CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
知的障害者の広場
富山市の知的障害を持つ人達とその家族の会が開いた、みんなの広場です。
« ビタミン・スマイル | Main | ビタミン・スマイル »

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まちこちゃん
父の日の「文化サークル」活動 (06/17) まちこちゃん
新春研修会が終わりました! (03/11) まもるくん
「障害のある人のための権利擁護」〜障害者虐待防止法について〜 (11/06) 富森
報告遅くなりました (08/02) 富森
進路相談会 (06/04) まもるくん
梅雨 (06/29)
もうすぐ4月 (04/07) 野花 奈々
GH見学会 (01/22) niwachan
韓国本人自己権利主張大会 (11/09) mixi
一堂に集う 成人式 (10/09)
最新トラックバック
ビタミン・スマイル[2020年06月16日(Tue)]
「特訓」(N.T.さん)
某小学校の特別支援級の6年間で、2年間だけ男の教員が担当してくれました。
そのY先生は、長男に対して、ある特訓をしてくれました。
それは、トイレの特訓です。それまでは、トレパンの前をずり下げて(時には半ケツで)用を足していたのですが、ちゃんとジッパーを下げて、つまみ出して、じょんじょろり〜とやるという、スタンダードスタイルに変えていただきました。
確かに、女の先生にはムリですよね。
そのY先生とは、後にしらとり支援学校で再会を果たすことになるのですが、それはまた別のおはなし・・・。

これに対するH.T.さんからのコメント

N.T.さんありがとうございます〜
この案件、男の子の親は他人事とは思えませんよ。
うちは洋式トイレ、「小」でも座って用を足す習慣が身に付いていたうちの子ですが、外出先など、スタンドアップスタイルの小便器が多い中、いつの間にかスタンドアップでスタンダードなスタイルで用を足せるようになっていました。
ほとんどの場合、余計なアクションが入りますが・・・

これも先生のご指導のおかげです。
感謝しかありません!
Posted by かめじろう at 13:05 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tomi-ikusei/archive/376
コメントする
コメント
プロフィール

富山市手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tomi-ikusei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomi-ikusei/index2_0.xml