CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«Sさんのこと | Main | 久々の更新»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
R
親子夜勤の顛末 (01/11) ロク
親子夜勤の顛末 (11/21) ロク
親子夜勤の顛末 (11/21) KK
海外ボランティア参上 (08/15) 与六
最後の授業 (02/21) R
よいお年を (01/13) shuo
よいお年を (01/09) R
秋深まり… (12/15) huki
秋深まり… (12/13) R
17回めの日曜日 (10/18)
最新トラックバック
秋深まり… [2010年11月18日(Thu)]
立冬を迎え、めっきり朝夕は冷え込むようになりました。
夕暮れも早くなり、夏はまだ明るい戸外を眺めつつディナーを楽しめたのに、
最近は夕食事にはすでに表が暗く、弱まった陽のあたる冬枯れの景色が、物悲しさを醸し出しています。

そんな中、小規模多機能ホームでは「ともの家畑」のいも掘りが行われました。
毎年畑に招いてくださっていた農家の方が亡くなってからは、
中林邸にお世話になったり、いも掘りシーズンにはあちこちの畑を求めて流浪の民だったのですが、今年はついに念願の畑を手に入れたので、敷地内でいも掘りが行えるという幸せにめぐりあえたのでした。

少し寒さを感じる晴れた日の午後、いつも外に出る男性の皆さんに声をかけると
Sさん、「よしいこう!」と乗り気の返事。
大柄な男性Nさんは、「いかんいかん、こんな日に身体悪くする。寝ないかん」とその巨体を生かすことなく布団にもぐりこんでしまいました…

代わって農家の女性Kさんが、「行きますよ!」と力強く返事をされ、
一同は畑に…。
スタッフWさんとSさんが鍬をもち、私が芋づるを引っ張った後を掘り返していきます。
初めは小さな芋ばかりで、「なんだ〜子どもばっかり」と拍子抜けしていたのに次第に大きな塊に行き当たり、Sさん芋を片手にガッツポーズです。
大きなカボチャも収穫でき、かごは次第に重さを増していきます。
Kさんは辛抱強くかごを持ってくださいました。

ついにかごにも入り切らないほどの大収穫です。
土のついた芋は外できれいに土を落とされました。

収穫された芋を見て、皆さん大喜び。

絵の好きなTさんはさっそくスケッチブックを広げて写生してくれました。
重度の認知症のため言葉の出にくい方も、山もりの大きな芋を見て、
「んまあ〜食べたいねえ」と一言。
寝ていた男性Nさんも起きてきて「いいねえ、太いなあ」と芋を手にとって満面の笑み。
「うわー」「すごい」と口々に感想が飛び出します。

「これをどうやって食べましょうか」
「ふかしたらええなあ」
Sさんの提案で、おやつはふかしイモに決定。

少々塩を振って蒸し器に入れます。次第にシュウシュウと煙と音の立ちのぼる台所に、皆さんの視線が釘付け。
お花クラブから戻ってきた女性Tさん、「すごい煙ねえ」。
Tさんに手伝っていただき、お皿を並べお茶を入れました。

">「おいしいなあ」
「Sさんの掘ってくださった芋ですよ」と話すと会話も広がります。
「最近こんなきれいな色の芋は珍しいわよねえ」
偶然来られた御家族の方も交え、活けられた花をめでつつみんなで食しました。
Tさんは二つも召し上がりました(花より団子??花

こんな一日を送るとほっとします
自分たちで収穫したものを料理して食べる。
生きる、ってこういうことかなぁと感じます。

掘った芋を絵に描く人、包丁で切る人、眺める人。
どうしようかと相談しつつ、みんなでその日の生活を決めていく。

ささやかな食事でも、そこにいる者たちで時間と手間を分かち合うことで、
ただ提供される御馳走より意味を持ちます。
一個の芋を食べるにも、過程があるのだなあ、そんな気持ちで
今日も現場に立っています。
Posted by ともの家 at 16:35 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
おほめいただき、ありがとうございます笑顔汗
おそらくホーム長と御面識があるのかと存じます。
訪問いただけるとのこと、かたじけなくもありがたいです。
お目にかかれる日を心待ちにいたしております。
Posted by: R  at 2010年12月15日(Wed) 17:49

昨日は「阿部悦子さん出版記念パーティ」にてお初にお目にかかりました三浦と申します。
早速ブログを訪問させていただきました。
暖かさの伝わってくる良いブログです。

時々訪問させていただきます。又何かお手伝いできることがありましたら、お知らせください。
Posted by: huki  at 2010年12月13日(Mon) 08:06