CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«あかりをつけましょ | Main | 憲法記念日によせて»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
R
親子夜勤の顛末 (01/11) ロク
親子夜勤の顛末 (11/21) ロク
親子夜勤の顛末 (11/21) KK
海外ボランティア参上 (08/15) 与六
最後の授業 (02/21) R
よいお年を (01/13) shuo
よいお年を (01/09) R
秋深まり… (12/15) huki
秋深まり… (12/13) R
17回めの日曜日 (10/18)
最新トラックバック
春ですね [2011年04月03日(Sun)]
ものみな春を歌う4月がやってきました。

3月末までつぼみのままだった桜も、4月の声を聞いたとたん
一斉に咲きほころびました。
ともの家に今年やってきたしだれ桜も満開の花をつけています。

3月中に異動を終え、新メンバーで各事業所
新しい年度がスタートしました。

が、残念なご報告も。
かつてM・Kさん(拙著では“松浦イト”さん)の自宅であり、
ともの家の活動原点であった、「岩崎ともの家」
ついに親族により売却され、近日中に取り壊されることになったのです。

残ったものは廃棄処分にする、と聞いたホーム長、
ご親族に電話して承諾を得、
M/Kさんの形見の品を運び出すことに。

休日、ホーム長・理事長とともに荷物の整理に出かけました。中庭に続く縁側があって、玄関脇に6畳の応接間と台所、
4畳半と6畳の和室、急な階段を上がって二階一室の古いふるい、昔の家。

いたるところM/Kさんの生活のあとがあります
和式の鏡台。着物を入れた桑折。夏場にご飯が腐らないようにかけていたかご。
嫁入りのときに持ってきたのだろう、老舗であつらえた昭和10年代の
素敵な訪問着と留袖も出てきました。

ビルマの出征で亡くなったご主人の遺影が、丁寧に風呂敷に包まれて
しまわれていました。また、年金手帳や市役所からの通知、
靖国神社での勤労奉仕を慰労する国からの手紙などが、大事そうに
塗りの箱にしまわれていました。

戸も窓も、電球も、すべて大切なM/Kさんの思い出
ここがなくなるなんて、寂しさでいっぱいです。
「木の塀に、“何日に食事会をします”、なんて看板をつるしてね。
草を抜いて、ここに花を植えて…」
ホーム長が懐かしそうに話してくれました。
採算など考えず、何もかもを工夫して手作りしていた
そのころが一番楽しかった、とホーム長は言います。

「介護保険事業」の始まる前の話。
ホーム長たちの取り組みは、純粋に、地域福祉を実践していたのかもしれません

今は役割分担ができ、いろいろな面で効率的になった代わりに、
職員もサラリーマン化している気がします。
本来福祉とは、お金に換えられぬものであったはずなのに。
福祉だけでなく、人間の営みそのものが
M/Kさんの時代と変わってしまった気がしました。

7月に、協力医療機関であった井谷内科の跡地をお借りして、
新しい小規模多機能居宅介護事業所がオープンします。

私のイメージでは、そこが「岩崎ともの家」に近い形になるはずです。
医院を改装した建物なので、ハード面では期待できませんが、
M/Kさんの遺品をそっくり再利用し、新しいものは極力買わず、
古いものをリユースしながら昔ながらの生活をしたい、と思っています。

ほろびつつある「和の心」が復活できるかどうか。
どうぞご支援ください。ウインク
Posted by ともの家 at 14:36 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント