CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«≪TOMO市メルマガ≫ 被災地から手紙が届きました No.335 | Main | ≪TOMO市メルマガ≫ きょうされん全国大会inかながわにて No.337»
きょうされん って?

きょうされんさんの画像
TOMO市場へはこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/tomoichiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomoichiba/index2_0.xml
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
TOMO市フライヤー先行公開! [2014年09月16日(Tue)]

こんにちは、TOMO市担当のウリです。
いよいよ来週に迫った「きょうされん全国大会in神奈川」。

私たちチームTOMO市では、大会参加者に向けて

・被災地商品の販売
・被災地のいまを伝えるポスターセッション
・TOMO市注文体験

などのブースを出展する予定にしています。


★きょうされん大会実行委員会のサイト
 ⇒ http://kyousarenkanagawa.blog.fc2.com/

★大会の開催要項
 ⇒ http://www.kyousaren-kanagawa.com/download/zenkokutaikai.pdf




大会マスコット“かなもめちゃん”




そこで、3000人を超える全参加者に向けて配るTOMO市フライヤーを
作成しました。

せっかくですのでブログ読者のみなさんには少し早く、
お披露目させていただきます!!


<表 A6サイズ>




新チームになってこの半年、何度も

「TOMO市とはなにか」
「TOMO市の役割はなにか」
「誰に、何を、届けるのか」
「TOMO市の魅力はなにか」

などを本音で話し合ってきました。

そんななかで出てきたのは、
“社会的弱者の所得保障機能”であったり、
“TOMO市で買うと、少し社会が変わる”といったフレーズです。

(他にもたくさんあります!!)


そうしたメッセージを、お客さんであり、
ともに社会を変えていくパートナーである方々にどう使えるか。

担当者だけでなく、役員さんからも意見をもらい、
今の時点で行きついた一つの答えがこのフライヤーです。

きょうされんの関係者へのメッセージだけでなく、
より多くの皆さんに関心を持ち考えてもらうきっかけになればと思い、
シンプルに、簡潔に、思いを伝えるデザインワークになりました。

これはみなさんに向けたメッセージであると同時に、
私たち自身の道しるべともなるフレーズです。

(“走れ!”という名曲をみなさんご存知ですか??)



<ウラ A6サイズ>



結果として表面がティーザー(じらし)的な要素を持ったので、
裏面は説明を重視しています。

デザインとしては表面とのバランスをとりスタイリッシュにしながらも、
TOMO市のもつ温かみを基調にしています。

表のような理想のイメージを持ってはいるものの、
まだ印刷部数も多めには刷れないため、
“きょうされん”をすでにご存じの方が受け取ることを想定し、
コンテンツを決めています。

モール管理者というポジションのため、
具体的な商品で訴求する方向性は除外しています。
今後、各ショップの担当者と相談しながら
考えていけるとよいかなと思っています。

実物はもう少しきれいなのですが…。


 * * * *


10月以降、TOMO市でのお買い上げのお客様には同封、
また店舗を持っているきょうされん会のいくつかの作業所では常設、
その他配布の協力を申し出て下さった方々にはお送りする予定です。

これからもTOMO市をよろしくお願いします!!

(それにしても、ブログ以外ほんとにこういう内輪の話を
 書く場がないなぁ・・・何とかしよっと)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント