CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ふれあいタイム〜協力 | Main | 住吉の十五夜»
家庭教育学級(WAIWAIサークル)〜市国際交流員との交流 [2016年09月10日(Sat)]
 今日は第3回目の家庭教育学級(WAIEAIサークル)の日。今回は市の国際交流員のお二人においでいただき,母国の遊びを紹介してもらいました。
 来てくださったのは,アメリカのカルフォルニア州出身のジョセフ・レンタオさんと中国の西安出身のリュウ・テイさんです。お二人ともとても日本語が上手で,それぞれの母国のことを分かりやすく話してくださいました。
 ジョセフ・レンタオさん ↓ 
P9101102.JPG
 
P9101101.JPG 
 アメリカ人のジョセフ・レンタオさんは,アメリカのビー玉遊びを教えてくださいました。大きいビー玉をはじいて円の中にあるビー玉を外側にはじき出して,その数を競います。最近はこのようにビー玉を使って遊ぶ姿はみられなくなりました。
P9101109.JPG 

 また,中国人のリュウ・テイさんは,中国の蹴鞠(けまり)を教えてくださいました。「キジェンズ」という名前だそうです。漢字で書くと(踢+足へんに建+子)と書くそうです。
 リュウ・テイさん ↓
P9101108.JPG

 まず,ビニル袋をはさみで切って作る所から始めました。
 でき上がったらみんなでゲームです。
P9101113.JPG

P9101114.JPG

 床に落とさないように,リフティングのように蹴ります。たくさん蹴った方が勝ちです。短い間に少しずつ上手に蹴ることができるようになりました。遊びを通して,自然にお二人の国の文化に親しむことができました。ありがとうございました。
  
Posted by 元年7月から 佐藤明 以前 前田 at 15:32 | ☆ その他 ☆ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント