CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

青木透さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
おぎちゃん
海洋新1年生 (06/26)
さかい
海洋新1年生 (06/23)
リンク集
https://blog.canpan.info/toruaoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/toruaoki/index2_0.xml
LOVEについて語るときにぼくたちが語ること [2013年05月14日(Tue)]
三崎.JPG

昨日、神奈川県の三浦市の城ケ島・三崎を訪問させていただいた。

三浦市は、まちのために素敵なことをやろうとしている複数のグループ、個人がゆるやかにつながって、少しずつ全体的な動きが顕在化してきている地域。
動きをかぎとった一部の人たちからは、「今、あそこがアツい!」と言われている地域だそう。
とはいえ、地域の人たちはもっと冷静で、地域の象徴でもあったまぐろ漁の急激な衰退と少しずつ閉まる商店街のシャッター、平日のまちの静けさに対して、強い危機感を持っている。

自分たちが地域のために何かをしなくては。

という思いの裏にあるもの、それは商店街で「ミサキシエスタサヴォリクラブ」を営む寒川さんいわく、”LOVE"なんだそう。

日本財団の職員として働いていると、地域のために、思いを持って活動している人との出会いをたくさん頂戴する。(これは本当に素敵で、この仕事をしてて良かったと思うことです!)

そんな人たちはみんな一様に素敵です。LOVEにあふれています。

でもそんな人たちじゃなくても、地域に対するLOVEはあるはず。問題意識を明確に抱いている人もいるはず。でも一体何が違うんだろう?

もしかすると、地域のために何らかのアクションが形にできる人は、改めて地域へのLOVEについて語ることができる人なのかもしれない、と寒川さんとお話をしていて思った。

地域を会社に置き換えてもいい。

会社をどうにかしたい(だって好きなんだもの!)と思っている、いつも考えている人ほど、「今の会社はここがダメなんじゃないか」「ここをこうやって変えれば」ということをいつも考えているために、そこら辺のコミュニケーションから入りがちなのではないか。

そこら辺のコミュニケーションは、間接的に「これまでのやり方(とそれを作ってきた人たち)はなんかダメなところがある」という意味を含んでしまう。そんなことは意図していなくても、攻撃された、負けたと思う人が出てしまう。そうすると、会社(および地域)の中ではアクションをとても形にしにくい。

寒川さんいわく、地域のために一番大切なのは、「好きだと言い続ける」こと。言い続けているうちに「地域のことを好きな人を好きな人」が出てくる。

「好きだ」と言うとき、ぼくたちは誰も傷つけない。気持ちをほっこりさせて、やわらかくする。変なものを好きだと言う人は、なんだか面白そうな感じもする。そうすると、なんとなく周りに人が寄ってくる。うーん、すごく説得力がある気が。

仕事の文脈でLOVEという言葉は敬遠しがちだし、これまであえてそういう切り口で地域の中での仕事について考えたこともなかったけど。

これはやはり、とても面白くて深遠な切り口なのではないか、と考えた。
というわけで次回もLOVEについて。


【日記の最新記事】
支援という言葉の代わりに [2012年05月14日(Mon)]
いきなり更新が滞りました!
いろいろ言い訳は思いつきますが、ここはぐぐっと飲み込んで、これから更新をすることに邁進したいと思います。

ではでは本題に。

5月12日(土)京都にて、場とつながりラボhome's viさんフリンジシアタープロジェクトさんとの共催でワークショップを開催させていただきました。

今回のワークショップは初めて自分でゼロから企画をしたもので、日本財団としてもこれまでそれほどやってきていないタイプのものと思います。

タイトルは「NPOと日本財団が共に成長していくことのできる新たな関係を目指して」。
当初は2011年度にお世話になった助成先の団体さんと一緒に、昨年度の成果についてどっぷりと考え、助成が終わった今後のことを一緒に描く場にする予定でしたが、助成先以外の団体さんにも多数参加していただけることになり、方向転換。京都で活発に活動なさっているNPOや社会起業家のみなさん、また「場づくり」に関心をお持ちのファシリテ―タ―のみなさんにもお越しいただき、「ソーシャルな事業を進めていく方々が本当に必要な支援とは何だろう」ということについてみんなで考えました。

そこで考えたこと。

本当に必要とされる「支援」って、究極的には肉親や友達にしてあげたくなることに近いのかもしれない。

辛いときにただ話を聞いてくれること、なんとなく前を向かせてくれること、中身がなんであれ親身になってアドバイスをくれることなどなど・・・。

でもこれらのことを、ぼくたちは日常において「支援」とは呼ばない。
大切に思っているのだから、一緒に生きているのだからしてあげて当然のことだし、してあげたいことなのだ。だからこそ、がんばらなくても僕らは誰かを助けることができる。

とすると、「支援をする立場」からすれば、相手をどれだけ「自分ごと」として考えられるか、そして相手のことを知ることができるかが大切になる。

「支援をされる立場」からすれば、逆のことになるが、やはり相手のことを知ることが必要なんだろう。

でも究極的には、きっと「支援」という言葉を超える関係性を築くことが、支援継続の限界から抜け出る唯一の方法なんじゃないか。そう思った。

これは助成財団(中間支援組織)とNPOに限った話ではない。

男女のことで考えてみてもきっとそう。

どんなに相手のことが好きだって、デート代を払い続けられるわけじゃない。払い続けられないことをおもんばかって、「ぜんぜん無理しなくていいよ」とか「お金を使わずにいっしょにできることを考えよう」とかって言われる展開にならないと、パートナーにはなれない。あるいは最初からお金を出しすぎるのが悪いのかもしれない。二人の間に「お金を出す側」「出してもらう側」という軸が入りこんでくるから。出してもらえなくなったら、「なんだ、残念」と思われてしまう。

そう考えてみると、「お金を出す」ことを外部とお付き合いする主な手段としている助成財団ってやっぱりよっぽどうまく制度を設計したり、自分たちが気をつけていないと、助成先の団体とよきパートナーにはなれないですよね。

いや、しかし、こうやって考えてみるとすごく分かりやすい!
なぜかw!!!

とにかく、熱があり、なお且つとてもリラックスした雰囲気のとても素敵な場となりました。
お見事と言うしかない、すばらしいファシリテ―ションをしていただいた嘉村さんをはじめそれそれぞれスペシャルな能力を発揮していただいていたhome's viのみなさん。
準備段階からさまざまご配慮いただき、本企画に熱い思いを注入していただいた大橋さんをはじめ、会場まわりでいろいろとお手伝いをいただいたフリンジシアタープロジェクトのみなさん。

本当に、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
世界を変えるための熱量 [2012年04月11日(Wed)]
昨日、六本木アカデミーヒルズでTeach For AmericaのファウンダーであるWendy Kopp氏の来日記念セミナーに参加してきた。

僕は社内の部署横断チームで新規事業を提案するプロジェクトの一環として、Teach for Americaについて勉強したことがあったが、私が彼らについて一生懸命調べた1年半前よりも、彼らはさらに進化していた。

Wendyさんは今、Teach For Americaだけでなく、Teach For Allという世界的ネットワークを牽引する存在になっている。

Wendyさんによれば、教育格差が経済的格差を生み、格差が再生産されていくという社会問題は全世界で普遍的な問題であるとのこと。
この普遍的な問題に、23カ国の団体がそれぞれに工夫をしながら取り組んでいる。

そしてそれぞれの現場・国で得られた知見や、組織の運営ノウハウなどをシェアしていくことによって、問題解決のスピードを加速させ、インパクトを大きくする仕組みだ。

そもそも、Teach For Allというネットワークの元祖である、Teach for Americaが事業を開始した当初に特徴的だった考え方が、

「モデルとなるのではなく、ムーブメントとなることを狙う」

だった。

だから彼女たちは小さく始めるのではなく、大きく始めた。


「すべてのことが自分が前もって想像していたよりも困難だった。」

「何も知らなかったことが一番の強みだった。」


という講演会におけるWendyさんは言葉の裏にはこんな背景がある。

設立から20年後、TFAの活動は、本当に世界的なムーブメントとなったのだ。

そのムーブメントを日本で担っているのが松田さん率いるTeach For Japan。

Wendyさんのよくまとまっていて落ち着いたトーンのスピーチよりも、「今日は自分の人生にとって特別な日です。」という言葉から始まった松田さんの熱のこもった「演説」の方に僕はだいぶ心動かされた。

「自分の人生をかけて僕はこの教育格差の問題にとりくんでいきます。」

結果的に2度繰り返されたこの「人生をかけて」という言葉に僕はけっこうぐらりと来た。
自分と同い年の人が、真剣そのもので、400人の聴衆を前に「これに人生をかける」と宣言した。
これほど、劣等感を強く感じさせられ、同時に励まされる経験はあまりない、と思う。

松田さん率いるTeach For Japanのすごいところは、Teach for Allのネットワークに所属するTeach for Americaを含めたそれぞれの団体に対して、自分たちの発見やノウハウを共有してネットワークを牽引していこうという姿勢で活動されていること。

欧米のビジネスモデルをそのまま日本でやろうとすると、どうしても「本家はアメリカで自分たちはフランチャイズなんです」、「本家は最高です!」みたいな意識になりそうな気がするけど、そんな雰囲気は一切なかった。

プレゼンもパンフレットも、一つ一つの作り込みが半端じゃない。
これから日本を代表するNPOになっていくんだろうなぁ。
この団体の今後の展開は本当に要チェックです。

その日発売になったらしいWendyさんの本「世界を変える教室」もしっかりと購入。
読んだら、感想も書きたいと思います!
素敵なことを伝えることは素敵 [2012年04月07日(Sat)]
今日、CANPANセンター×日本財団のセミナーで登壇させていただき、「NPOのコミュニケーションデザイン」についてお話をさせていただいた。「課題をどう捉えるのか」、「成果をどう測るのか」など、非営利の事業につきまとう、自分にとっては荷が重すぎるテーマについても取り上げたが、一番お伝えしたかったことは、

「自分が心を動かされたこと、もの、人について、NPOに所属する人たちこそがもっと語った方がいいんじゃないか」

ということ。これは、日本財団に入ってからまる3年間の仕事の中で、あるいは人に思いや考えを伝えることについて考え続けたアメリカと中国の2年間を加えるなら、この5年間の中でひねり出した僕なりの「一番伝えたいこと」だった。

セミナーではあるモデルを使ってお話をさせていただいたが、なぜぼくがそう思うのかについて、ぜんぜん違う、もっと感覚的な切り口で、くだけた形で書きたい。

先に、ちょっとだけネガティブなことから書いてしまいたい。

ぼくたちヒエイリの世界で仕事をする人たちは、「社会にとって良いことをしようとしているんです!」と常に標榜しているし、それを続けている人であればあるほど、社会にとって良いことをしていることに対するプライドを抱いているはずだと思う。だけど、だからこそぼくたちは、そのプライドゆえに、ヒエイリの世界の外で行われたちょっとしたとりくみに対して、「それって実はあまり効果がないんじゃ・・・」とか、「そのとりくみには実は営利につながるようなこんな意図があるんじゃ・・・」という風に、批判的になりがちなのではないだろうか。

あるいは、ヒエイリの世界の中でのとりくみに対しても、「あちらのとりくみはどうも・・・」という風に、隣の畑に対して非難を呈しがちなのではないだろうか。

ぼくたちが、社会の中で何かいいことしようという志を持った存在であるならば、ぼくたちがすることだけでなく、言うことも社会にとって何かいいことであってほしい。あらゆるひと、組織が情報発信を行うことができ、いっぱしのメディアになりつつあるこの社会の中で、NPOというセクターにいる人たちは、素敵なことをだれよりもたくさん発信することのできるリーダーであってほしいと思う。だからこそ、私たちは自分たちの活動だけでなく、活動の外にある、素敵な出会いや発見について、もっと積極的にシェアした方がいいのではないかというのが、(超感覚的ではあるけど)僕の意見だ。

Greenzさんはまさに上記のようなフィーリングを体現しているメディアなので、僕は正直とっても尊敬している。政治家や企業への非難で埋め尽くされつつあるマスメディアに代わって、どんなに小さくてもだれかがやっている素敵なことを一つでも多く世に発信していこう。あまりにも素敵なコンセプトですよね。

greenz.jp
http://greenz.jp

同様のコンセプトを持っている海外ウェブメディア"GOOD"も素敵。

GOOD
http://www.good.is

彼らがやろうとしていることは、なにやら素敵なことを情報として社会の中で拡散させていくことによって、社会を素敵にしようというとりくみ。素敵なことを伝えることは、それ自体が素敵なこと、ということなのかも。

ただ、社会のためによいことをしようとしているだけじゃなく、何やらよさそうなことをもっともっとうまく伝える存在になれば、ぼくたちヒエイリ・セクターはもっと多くの人たちを巻き込み、もっと社会にとって意味の大きい存在になるのではないか、と思ってます。

でも、念のため、ぼくが言いたいのは、「社会のすべてを肯定しよう!」「いっさいの批判をやめよう!」ということではないです。そもそも僕のこのエントリー自体が批判的側面を含んでいるしw。批判がなくなったらそれはそれでつまらないと思うし。さらに、僕はそもそも、けっこういろんなしくみとかやり方とかに対して批判的な人間なのです。すべてを肯定したら、今よりよくなることもなくなってしまうし。

でも、素敵なものごとに出会えるように少しだけアンテナを高くして、それを今より少しだけ積極的に伝えることをしたらいいのかも、そしたら批判ももっと意味のあるものになるかも・・・くらいにとっていただけますと幸いですw。

以上、長くなってしまいましたが、僕自身をより「素敵な何かを伝える存在」にすべく、ブログもSocialize Meにタイトル変えしました。

素敵な何かをたくさん伝えられるヒエイリセクターの一員を目指して、日々がんばっていければと思います!
海洋新1年生 [2009年06月10日(Wed)]
海に携わる業務を始めてから、2か月が過ぎた。

僕は学部時代に社会学、大学院では国際関係を専攻にしていたが、まともに海洋の問題について勉強したことはなかった。

国際関係では国際市場と、開発政策という二つを専攻にしていた。その関係で、貿易について勉強していたのだが、それを担っている海運や造船という個別の産業や、貿易を行うためのインフラと言えるシーレーンの安全保障、あるいはさまざまな船が行きかう中で起こる海難事故や環境汚染などといった問題まで僕の眼は届いていなかった。海事関係の専門紙をちょっとずつ読むようになってきた今では、「国際経済」という名の領域では語られなかった、あるいはあまり大きな注目を集めなかった「縁の下の力持ち」の顔がちょっとずつ見えるようになってきた。これはけっこう楽しいプロセスだ。

一方で、「海を守る」ということは、その言葉の響きが持つ以上に「公益的」な行いなのではないかと考えるようになった。ソマリアの海賊だって、あれだけ跋扈している原因の一つは、アデン湾の漁業資源の減少だったと言われているから、もしあの辺の海の船だけじゃなくて水産資源や環境を守れるなら、それはソマリアという国に対する立派な開発政策になるかもしれないし、世界を豊かに安全にするとても重要な事業ということになる。日本に視点をおいてもっと広い視野で考えてみれば、僕らは日々海から採れる魚介や海藻を食べて、海を渡ってやってくるものを使って車を動かして、海を渡ってやってくるものを着て、いろんなものを海に捨てている。人間はほとんどが陸に生きてるから、どうしても陸の視点でものを考えてしまうし、海はないがしろにされがちだ。社会で問題になっている多くのこと、女性差別、人種差別、途上国での貧困や紛争などでは、特定の集団に対する不当な搾取が常に問題になるけど、地球規模で見たら、人間は”海”を不当に搾取しているのかもしれない。なんだかまとまらないけど、最近そういう考えがちょこっと浮かんだ。

そういうわけで、実は僕は決して当初から海の業務を行いたいと思っていたわけではないのだけど、やってみたらまんまと海に対する興味をそそられていますw。
ちょっとずつだけど、海についての勉強がんばりまーす。
ブログ始めます [2009年04月07日(Tue)]
今日からブログを始めます。

思ったことを積極的に書いていきたいです。

よろしくお願いいたします。