• もっと見る
«TOMO市パワーアップ講習会:関東・甲信越(東京) | Main | TOMO市パワーアップ講習会:九州»
きょうされん って?

きょうされんさんの画像
TOMO市場へはこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/tomoichiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomoichiba/index2_0.xml
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
TOMO市パワーアップ講習会:中国・四国(広島) [2009年10月31日(Sat)]
冬の気配が近づいてくるのを感じるようになった10月31日、広島市東区地域福祉センターにて、TOMO市パワーアップ講習会:中国・四国(広島)が開催されました。

中国・四国地方を中心に、九州からも集った参加者34名(スタッフ含む)が、学び合いました。


はじめに、TOMO市特別部より、「TOMO市って一体どんなもの??」ということで、『TOMO市概要説明』がありました。

講座「こうしたらこんなに売れました」では、同じ作業所商品の製造・販売という観点で、宮城県・はらから福祉会の武田元氏から講演がありました。豆腐づくりからはじまり、現在幅広い関連商品で、利用者の給料作りをがんばっている事例と、それに対する心構えは、参加者にインパクトを与え、心を打ったようでした。

続いて、講座「今のネットショップを売れるショップにする」では、講師に有限会社ウェイズ取締役社長の竹田圭一氏をお呼びし、実際ネットショップで成功されているポイントやアドバイスをいただきました。まだまだ売上があがっていないTOMO市の各ショップでどういう工夫ができるのか、学ぶところがぎっしり詰まった講演でした。

最後にTOMO市特別部の山内民興・西澤心から、「一手間でこんなに違う・物売りノウハウ・マーケティング」という内容で話をさせていただきました。作業所は特別ではない、一般市場にでれば、競争に巻き込まれるし、社会で当たり前のことを当たり前にできなければ、ものづくり・ものうりはできない。参加者はそれぞれの作業所の商品づくりを振り返りながら、気を引き締めたことと思います。



TOMO市が利用者の給料アップにつながるには、各作業所のものづくりの充実が必要不可欠であり、加えて販売に対する前向きな姿勢をどうつくっていくかが重要です。
参加者も多くの学びを得て、これからのTOMO市での活躍が楽しみです。


※この講習会は、日本財団より、助成をいただき、開催しました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント