CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
こんにちは!
札幌市中央区にある「児童発達支援事業所たんぽぽ」です。

たんぽぽは,
@専門職による発達支援(からだの発達・こころの発達)ができること
A遊びの中に専門職視点の課題が入り,根拠ある活動を展開できること
B保護者の困り感に寄り添い,子育てへのアドバイスができること

の3つの柱に力を入れ,発達に心配のある乳幼児を対象に,あそびを主体とした小集団のグループ発達支援を行っています。その中で,自信や自己評価を高めていくことをねらいとしています。
たんぽぽでは,保育士・児童指導員を中心に,作業療法士,心理士などの専門職も駐在し,指導に加わり支援や相談を行っています。

随時見学受付中です。是非、お気軽にお問い合わせください!
TEL : 011-232-2727(担当:玉手,伊藤)
たんぽぽは,氏家記念こどもクリニックと連携した児童発達支援事業所です。
氏家記念こどもクリニックのホームページはこちらです。

 たんぽぽを利用される方は,「氏家記念こどもクリニック」の専門医による診察を直ぐに受けることができます。医学的診断や発達評価,リハビリテーション評価などを基に,総合的な支援を受けることが可能です。診察を希望される方は,通所開始後にお申し出ください。また,氏家記念こどもクリニックにて,医師の診断を受け,その後の定期診察・相談にて,医師との連携が保たれるようになっています。
 さらに,半年に一度の発達検査,また必要に応じて個別療法(心理療法/作業療法/言語療法)を受けることが出来ます。
 保育所等の施設を訪問して,利用されるお子様に対する集団生活適応のための専門的支援と,訪問先の保育士等に対する支援の指導を実施します。
たんぽぽスタッフ紹介★ [2021年06月08日(Tue)]

こんにちは晴れ

今日はたんぽぽのスタッフを紹介しますぴかぴか(新しい)

たんぽぽは、4月にスタッフが一新して新体制となり,新しいスタッフ6人で頑張っています手(グー)

先生(透過).PNG

氏家 武(うじいえ たけし)先生
児童発達支援事業所たんぽぽ 管理者

氏家先生は、児童発達支援事業所たんぽぽの管理者であると同時に、氏家記念こどもクリニックの院長先生でもあります晴れ
たんぽぽを利用される方は,「氏家記念こどもクリニック」の診察をすぐに受けることができますよ晴れ



玉手さん(透過).png

玉手 美和子(たまて みわこ)先生
児童発達支援管理責任者
一言:みんなの「できた」をチームで応援exclamation×2



小野さん(透過).png


小野 智亜貴(おの ちあき)先生

児童指導員
一言:私のミッションは「できるもんね」の笑顔をたくさん作ることexclamation×2



佐々木さん(透過).png

佐々木 公美(ささき くみ)先生
作業療法士
一言:たのしくをモットーにexclamation×2健やかな身体づくりの応援団長手(グー)



伊藤さん(透過).PNG

伊藤 ひかり(いとう ひかり)先生
児童指導員
一言:「もっとやりたい!また来たい!」と思ってもらえるような発達支援を提供します手(グー)




守谷さん(透過).png

守谷 あすか(もりや あすか)先生
児童指導員
一言:いつも心に寄り添った子どもの味方ですぴかぴか(新しい)




藤山(透過).png

藤山 静玖(ふじやま しずく)先生
児童指導員
一言:子どもたちと一緒に楽しみ,成長できるようによりよい発達支援を目指しますぴかぴか(新しい)




この6人でお待ちしておりまするんるん
たんぽぽを、どうぞよろしくおねがいいたしますぴかぴか(新しい)



Posted by 児童発達支援事業所 たんぽぽ at 17:28
動物園で遊ぼう!! [2021年06月08日(Tue)]

青空晴れ渡る今日の札幌晴れ
たんぽぽに元気にお友達がやってきましたぴかぴか(新しい)

たんぽぽでは、緊急事態宣言中は、個別療育をすることとしています。

今日の午前中は
手先の操作を主に、机上課題を組み立てました。

まずは・・・
アンパンマンの手遊びから始まり
アンパンマン登場!!
お友達を連れてきてくれました。
お友達はドキンちゃんと、コキンちゃんです。

P1000975.JPG

アンパンマンと手を繋いで仲良く遊ぶ事にしました。


ボタンが苦手なI君でしたが、お友達が手を繋げるよう、一生懸命ボタンに挑戦してくれましたよ手(チョキ)

P1000978.JPG

あおむしくんも一緒に入れてとやってきました。

続いて、電車のフォックボタン。
これまた難しかったのですが、繋げて長くなってくると、意欲も出てきて、お手伝いが無くても上手にボタンを付けることが出来ました手(チョキ)

P1000980.JPG

そしてもう一つ変わった道具が出てきて、
お洋服を着せて欲しいとお願いをされたので、
カラフルなカラーモフモフボールを入れてみましたが、
ファスナーに気づき、ファスナーを開けて、中身を取り出し
何度もカラーモフモフボールを入れて楽しんでいましたよ。

お友達のお洋服も決まり、

P1000987.JPG
P1000984.JPG

お友達がいっぱい集まったので、
動物園へ出発する事にしましたるんるん

今度は、粗大運動を取り入れ、スクーターボードを使って

P1000995.JPG

動物たちを発見し、動物園をI君が作りますわーい(嬉しい顔)

P1000998.JPG

動物園が出来上がり、連れてきたお友達と一緒にいっぱい遊びました。
レゴブロックは、いつも乗り物づくりになってしまうI君ですが、今日は、動物園にするために色々イメージをもって作っていましたよ。

楽しみながら、生活動作が出来るようになったり、
遊びの幅が広がるよう、スタッフで色々あそびを考えていきますよ手(チョキ)

「できた!!」がいっぱいつくれるように、いっぱいあそぼうねわーい(嬉しい顔)



かわいいおのかわいい
Posted by 児童発達支援事業所 たんぽぽ at 13:06
たんぽぽのコロナ対策について [2021年06月03日(Thu)]

児童発達支援事業所たんぽぽでは、新型コロナウイルスの感染を防止するための対策として、皆様に安心してご利用頂けるよう、「『新北海道スタイル』安心宣言」に基づき、「7つの習慣化」に取り組んでいますぴかぴか(新しい)


ご利用の皆さまには、大変お手数ではございますが、ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします晴れ




1.スタッフのサージカルマスク着用や、こまめな手洗いに取り組みます。
2.スタッフの健康管理を徹底します。
3.室内の定期的な換気を行います。
4.設備器具などの定期的な消毒・洗浄を行います。
5.人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。
6.来所児童・保護者様にも、咳エチケットや手洗いを呼びかけます。
7.事業所内掲示やブログを活用し保護者様に積極的にお知らせします。



螳牙ソ・ョ」險1024_1.jpg
Posted by 児童発達支援事業所 たんぽぽ at 17:05
たんぽぽのスタッフブログ開設ひまわり [2021年05月28日(Fri)]
こんにちは晴れ

札幌市中央区大通にある,児童発達支援事業所たんぽぽです。

たんぽぽは,氏家記念こどもクリニックと連携して運営している児童発達支援事業所です。

この度ブログ開設いたしました!子どもたちの様子や療育活動、季節の行事などを通して、たんぽぽの雰囲気をお伝えできればと思いますぴかぴか(新しい)

更新は不定期となりますが、よろしくお願いいたしますかわいい


たんぽぽでは,

1専門職による発達支援(からだの発達・こころの発達)ができること
2遊びの中に専門職視点の課題が入り,根拠ある活動を展開できること
3保護者の困り感に寄り添い,子育てへのアドバイスができること

の3つの柱に力を入れ,発達に心配のある乳幼児を対象に,あそびを主体とした小集団のグループ発達支援を行っています。
その中で,自信や自己評価を高めていくことをねらいとしています。

 たんぽぽを利用される方は,「氏家記念こどもクリニック」の専門医による診察をすぐに受けることができます
診察を希望される方は,通所開始後にお申し出ください!
 
 また,氏家記念こどもクリニックにて,医師の診断を受け,その後の定期診察・相談にて,医師との連携が保たれるようになっています。さらに,半年に一度の発達検査,また必要に応じて個別療法(心理療法/作業療法/言語療法)を受けることが出来ます。

 保育所等の施設を訪問して,利用されるお子様に対する集団生活適応のための専門的支援と,訪問先の保育士等に対する支援の指導を実施することも可能です!



今日は、たんぽぽの1日の流れを紹介します!
たんぽぽでは,年齢や発達段階でグループ分けをし,発達支援を行っています。


午前
 9:15 〜 11:00(1時間45分)
午後 13:30〜15:00(1時間30分)
(※このスケジュールはR3.5.31現在のものです。新型コロナウイルス感染予防対策に伴い,療育時間を変更しています。詳しくはお問い合わせください。)

来所後のスケジュールはこんな感じです晴れ


1.自由遊び(30分)
―― 子どもが自主的に遊びを選択し、自分の『好き』や『得意』を見つけられる子どもの自主性を育むことをねらいとしています。主に,玩具遊び,粗大遊び,手先遊びなどを取り入れています。


2.はじまりのあいさつ・絵本


3.運動遊び
―― 運動遊びを通じて、身体の動かし方や コントロールする力を養ったり,身体全体を動かして遊ぶことを楽しむことを目的としています。主に,作業療法士が立案しています。


4.設定遊び
――カード遊び(クイズ・絵合わせなど),感触遊び(粘土など),制作遊び(描く・折る・切る・貼るなど),ルール遊び(おにごっこ・かくれんぼ)など,様々な活動があります。


5.おわりのあいさつ・絵本


療育終了後は,お子様の様子をスタッフからフィードバックいたしますかわいい



随時見学受付中です!
お気軽にお問い合わせくださいぴかぴか(新しい)
TEL:011-232-2727(担当:玉手 美和子,伊藤 ひかり)
Posted by 児童発達支援事業所 たんぽぽ at 09:30
プロフィール

トルチュさんの画像
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句