CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月30日

英語教育の目的?

今日は、英語教育の目的について、
なるほど!と思ったブログを2つ紹介します。



「日本人という英語教育の犠牲者」 と題して、
小学校英語の現状の問題点を指摘されている
ブログ(中国語翻訳者のつぶやき)


詳しくは直接、ブログをお読みいただきたいのですが、
ブロガーさんの小6の娘さんがすでに「英語嫌い」になっているとか。。。


そして、その原因として、
「『なぜ英語(外国語)を勉強しなければならないのか』
という理由付けが子どもたちの頭の中に作られていないからだと
私は考えています。 」
と書かれています。


これは、とよなかまブログでも何度も指摘してきたことですが、
上記ブログでは、

「理由付けは『英語を習得すれば、世界の人とお話ができるから』
でもいいでしょう。
実際私は、その気持ちが英語学習のモチベーションになっていました。

もし大人がそのような理由付けをするのならば、
世界の人とお話をできる魅力を感じさせられるような
教育プログラムを作ってあげなければなりません。」

と続けていらっしゃいます。


まさに、おっしゃる通り!という感じですが、
とよなかまは、
「世界の人」がすでに私たちの身近にたくさん住んでいること、
その人たちとお話できることがどれだけ楽しくて、
また、どれだけ自分たちの地域社会の活力につながるか、
をたくさんの人に認識してもらいたいという
モチベーションがあります。
そして、そのための教育プログラムの開発や
数々のイベントを企画しています。



それから、
「多国籍チームで働く秘訣」
を紹介されている
小学校英語なう!ブログ


その秘訣とは、
1.柔軟性
2.慣れる
3.固定観念をもたない
4.そこに合ったやり方で

だそうです。


本当に、これは、
「世界の人とお話する魅力」を感じる際には
なくてはならない秘訣というか資質だと思います。


「英語」だけを勉強しても、
こうした基礎的な資質がともなっていないと
自己主張するばかりになりかねません。


勉強になります 電球
【小学校英語に関するコラムetc.の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック