CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月09日

最近みた映画のはなし・・・

 ゴールデンウィークの初夏の陽気に誘われ、
「海」にまつわる映画を2本みましたクジラ
 「ホノカアボーイ」(2009)と、「めがね」(2007)

どちらも、とってもスローでユルユルしていて、
何とも不思議なテイストなんですが、
読後感は結構すっきり?

たぶん、両方とも大きなテーマは、「人のつながり」だと思います。
 
つかずはなれず、お互いのやりたいことにそっと寄り添いながら、
空気のように風のように波のように、時間を共有する。
そして、みんなそのことに感謝の気持ち、
心休まる居場所を感じているんですよね。
 
両方とも、初めはなんとなく「退屈」に感じたりもしたのですが、
もしかするとその退屈感のようなものが、
現代の都会での暮らしでは失われてるんだろうなあ。
一方で、
人によっては少し不快に感じるかもしれないような
「おせっかい」とか「メッセージ性」も感じました。
自由とか居場所とかって、難しいなあ・・・。

誰がきても素になれて、ホッとできて、
自由自在に出たり入ったりしながらも、
押しつけではなく、
それぞれがみんなゆるやかにつながりあうような
活動や組織ってできるのかなあ・・・。

私はそんなことも考えながら見ましたが、
個人的には、「ホノカアボーイ」の方が、
人の感情や営みをリアルに描写していて、好きでしたね笑顔

いずれにしても、少しの間でも、
ゆっくりとした時間の流れを感じたり、
自分が抱えているいろんなものをちょっと脇においたりしたいな、
と感じている人にはおススメの映画です♪

 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック