CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年09月24日

edgeファンド合同研修

昨日、9月23日に、edge[第2期][第3−4期]合同研修が
開催されました。

とよなかまは、NPO法人edge社会的企業創業支援ファンドの
第2期プレーヤーとして助成をうけています。
(ファンドの公式サイトは、こちら。)

このファンドの素晴らしいところは、
私たちのような経験も資金もない団体に対して、
資金面のサポートとともに、業界のトップランナーの方たちから
定期的にメンタリングをうけられるということです。


第2期の助成は、今年の4月から来年3月まで。
4月初頭には1泊2日の合宿で、事業計画を絞り込み、
5月末の合同研修では、事業計画の再検討を行い、
そして、今回が最終回、事業計画の再確認をする機会が与えられました。


とよなかまは当初、
豊中市小学校外国語体験活動の取り組みを他地域に展開する!
という事業計画を掲げていました。
でも、5月の研修で、「行政(教育委員会)をメインターゲットにするのはどうか」
という指摘をうけ、当活動を地域で社会化する方針にシフトしました。

それ以来、
小学校で文化やことばを教えることでエンパワーされてきた
外国人が、学校の外でも活躍できる場づくりを目指してきました。
その取り組みがいまの、
子ども英会話や多文化料理イベント、他団体とのコラボ事業
につながっています。

今回の研修では、その取り組みの振り返りと今後の方向性について
確認しました。


そこで出された一つの大きな課題は、「広報力」です。
これはどの団体でも苦労している点だと思いますが。
チラシ配布、地域密着新聞、ブログ、twitter、SNSなど。
ターゲットを絞り込み、その人たちが居そうな場所で
見そうな時間帯に、心に響く内容を届ける・・・
とても難しいですが、一歩一歩向上させていきたいです。


それから、研修での大きな成果といえば、
第3−4期のプレーヤーの方々との出会いです。
(ファンドプレーヤーの顔ぶれは、こちら。)


あまり関係がないような分野でも、よく話をすれば、
問題意識が共通していたり、
事業の悩みに共感できたり、
今後、何か一緒にできないか、目標を共有できたり・・・
こういう人のつながりが大切なんだなあ
と実感しました。

実際に、とよなかまは、ファンド第1期で北摂仲間の
CASAさんや、@スクールさんとは、
一緒に地域イベントやプロジェクトに参加したりしています。


それから、研修での出会いも有意義でしたが、
その後の交流会もまた楽しかったのですジョッキ
ファンドプレーヤーの方々の研修での険しい顔とは違うお顔・お話、
研修では厳しいメンターの方々の別のお姿(?)、
edgeのあたたかいコミュニティに感謝した一日でした☆


(合同研修の様子は、edge公式ブログでも報告されています。)
公式ブログにとびます
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック