CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とめ市民活動フォーラムのブログ
« 2015年09月 | Main | 2015年11月 »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「とめ市民活動プラザ」が新施設に移転。[2015年10月17日(Sat)]
2015.10.01
とめ市民活動プラザが移転しました。
DSC06124.JPG
写真は新施設です!

平成24年4月にオープンして3年半
登米市迫町佐沼字南元丁でお世話になり
9月の1か月間は、登米市米山総合支所内にも
お世話になりました。

地域のイノベーション拠点 「おおあみテラス」(仮名称)は
地域住民と起業家
NPO等が協働で知恵を出しながら
社会的意義のある新たな価値を創造する
そのための支援拠点であり
多機能施設としてオープンしました。

DSC06119.JPG
「とめ市民活動プラザ」はその一角にあります。

2015.10.17.
おおあみテラスのオープニングセレモニーが開催
029.JPG
登米市長も招かれたテープカットのシーン。

この日は秋晴れの気持ち良い土曜日
DSC06076.JPG

約30店舗が並ぶ
「おおあみミンミンマルシェ」
市場(いちば)が午前から
親子連れや、年配のご夫婦、
家族連れでにぎわいました。

とめ市民活動プラザの入り口から
DSC06127.JPG

玄関ホールの掲示物スペース
DSC06121.JPG

セミナーも開けるようなミーティングルームは
DSC06125.JPG
明るく広くなりました!

DSC06097.JPG
この日はたくさんの方が見学されました。

DSC06085.JPG
こんな賑わいが日常になる!

新施設の「とめ市民活動プラザ」も
よろしくお願いいたします!

※その後、おおあみテラス(仮)は、
名称「アルテラスおおあみ」となっています。

(川久保)
響く!コーアクティブ思考術「ポケットプロジェクト」[2015年10月12日(Mon)]
2015.10.10
DSC06130.JPG

登米市東和町米川にある
及甚と源氏ボタル交流館にて

午後「コーアクティブ講座」が開催されました。

DSC06050.JPG
写真は講師、CTIジャパン契約アソシエイツ杉本麻三子さん
垂水克己さん
主催は「ポケットプロジェクト」

この企画は、東日本大震災後、
旧鱒淵小でのRQ災害救援センターの避難所時代に
兵庫県からボランティアにいらした杉本さんが、
そのご縁をつなぎながら今も年1度、
この地を訪問し
コーアクティブ・コーチング講座を
お仲間と一緒にボランティアで
提供しているというものです。

午前は、登米市南方地区にある
仮設住宅の1期集会所で
「お料理教室とお食事会」も開催しました。

共催のNPO法人みんしんと
ニュー鱒淵ふるさと会の代表である
小野寺寛一氏の全面バックアップで
実現しています。

※コーアクティブ講座
※コーアクティブ・コーチングとは
お互いが相手の可能性を信じて
力を合わせる新しいコミュニケーションの
スタイルです。(チラシ抜粋)

DSC06049.JPG
後半を覗かせて頂きましたが

皆さん手持ちの「人生の輪」という
円グラフから自分が選んだ項目について
床に置かれた「考え方のコツ」の輪の上を
歩きながらペアで会話していました。

「考え方」の一例として
人生の輪で選んだ「人間関係」という「キーワード」。

もっと良くしたい「人間関係」を
「友達」という床に置いてあった「ことば」に
照らしてどう考えるのでしょうか。そこで

「『人間関係』は『友達』と考えてみては
どうでしょう。」と杉本さん

「人間関係」と言えば
苦手意識が先に立っていましたが
「友達」?

と考えてみたら一変!
「億劫」が「親しみ」に変わって

「人間関係」がとても楽しいイメージに。
本当に驚きましたひらめき

最後には
一人ひとりしっかりと、それぞれの
心に響く「思考術」への感想がありました。

DSC06051.JPG

片付けの後に
ニュー鱒淵ふるさと会の本拠地に伺いますと
ふるさと会小野寺代表と会の皆さん
代表奥様のおもてなしが待っていました。

DSC06054.JPG

震災から時が経っても、彼女自身の意志で
活動を続けてこられているという杉本さん。

「2011年当時、ボランティアのために
地域の方々にご用意いただいた「もらい湯」。
そのボランティアに対するおもてなしのお気持ちが
この繋がりを続かせてくれる一つの原動力に
なっていると思います。」

「仮設住宅の二つのそれぞれの自治会長さんの
お話しに、今日改めて涙がこぼれました。」
と話してくださいました。

各地で自然災害が頻繁に起こる今、
震災被害ばかりでない現実があります。

そのような中でご縁を大切に
今も繋がりつづけようとする方がいる、
まぶしく感じられます。

最後に、NPO法人みんしん
ニュー鱒淵ふるさと会
小野寺代表の言葉です。
「人生やるっきゃない。」
「できることから、
 好きな人が集まることから。」



(川久保)

萩の会〜登米市市制10周年記念第9回登米市民文化祭[2015年10月11日(Sun)]
2015.10.10

お天気に恵まれ、
各地でイベントが盛会なところ
登米市市制10周年記念第9回登米市民文化祭は
登米祝祭劇場(水の里ホール)で開催されました。

DSC06043.JPG
こちらは、紫陽花が咲き終わって
自然にドライフラワーになっている残花を
生かして作品にしましたとのこと。

昨年もブログで紹介させていただきましたが
https://blog.canpan.info/tomepura/archive/212

萩の会(高橋幸子代表)さんは
石越で現在も活動を続けていらっしゃいます。

DSC06045.JPG
こちらのススキはご近所からでしょうか。

ご自宅のサロンで
地道に継続されているこの活動は
花を生ける楽しみだけでなく

小学生からご高齢の方まで
世代交流や、そこにある自然に親しむことなど
複合した良さがあります。

DSC06046.JPG

文化祭出品など、発表の場を設ける等も
刺激があっていいですね。

これからも継続されて
ますます和が広がりますように。

(川久保)



【子ども広場にこま〜る南三陸が開所しました】にこまる祭〜南三陸から感謝を込めて[2015年10月10日(Sat)]
DSCN4591.JPG
本日は南三陸町入谷に完成した『コミュニティスペース
晴谷驛(ハレバレー)』に新拠点を構えた
「NPO法人奏海の杜(かなみのもり)」
の新拠点お披露目イベントにお邪魔してきました。
奏海の杜は、登米市中田町でも障がい児の放課後デイサービス
の事業などを実施している団体です。
(利用者大募集中!とのことです)

DSCN4592.JPG
館内には子どもたちが手作りしたステンドグラスや、
ボランティアさんやスタッフさんたちが
手作りしたあたたかい雰囲気の装飾がいっぱい。

DSCN4598.JPG
これまでの活動を紹介する楽しいコメント入りの
写真がたくさん飾られていたり、

DSCN4652.JPG
スライドでもこれまで紆余曲折ありながらも
活動を続けてきた奏海の杜の活動がたくさん紹介
されていました。

DSCN4596.JPG
床にはNPO法人ビバ・南三陸の高齢者の方々が作っている
ガウディを思わせるような、
素敵な床タイルが敷き詰められ、
華やかな空間になっていますよ… 


DSCN4641.JPG
【にこまーるさんたちのダンス3曲!】
(以下奏海の杜さんの招待状より引用)
「新拠点は2年7か月にわたり、和室をお借りして、あたたかく
支援をいただいていた入谷公民館にほど近く…」

DSCN4607.JPG
【はればーれ駅長さん、のぞみ福祉作業所所長さんと、にこまーるさん
たちによるくす玉割…大成功でした】
「…国土沿いに新たにオープンした『コミュニティスペース晴谷驛
(ハレバレー)』という、赤と青の外観に高い天井、開放感があって
ワクワクする空間です。」

DSCN4637.JPG
【参加者の皆さん全員で、ベリーダンス中!】
「(中略)当日はにこまーる利用の子どもたち
も出席し、奏海の杜の4年間を振り返りつつ、にぎやかな
会にしたいと思います。」
というご挨拶通り、たくさんの参加者の方々とお話させて
いただきながら、

DSCN4620.JPG
おいしい南三陸町産のササニシキ、
銀鮭汁、さんまの煮つけ、

DSCN4613.JPG
震災時の支援以降、様々な機会をとらえて、
応援してくださっているという
たこ焼きの本場大阪(当日たこ焼きを提供してくださっていました。)
で障がい者の支援に携わっている各団体の皆さん
が作ってくださったたこ焼きなど、
皆さんとおいしくいただきました!


DSCN4612.JPG
また、たくさん皆さんで踊ってきました!

尚、登米市でも同様に障がいをもった子どもたちの支援体制
を少しずつ強化しているとのことで、
音楽療法のできるスタッフや、送迎車なども新たに準備するなど、
登米市での活動をもっと柔軟にできるよう環境を整備をして
きたのだそうです。
ぜひ、このブログをご覧の皆さんは一度、ハレバレーの事業所は勿論、
登米市中田町の事業所でも見学も随時受け付けているとのことですので、
足を運んでみてくださいね。


☆くどう☆

H27年度「秋のふれあいトーク」[2015年10月04日(Sun)]
2015.10.4

お天気に恵まれ
和やかな開催となりました。

会場は登米市中田町「宝江ふれあいセンター」
DSC05980.JPG
登米市社会福祉協議会の職員さんらの
DSC05984.JPG
リズミカルなレクリエーション。

「秋のふれあいトーク」は
心身に障がいのある方々とその家族が
楽しい一日を過ごしながら
DSC05991.JPG

仲間づくりや情報交換ができる大切な「場」です。
DSC05997.JPG

サンフラワー・サポート・エイト会の皆さんの
(黄色いジャケットを着用)
DSC05974.JPG
受付、ランチのお手伝いなどの
活躍が光ります。

DSC06005.JPG
飲み物は選べるなど、誰にでも楽しめる
うれしい心遣いです。

DSC06010.JPG

食後は
NPO法人アートワークショップ『すんぷちょ』さんによる
みんなで踊ろう♪パフォーマンス♪
DSC06020.JPG

誰もがみんなで
その場で楽しめる「ダンス」
DSC06022.JPG

あるお子さんが笑顔をみせた瞬間、
寄り添うご家族にも笑顔が。

心のカメラで、撮影いたしました。

主催 登米市社会福祉協議会
共催 登米市手をつなぐ育成会
共催 サンフラワー・サポート・エイト会
後援 登米市ボランティア協会


(川久保)


検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人とめ市民活動フォーラムさんの画像
NPO法人とめ市民活動フォーラム
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/tomepura/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomepura/index2_0.xml