CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月09日

王さんとパーティ! ランタンパーティー

今日は、おかまち子ども元気プロジェクト
「おかまち・にゃんと!王さんとパーティー」の
第2回
「ランタン・パーティー」
でした電球


まずは前回(初回)のおさらいから。
初回では、子どもたちの名前の中国語読みについて
紹介しました。

2週間たっったので、さすがに覚えてないだろう???
と思ったりしていた私たちはあまかった・・・

みんな、自分の名前はしっかり覚えていましたびっくり
なかには、お友だちの名前も覚えている子もいて、
やっぱり子どものアタマはスポンジのような吸収力ですねキラキラ


そして、前回はちょうど、中国のお正月=春節と
重なったため、春節についてと、春節の典型的な食べ物である
ぎょうざをみんなでつくって、食べました。

その2週間後・・・
今日は、お正月後はじめての満月をお祝いする元宵節がテーマです月


中国では、太陰暦を使い、満月をお祝いするイベントが
お正月のほかに、夏と秋にもあります。

元宵節は、まちじゅうにランタンをかざってお祝いするならわし。
ということで、今日は、みんなでランタンをつくり、
中国のお祭りを体験することになりました星


使用するのは・・・
カレンダーの紙と、カラーセロファン???




まずは、カレンダーの紙にはさみで切れ込みをいれていきますはさみ

裏にとってもかわいい絵柄がかいてあるんですねチューリップ

切れ込みを入れた紙を裏返して、円筒形にセロテープでくっつけ、
切れ込みを広げると・・・

ランタンのかさが出来上がり音符




次に、きらきら折り紙に、王さん持参の型どりスタンプを使って
切り抜きをつくっていきます。

いろんな模様できれいに出来ました笑い




切り抜いた折り紙を円筒形にして、
「かさ」のなかに入れて、
三色ランプで照らすと・・・・



とっても素敵なオリジナルランタンの出来上がりです電球


そして、春節によく食べるのは、餃子
でしたが、
元宵節によく食べるのは、湯円料理



家族円満を願って食べるという湯円。

とてもおいしかったようで、みんなご満悦でしたハート


まだ2回のレッスンですが、
子どもたちは、
日本のお正月と中国のお正月について
違っている点や似ている点を話し合ったり、
日本の餃子と中国の餃子をくらべたり、
日本にもお月見があって、団子を食べることを思い出したり、
中国の湯円の方がおいしいことを発見したり(笑)、
壁に飾る「福」の文字は上下逆さなのに、
カレンダーの模様の「福」はそのままになっていることを
疑問に感じたり・・・

たくさんの気付きや疑問を共有していますキラキラ

身近に住む方から直接、文化について学び、
お友だちと学びを共有しながら、
視野を広げていく・・・

まさに、国際理解教育の醍醐味ですね。

後半の2回もどのような楽しい学びが生まれるのか、
ワクワクしますドキドキ小

2012年01月25日

王さんとパーティ! ぎょうざパーティー

今日は、おかまち子ども元気プロジェクト
「おかまち・にゃんと!王さんとパーティー」の
第1回
「ぎょうざパーティー」キラキラ


初回ということもあり、はじめは
王さんも子どもたちもやや緊張気味はてな

だけど、王さんのやさしく、おもしろい話し方に
子どもたちもすぐに打ち解けてくれました。


まずは、「中国ってどんな国???」




子どもたちからも、たくさんの質問が飛び出しました。

何人かは、小学校で中国語や文化について
学んだことがあるようで、
「こんにちは、ってなんやったっけ?」
「あーニーハオニーハオハート
と習ったことを思い出し、
実際に王さんとコミュニケーションする場面もあったりして笑い


そして、実は今日は、中国では「お正月」〓



中国のカレンダー、
日本と違うところを探してみよう!

曜日の書き方が違う〜
赤くなっている日が違う〜
いろんな意見がでました拍手


そんな中国のお正月ですが、中国の方はお正月に
「餃子」を食べます。

日本の餃子は、焼き、蒸し、揚げ餃子・・・
中国では、水餃子!


みんなで作って、食べてみようドキドキ大

ということで、
まず王さんが、皮の手作りを披露してくれました



小麦粉とお水で練った生地をお家から用意してくださり、
それを丸めて、のばして・・・・めがね


さて、次は、子どもたちが自分で
皮を作る番です!

みんな綿棒を使いながら
とても上手にできました!


だけど、ここからは、スタッフが足りず(風邪が流行ってます!!)
子どもたちのサポートやお湯の番、
タレづくりなどで、みんなてんてこまいダッシュ

ごめんなさい!
写真失念しました困った


だけど、子どもたちはみんな、ホントにうまく皮をつくり、具をつめて、
餃子をつくることができました音量(声を大にして言います 笑)


まず、皮を手作りして、
そのあと、市販の日本の皮で1つ目の餃子をつくります。
日本の皮は薄いので、やぶったり
うまく作れない子どももいるかなーという心配もあったのですが、
みんな割とすんなりできましたびっくり

そして、1つ目をゆでている間に
自分たちで作った皮で2つめの餃子をつくります。


自分たちで作った餃子の方が皮があつくて、おいしいハート矢との声。



ふたつ目の餃子をゆでています(笑)。


みんな、水餃子のお味はいたく気に入ったようで
もっとつくりたい!
との声もありましたが、今日は2つだけ。

また、お家で作ってみてねパンダ


具も、王さんオリジナルレシピで、とってもおいしかったです。

使用後ですが、こんな感じだったということで・・・汗




今日は初回でしたが、
王さんと子どもたちはとっても自然になじんで、
これからどんな風に体験学習が深まっていくのか、
楽しみです。

今度は、ちゃんと写真記録します(笑)。

2012年01月10日

2012年のClub Toyonakama

2011年8月に、とよなかまサマースクールを開催して以来、
隔週の土曜日に定期開催してきました
小学校低学年向けの英会話サークルClub Toyonakama。

地域の外国人と楽しく英語に慣れ親しみながら、
とよなかまの他のイベントとも連携しながら
多文化の輪を広げていこう・・・
という趣旨でしたが、
2012年は、Club Toyonakamaに
通ってくれていた方のお家で、
その子どもさんのお友だちを対象に
出張講座も開催することになりました。

講座を担当するのは、
以前と同じ、シャーリーさん。

この出張講座では、
Oxford University PressのLet's Goを
教材として使用していくことになりました。
もちろん、シャーリーさんオリジナルのおもしろい
ゲームやアクティビティも随時もりこんでいきます。


今日は、2012出張講座の初回。
6人の子どもたちが参加してくれました男の子女の子


初めて、英語に触れる子もいて、
はじめにシャーリーさんが英語で自己紹介を促すと
???
という一幕もありましたが、
さすがのシャーリーさん、うまく盛り上げて
最後は、みんな笑顔で楽しく英語を学ぶことができました笑顔




子どもたち、すごい集中力ですびっくり


立って、座って、右回り、左回り・・・・
聞き取って、指示を出して、大忙し走る
だけど、自然と英語が身についていますびっくり




最後は、プリントでお勉強も・・・
でも、みんな本当に最後まで集中してくれました拍手




はじめはとにかく、わからないことばかりで
ストレスに感じたり、不安に思ったりすることも多いと思います。
だけど、言語の学習はまさに「継続は力なり」力こぶ

とよなかまらしく、みんなでわいわい
「英語が楽しい」と思ってもらえる取り組みを
続けていきたいと思います。


※土曜日に開催していた子ども英会話Club Toyonakamaは
少しの間、お休みしています。
再開の際には、またご連絡いたします。
いましばらく、お待ちくださいますよう
よろしくお願いいたします。


※また、今回の出張講座のように、
とよなかま外国人スタッフが出張で英会話教室を
開催する事業も展開しています。
(対象は、幼稚園〜小学年中学年くらい)
ご関心のある方は、お問いあわせください。



2011年12月06日

シャーリーさんとパーティー 第3回

今日は、おかまち・にゃんと!
「シャーリーさんとパーティー」3回目。

「スノーマン・クラフト」パーティでした雪


まず最初に、前2回のおさらい。
台湾でよく飲まれる飲み物は??
どうやって作ったかな?
どんな味だった?
台湾にはたくさんの種類があるタピオカドリンク。
シャーリーさんのタピオカに対する熱い思い(笑)
中国語で「いただきます」はなんだったっけ?
etc.etc....

アメリカのランチはどんなだった?
何を作った?
味はどうだった?
習った単語は覚えているかな???
珍しい食材の数々をおさらい。


そして、今日は、シャーリーさんがアメリカに移住したときに
とても驚いたという「クリスマス」について星

アメリカでは、クリスマスシーズンといったら「スノーマン」(笑)笑顔




今日は、みんなでスノーマンづくりに挑戦びっくり




100円ショップで入手できる材料を使って・・・
マジックで顔を描く人もいれば
きなこねんどでデザインする人も・・・




子どもたちは、みんな本当にユニークなアイデア豊富で
いろとりどりのスノーマンができあがりましたキラキラ


その後は、シャーリーさんのお手本をみながら
ひとりひとり、雪の結晶を切り抜きました。

折り紙を折って、切って、開いて・・・
という作業が意外と難しい???
だけど、とても上手にできました拍手




とっても楽しい「スノーマンクラフトパーティー」
クラフトを通して
シャーリーさんとたっぷりコミュニケーションできました。

もうすぐクリスマス木
みんな、素敵なクリスマスを迎えられますように




2011年12月03日

みんなで楽しく英会話!!

今日は、
Club Toyonakama 英語を話そう!楽しもう!
レッスン日。

今年のレッスンも、残すところあと2回。

次回の12月17日(土)は
クリスマスパーティーなので、
レッスンとしては、今日が今年の締めくくりになりますメモ


今日のトピックは、"Feeling"(いろいろな気持ちの表現)ですハート矢


まずは、ボキャブラリーの紹介。
ただ、happy, angry, sad, bored,...と進むのではなく、
反対語を覚えるかたちにしました。




日本語でも、形容詞の反対語はなかなか難しい。
「怒っている」(angry)の反対語は?
「怖い」(frightened)は?
「忙しい」(busy)は??
大人でもじっくり考えると難しい・・・困った
良いトレーニングになったのではないでしょうか。

気持ちの表現についてお勉強した後は、
絵本の読み聞かせ。

英語で聞いて、聞き取れた言葉をつないだり、
文脈から想像したり、絵をみたりしながら、
お話を理解していきます。
わからないところは日本語の説明もアリ。




今日は、フィーリングのボキャブラリーを覚えたり、
絵本の読み聞かせを聞いたり、
インプットも多かったので、子どもたちは少し疲れたかも?
絵本の後で、「ちょっと休憩」をはさむことになりましたサボテン

最後は、気持ちの表現を思い出すため、
「福笑い」ゲームを。
目をつぶって、顔のパーツを台紙に載せていきます・・・・

結構うまくできました拍手



この人は、happyかな?angryかな?どんな気持ちかな???


気持ちの表現を覚えて、
自分の気持ちを表現したり、
相手の気持ちを思いやったりできる子になってほしいですね。
今日の子どもたちは、ちゃんとできていました花






2011年11月22日

おかまち・にゃんと!第2回

今日は、おかまち・にゃんと!プログラム
「シャーリーさんとパーティー」の第2回。

「アメリカンキッズランチ・パーティー」です食パン

秋はイベントが盛りだくさんで、
2週間があっという間に過ぎていきますね(笑)。


シャーリーさんは、台湾出身のアメリカ人。
初回は、台湾のことについて紹介し、
みんなでタピオカドリンクをつくりました。

子ども時代に台湾からアメリカに家族で移住したシャーリーさん。
アメリカで最初に感動したことが、
「おいしいサンドイッチ」だったそうですびっくり

アメリカでは、「お弁当」はだいたい、サンドイッチ。
具はさまざま・・・
なかには、ポテトチップスやチョコレートバーを持って来たり、
チョコチップクッキーやコーラまで登場したり・・・

そんなアメリカの「食文化」について、
はじめに紹介しました。


子どもたちも興味深々ドキドキ小
「アメリカのお弁当、めっちゃいいな〜」とうらやましがる子がいれば、
「カロリー高そう・・・」という子もいて。

日本のお弁当の「豪華さ」にも少し気づいてくれたかなあ電球


シャーリーさんがアメリカで感動したサンドイッチを
ぜひ、子どもたちにも体験してほしい!
ということで、今日は、アメリカンキッズランチを作りました音符


材料からして、なんかちが〜う。
子どもたちは、テーブルの周りに集まって、
「これ、なに?」攻撃でした(笑)。




いざ、サンドイッチづくり力こぶ

メインは、シャーリーさんが最も感動したという
ターキーサンドイッチです。




アメリカのマヨネーズは、大きなビンに入っていて、
感触も日本のマヨネーズとはちょっと違う・・・
そんな気づきも楽しみながら、
オリジナルターキーサンドに、みんな夢中笑顔




アメリカでは、フルーツも子どもたちが自分の好きなように型抜きします。
思うようにできなくてもOK!
みんなの個性を大切に、協力しながら、
慣れない作業にもチャレンジしました。




このほかに、シャーリーさんの好意で、
チョコチップクッキーも出血大サービスで
ふるまわれました(笑)。


夜ごはんの前に、おなかいっぱいになってしまった子どもたちダッシュ

やっぱり、一番人気は、「ターキー(七面鳥)」でした。

「俺、明日から毎日ターキー食べる!」
と言いながら帰っていた彼は、
その後、どうなったのかな(笑)。

世界にはおいしいものがいっぱい!
最近は、世界中のものが簡単に手に入るけど、
是非、実際にその国に行って、
五感で文化を味わって欲しい。

そんなきっかけを提供できれば、
とよなかまも本望です(笑)。




2011年11月12日

みんなで楽しく英会話!!

今日は、約1か月ぶりの
Club Toyonakama 英語を話そう!楽しもう!
のレッスンでした。

今日のトピックは、「カレンダー」

今日も、新しく参加してくれたお友だちがいました。
彼はつい最近までアメリカに住んでいたとのことで、
シャーリーの英語のシャワーにもすべて反応してくれました。

でも、周りのお友だちにもちゃんと気遣いができて、
わからないところを教えたあげたり、
自分はわかっていても少し待ってあげたり、
小学校1年生なのに、すごい!


そんなアットホームなClub Toyonakamaハート


まずは、曜日を学習しました。



Sunday, Monday, Tuesday ♬
有名な歌にあわせて、何回も発声します。


その次は、ちょっと難しいけど、1月から12月まで
月の言い方を習いました。
そして、単語を視覚的にも覚えるため、
体を使ったアクティビティ。




順番に並べられるかなあ??




そして、2012年の誕生月のカレンダーをつくりました。



自分の誕生日が何月で、来年は何曜日かなメモ


盛りだくさんのレッスンの締めくくりは、「季節」です。
絵をみながら、季節を当てるのですが、



桜がSummer???というオモシロ発言も飛び出したりして・・・ウインク


今日も楽しいClub Toyonakamaでした学校

2011年11月08日

おかまち・にゃんと!シャーリーさんとパーティー

今日から、とよなかまは
「おかまち子ども元気プロジェクト」と協働で、
「おかまち・にゃんと!」の一企画を担当します。

その名も、
「シャーリーさんとパーティー」ドキドキ大
(11月8日、22日、12月6日、20日の全4回です。)


記念すべき第1回は、
「タピオカドリンク・パーティー」グラス


シャーリーさんは、台湾出身のアメリカ人。
といっても、日本での生活も10年以上。
中国語・英語・日本語、全部OK。
とっても多文化なんだけど、
ときどき、「なんでやねん!」
と厳しいツッコミは忘れない関西人です笑い

とよなかまでは、
Club Toyonakamaの子ども英会話も担当してくれていますが、
おかまち・にゃんと!のプログラムでは、
英会話ではなく、子どもたちに
シャーリーさんという人、シャーリーの国や文化について
楽しい体験を通して知ってもらおうという趣旨です。


なので、今日は、
シャーリーが子どもの頃まで過ごした台湾の紹介のあと、
台湾の典型的な飲み物
タピオカドリンクをみんなで作りましたびっくり


レッスン前には子どもたちが、
シャーリーさんのウェルカムボードを自ら作ってくれましたリボン
これから、どんな「出会い」が待っているのかな??
ワクワクドキドキ大




台湾の説明はさらっと済ませて・・・(笑)




いよいよ、タピオカキラキラ
飲んだことはあっても、もとの姿をみるのは初めての子どもたち。
結構、手間がかかるんですよ〜♪

冷凍タピオカを熱湯で15分くらい煮たあとで、
砂糖で味付けするところがミソ。

味付けされてないタピオカを食べて、「にが〜い」となる子どもや、
砂糖の量のめぐって、議論するグループも(笑)。

得体の知れないものに興味深々・・・という感じでした桃太郎




ついに、できあがったタピオカドリンクびっくり




太いストローでタピオカを吸うのがこれまた意外と難しい(笑)。



ミルクティーとバランスよく飲み終わる子、
タピオカが残ってしまう子、
いろいろでしたが、
それぞれのオリジナル・タピオカドリンクが作れたのではないでしょうか。


シャーリーさんの文化について、
「生の出会いとコミュニケーション」をとおして
子どもたち一人一人が体験的に理解してくれれば・・・
という思いで、これからのにゃんと!プログラム
努めていきたいと思います。



(おかまち子ども元気プロジェクトとは、
豊中市のふるさと雇用再生基金事業の補助金をうけた
2012年度3月までの事業です。
地域の方々の協力を得ながら、市からの委託事業として、
(株)オフィス・オルタナティブと
社会福祉法人豊中市母子寡婦福祉会が運営しています。)

2011年10月15日

みんなで楽しく英会話!!

9月に引き続いて、今日も
Club Toyonakama 英語を話そう!楽しもう!
のレッスンが行われました。

無料体験で多数の子どもたちが
参加をしてくれて、総勢8名でした。

初めて参加の子どもたちは
1年生〜4年生までさまざまでしたが、
英語を習っている子どもや、
初めて英語に触れる子どももいて、
みんなで楽しく英語に触れ親しむレッスンになりました。


まずは、アルファベットです。



しっかりシャーリー先生の発音に耳をすまして・・・
何度も繰り返して覚えました。


それから、また別の教材をつかって、
アルファベットの音と単語を練習します。
フォニックスの手法ですね。
9月から引き続いて参加してくれている子どもには
おさらいになります。




たくさん練習した後は、たのしいゲームをしておさらいします。
アルファベットと単語のBINGOゲームです。
ゲームになると、子どもたちの集中力も飛躍的にUPしますね炎



「次、○○あててや〜」など、
自然と単語を覚えている子どもたち。
すばらしい拍手


最後は、アルファベット魚釣りゲーム。
アルファベットがかかれたお魚をみんなで用意して・・・




2チームにわかれて、競争です!



アルファベットって、少し向きが変わったり、
ランダムに並べられると、ややこしいですよね!


でも、今日のレッスンではみっちりお勉強できたし、
新しいお友だちもたくさんできたし、
充実していたのではないかなと思います。


次回は、10月29日
ハローウィンPARTYです宇宙人

2011年09月30日

ママさん英会話サークル@千里山

6月に、幼稚園のママさんたちがサークルをつくって
とよなかまの外国人スタッフから英語を習い始めてくださった
ことをご報告しました。
初回レッスンのご報告はこちら(ブログ内リンク)


それから、7月にも一回授業があり、
今日は3回目の授業が行われました。

スタッフは一人で出張授業を行っているので
あいにく写真はないのですが悲しい


今日のレッスンでは、
参加者の方から、「とても勉強になりました」とのお言葉も
いただけたとのことで、
その内容をご紹介したいと思います。



@50〜100までのカードをめぐって英語で数字を言う。 
 日本語で言われた数字(3〜4digit)を英語で言う。

AHow was your summer holiday?についてShow & Tell (1時間以上)
 ひとりずつ15分間程度、4人順番にじっくり話を聞く。
 それぞれQ&Aの時間も設けて、全員が質問するようにファシリテートして
 アウトプットする。

BRole play (歯医者さんの受付と患者さんの会話) (30分ほど)
 用意してくれた文章を練習する。役を交代して練習。
 他の二人は内容を聞き取って書く(Dictation)。

 文章を見ずに、暗唱して会話を練習。
 みんなで文章を見直し。
 
 →とても日本的な言い回し方や書き方だったため、
自然な英会話になるように、アレンジし直しました。
最後にもう一回自然な英語で会話を練習しました。 



今までの2回は、講師も会話に参加するスタイルだったのですが、
今回からは、質問を促したり、客観的なアドバイスをしたり
というスタンスに変えたことで、いままでよりもスムーズに
レッスンできたようです。


このサークルのみなさんは、
ロールプレイの題材・スクリプトも自分たちで考案し、
その練習をしてこられるほど、とても意欲的メモ


そんなオーダーメイドな授業内容が実現するのも
とよなかまの強みです。

これからも、参加者&講師がオリジナルなレッスンを積み重ね、
「等身大の出会い」と「生の英会話」が身についていくといいなと
思いますクローバー