CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月16日

daddy's cafe 初級中国語体験

昨日は、Club Toyonakama子ども英会話に続いて、
おかまちコミュニティカフェkittoさんと共催で、
daddy's cafeを開催しました。

地域のお父さんたちにもっと地域活動に参加してもらおう!
という趣旨で毎月第3土曜日に開催している
daddy's cafe乾杯

とよなかまとの共催では、7月にメキシカンお料理イベントを
開催しました。
(イベントの報告は☞ブログ内リンク

それ以外にも、お父さんメインのヨガ講座やPTAについて語る会など、
とても興味深いイベントが開催されています。

それでも、お父さんたちが週末にコミュニティ活動に参加するのは
ハードルが高いようですね。
家族一緒だと良いのかな?
週末は家でゆっくりまったりしたいのかな?


昨日10月15日のdaddy'sは、小学校の運動会と重なっていたこともあって、
お父さんの参加はお二人でした。
あとは、阪大生が4人参加してくれたので、総勢6名。


そして、講師は・・・
中国で日本人留学生を対象に、中国語を教えていた王さん。
まだ日本に来て日が浅いのですが、日本語はとても上手。
そして、中国の大学でとても人気のある先生だったというのも納得の
明るくて楽しいお人柄。

今日は、なんと、中国で王さんに中国語を教わっていたという方も
参加してくださいました。


中国で活躍されていた方が、来日後も地域で活躍する。
その場に、中国時代の教え子(?)も参加される。
こんな風に、人の輪が国境を越えて広がっていくといいですよねキラキラ


さて、肝心の中国語講座ですが(笑)、

中国語はもちろん、「漢字」です。



漢字から意味を推測できるでしょうか?
音からはどうでしょうか?
こんな漢字づくめの文化にいきなり移住するようになったら
どんな気持ちになるでしょうか?

いきなり、中国疑似体験から始まりますロケット


それから、初級中国語の世界へ学校



中国語には、四声といって、4つのイントネーションがあります。
それを間違えると、おなじ「マ」の音でも全く意味が異なります困った

これが意外と難しい・・・


ダディーズも苦戦?善戦?
こういうお勉強は新鮮だったようですね(笑)




四声に続いては、数字です。
ことばを学ぶのに必須ですね。

中国語の数字を言うのも一苦労ですが、
なんと、指の数え方もとってもユニーク。
指と口と耳と目と・・・フル回転で、みんなで練習しました炎




中国語を学ぶには、もちろん、中国文化についても
学ばないといけませんね!

今回は小中学生の子どもをもつダディーズが対象ということで、
中国の学校にまつわるお話とクイズをしました。

中国の学校の建物は?授業科目は?運動会は?
どんなところでしょうか???

そんなことを想像させる王さんのお話。




ことばを学ぶときに、
その国の人や文化についても理解を深めることができれば、
実際にことばを使ってコミュニケーションするときに
役立つのでは?


とよなかまの活動の原点を改めて実感した王さんの中国語講座でした♬

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック