CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«赤いセーターきてきてください | Main | 3文字のカタカナのことば»
朝寝坊 [2008年12月19日(Fri)]

ブラジルの学校学校の授業は、
午前と午後の二部制をとるところがおおいそうです。

(日本では両親が長時間働いている場合も多く、一日預かってくれるところもありますが)

トルシーダの日本語教室は午前なので、
来ているのは、当然「午後の部」の子です。

学校にはスクールバスで行くのですが、
保見団地内をスクールバスがお迎えに来るのが
昼の12時半前後。

学校に行くだけなら、11時過ぎに起きたって
十分。

両親が朝早く仕事に出かけてしまっていれば
起こしてくれる人も、文句を言う人もいません。

でも、考えてみてください。
小学生、中学生、高校生だって、午前中11時まで
毎日寝ていたら、体にいいとは言えません。

体を作る時期ですから、やはり朝日太陽を浴びて
午前中も「なにか」をしてほしいです。
外で遊ぶのもいいし、宿題をしたり、なんでもいいけど
とにかく午前中いっぱい寝ているのは・・・困った

日本語教室がサボりがちになる子の中には、
この「朝寝坊」「昼まで睡眠」のパタンが多いです。

「朝起きられない」   ・・・っていっても 日本語教室は10時から・・・
という子には、
「何時ごろ寝るの?」という疑問が当然わきます。
たずねてみると、
月12時星落ち込み 「月2時星落ち込み   ときどき「4時」困ったなんて答えも返ってきます。
私が起きる時間です。

それでも11時過ぎまで寝ていれば、
睡眠時間としては まあまあ ということになってしまうからこまりものです。

「4時まで何してたの?」

「DVDみた」
「チャット・・・MSN・・・」
「オルクッチ・・・」   
→→最近よく聞くチャットのような??何か??コミュニケーションツールらしいです。私にはシステム理解不能落ち込み

ブラジルの友達とチャットで話すなら、時差12時間なのでこちらは夜中で向こうは昼。
国内にいるブラジル人の友達と知り合ってコンピュータで話すにしても
なぜだか夜中・・・


ある高校生の女の子女の子
お父さんが夜勤の時は、朝帰ってきたお父さんに起こされるので、やむを得ず「早起き」
お父さんが昼勤の週は、誰も起こさないから、こっそり「昼まで寝てる」・・・
なんていう お父さんと「反対勤」をやっているそうです。

成長期の今から、自主的に「二交代」制をとることないし、
日本語の学習も進まないし、体にもよくないので
最近、ボランティアの一人が、朝起こしにいっています。

あらかじめ、「朝起こしに行くよ」と了解を得ておいて、
ピンポ〜〜ン音符   ・・・ ピンポン音符ピンポン音符ピンポン音符

だめだ。
コン、コン、コン、コン・・・・・・・」
ドン、ドン、ドンドン音量

これで、あきらめて起きてくるときもあるし、
それでもだめなときもあります。

生活のリズム というのが大事だよ ってことも
伝えていきたいです。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント