CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月09日

王さんとパーティ! ランタンパーティー

今日は、おかまち子ども元気プロジェクト
「おかまち・にゃんと!王さんとパーティー」の
第2回
「ランタン・パーティー」
でした電球


まずは前回(初回)のおさらいから。
初回では、子どもたちの名前の中国語読みについて
紹介しました。

2週間たっったので、さすがに覚えてないだろう???
と思ったりしていた私たちはあまかった・・・

みんな、自分の名前はしっかり覚えていましたびっくり
なかには、お友だちの名前も覚えている子もいて、
やっぱり子どものアタマはスポンジのような吸収力ですねキラキラ


そして、前回はちょうど、中国のお正月=春節と
重なったため、春節についてと、春節の典型的な食べ物である
ぎょうざをみんなでつくって、食べました。

その2週間後・・・
今日は、お正月後はじめての満月をお祝いする元宵節がテーマです月


中国では、太陰暦を使い、満月をお祝いするイベントが
お正月のほかに、夏と秋にもあります。

元宵節は、まちじゅうにランタンをかざってお祝いするならわし。
ということで、今日は、みんなでランタンをつくり、
中国のお祭りを体験することになりました星


使用するのは・・・
カレンダーの紙と、カラーセロファン???




まずは、カレンダーの紙にはさみで切れ込みをいれていきますはさみ

裏にとってもかわいい絵柄がかいてあるんですねチューリップ

切れ込みを入れた紙を裏返して、円筒形にセロテープでくっつけ、
切れ込みを広げると・・・

ランタンのかさが出来上がり音符




次に、きらきら折り紙に、王さん持参の型どりスタンプを使って
切り抜きをつくっていきます。

いろんな模様できれいに出来ました笑い




切り抜いた折り紙を円筒形にして、
「かさ」のなかに入れて、
三色ランプで照らすと・・・・



とっても素敵なオリジナルランタンの出来上がりです電球


そして、春節によく食べるのは、餃子
でしたが、
元宵節によく食べるのは、湯円料理



家族円満を願って食べるという湯円。

とてもおいしかったようで、みんなご満悦でしたハート


まだ2回のレッスンですが、
子どもたちは、
日本のお正月と中国のお正月について
違っている点や似ている点を話し合ったり、
日本の餃子と中国の餃子をくらべたり、
日本にもお月見があって、団子を食べることを思い出したり、
中国の湯円の方がおいしいことを発見したり(笑)、
壁に飾る「福」の文字は上下逆さなのに、
カレンダーの模様の「福」はそのままになっていることを
疑問に感じたり・・・

たくさんの気付きや疑問を共有していますキラキラ

身近に住む方から直接、文化について学び、
お友だちと学びを共有しながら、
視野を広げていく・・・

まさに、国際理解教育の醍醐味ですね。

後半の2回もどのような楽しい学びが生まれるのか、
ワクワクしますドキドキ小

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック