

震災で被災した外国人のケア

今日のYahoo News で
<東日本大震災>フィリピン人妻「心のケア」で医師受け入れ(毎日新聞)
という記事が取り上げられています。
記事へのリンク


記事でもふれていますが
東北地方では(他の地域でもそうですが、山形県が発端でした)
農村の「嫁不足」解消のために
1980年代後半から多くの外国人女性が
定住をはじめました。


いま彼女たちは、
日本での家族と、(帰国をのぞむ)母国の家族のあいだで
揺れ動きながら、
日本社会のなかで抱えることばやこころの不安には
なかなか目を向けてもらえない状況です。


未曾有の大災害ですから、まずは「大勢」の方の支援が必要とされるのは
当然のことですが、
そのかげでうもれている「少数者」の声にも耳を傾け、
細やかな対応を施していくことも急がれています。



4つ葉のクローバー

今月に入ってからずっとお天気が悪くて
自転車通勤ができず、
それがかなりストレスになっていたようで・・・落ち込み
ここ数日、蒸し暑くても
自転車に乗ることができたら
なんだか気分がすっきりしてきました♪


この前の木曜日が久しぶりに晴れた日だと思うのですが、
とても空がきれいで、風もあってさわやかだったので
家の近所の田んぼ道を散歩していると
ふと目にとまったシロツメクサ。


最近、お世話になっている方々に差し上げようと思って、
あぜ道にしゃがみこんで
4つ葉のクローバーを探し始めたわたし・・・。
こんなの何年ぶりだろ??


蚊や蛙と格闘しながらも、
なんと、5つ葉のクローバーが2つも見つかったんです!
そして、4つ葉が1つ。


超レアものですよね。
押し花にして、3人の方に差し上げました。

差し上げた自分が一番嬉しかったかも。。。
身近にある小さな幸せに感動できる心の余裕を大切にしたいものですね クローバー



で、今日、急遽、仲の良い友達が
悩み事があるので話をしに我が家にやってくるというので、
彼女のために、またあぜ道で・・・
見つけました! クローバー





一晩押し花しただけなので、すぐに色あせてしまうかもしれませんが・・・




おまけ・・・
この前、友だちがお遊びで色紙の裏紙でつくってくれたバラ (笑)





どれもこれも「原価ゼロ」。
だけど、手作りの温かみというか、心がこもっていますよね。
こういう贈り物ってうれしいなあ。