CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とめ市民活動フォーラムのブログ
« 2015年07月 | Main | 2015年09月 »
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
とめ市民活動プラザ移転のお知らせ[2015年08月30日(Sun)]
いつも大変お世話になっております。
急なお知らせですが、
現在の事務所を今月8月31日付で引っ越し、
9月1日から「とめ市民活動プラザ」が
仮移転いたします。
場所は、登米市米山総合支所2階
(登米市米山町西野字的場181)です。

尚、9月中には、迫町佐沼の大網地区に現在建設中の
新施設に再度移転の予定です。
そちらにつきましては
改めてお知らせ申し上げます。

お問合せ等は、
現行通りの電話:0220−44−4167 まで
お願いいたします。
仮施設での開館時間は
これまで同様、10:00〜18:00
月曜日は休館とさせていただきます。

ご利用の皆様には大変ご不便をお掛けし
申し訳ございませんが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

 
登米市市民活動支援センター
とめ市民活動プラザスタッフ一同
台風を除けて五穀豊穣祈願☆「風追い祭」@米山町西野地区[2015年08月27日(Thu)]
DSCN4459.JPG
【今年の担当地区中町地区集会所裏での出発式】
H27年8月22日(土)17時〜米山町西野地区で受け継がれている
伝統行事「風追い祭」が行われていました。
17時〜の出発式では、今年の担当地区である「中町」の方々と
周辺にお住まいの方々が集まる中、祭りの由来の説明や、
お囃子の披露などが行われていました。


DSCN4462.JPG
【今年の干支である「未」をメインにした山車】
これは毎年米山町西野地区にある4つの地域、
十日町、中町、三日町、新町が順番で担い、
二百十日の厄災を払う台風除けの祭りとして、
風追い祭りが、現在に伝承されているとのこと。
この行事は担当の地区が、その年の干支の飾り物や
やぐら、桜の花などを1か月かけて作り、
同時に同じく担当地区でお囃子も同期間練習して
披露する日に備えるのだそう。


DSCN4464.JPG
【風追い祭りは台風の風の災いを追い払うお祭りだそう】
祭りの終わりには、町境までいった時、台風を追い払う
ための大うちわをつかって「わあっ」と声を上げて台風を追い
払うのだそう。この独特の意味づけと形態をもつお祭りが
この地域で300年もの間守られてきています。


DSCN4471.JPG
【ご祝儀を頂いた家々にこの桜の花が配られ、
 厄災から守ってもらうのだそう】
一方で、このお祭りに関わっていらっしゃる
方々から、「祭りを続けること」は、この地域を担う人たちの
ライフスタイルの変化で、そう単純な話ではなくなっている
のが実情なのだ、と何度かお聞きしました。


DSCN4469.JPG
西野地区に限った話ではなく、こうした伝統的なものの
歴史的な価値や意味合いを、この地域の担い手の中で
どのようにその価値を見出して受け継いでいけるのか、
いけないのか、その部分についてはその地区の人たち
にしか語れないものもあると思いますが、


DSCN4482.JPG
一方でこうしたお祭りなどの中で守られている
口頭伝承のお囃子とか、流れる文化というか…
無形文化財の多くは、
「よそ者目線」で見たときに、担い手になって
いる人たちのアイデンティティであったり、
唯一無二のものでもあったり…という価値に
も見えることも確かな事実だと思います。


DSCN4502.JPG
「夜の山車(だし)はライトアップされてきれいなのよ。」
と沿道に出てきていた地元の方がお話してください
ました。

DSCN4496.JPG
たしかに、日が暮れたあとで、
地域を練り歩く姿を見送りながら、
昼間にはなかった勇壮な姿と、


DSCN4500.JPG
お囃子の音色が、とても美しい
お祭りになっていました。

DSCN4497.JPG
こうした文化を守る人がいるからこそ、
みられる景色をこの日は間近で垣間見させていただきました。

DSCN4490.JPG
中町の皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございます。


☆くどう☆
本日(8/22)17時スタート!米山町西野地区の「風追い祭り」♪[2015年08月22日(Sat)]
cimg0663.jpg
【写真:登米市米山総合支所HPより】
本日8月22日(土)17時〜米山町西野地区の4つの地区
(三日町、十日町、新町、中町)の4つの地域で
300年以上も受け継がれて今日も変わらず行われている
「風追い祭り」が、本日今年の担当地域である「中町」の
集会所(元の交番、消防車の車庫があったところ)から
スタートします。

登米市HP「米山風追祭」
http://www.city.tome.miyagi.jp/hotnews/yoneyama/kzeoi.html



5 (1).JPG
先日、今年担当の「中町」の区長さんと、実行委員にも
なっている公民館の方々の許可をいただいて、お祭りの
練習風景をみせていただいてきました。
山車づくりから、お囃子まで、担当地域のみで行われる
そうです。
とよま町のお囃子や山車(だし)づくりとは違っている…。
でも、花の作り方が沿岸部のお祭りで見るものと
ちょっと似ていたり…そんなことを発見をしました。

8 (1).JPG
風追い祭りについては、お恥ずかしながら、
地域づくり計画のお仕事で携わって初めて存在を知りました。
登米市内には、各町ごとに、各種伝統行事、お祭りはある
ものの、数百年の伝統を持つお祭りに小さいころから関わる
機会がある、ということ自体、地域の宝〜!ということで、
このお祭りのご紹介です。

2 (2).JPG
今日は@とらがえしA風追い囃子の2つの演奏をするんだそう。
皆さん、小さい子どもたちも一生懸命に練習していました。
登米にいる私たちにとって「当たり前」にそこにある
伝統行事は、決してどこにでもある「当たり前」ではないの
ですよね。子どもたちのためにも残しておきたい文化、
ということで、西野地区ではこのお祭りを地域づくりの宝
の一つとしています。お祭りの詳細はまた後日…。
どの地域でも、少子高齢化に伴い伝統行事の担い手をどう
確保し、伝統を守っていくのか模索していますが、
まずその価値に若い人にも気づいてもらえるといいなあ、
との願いを込めて…本日は私も風追い祭りに初参加して
きます。
お時間がある方は、ぜひ、米山町西野地区まで足を
運んでみてください。

DSCN4457.JPG
そして、話がかわりますが、プラザの目の前では、

DSCN4458.JPG
「横丁盆祭り」の準備が
始まっています。最寄りの方はコチラも、
楽しんできてください〜♪


☆くどう☆
夏祭り!@NPO法人どんぐりの家[2015年08月12日(Wed)]
image-0001.jpg
本日12日(水)13:30〜登米市南方町にある
「NPO法人どんぐりの家」の夏祭りに参加してきました。

DSCN4444.JPG
この日は、NPO法人みやぎ身体障害者サポートクラブの
施設利用者さんがマイクロバスで栗原から来ていた他、
南方町内の近隣にお住まいの方々にもお声掛けをし、

DSCN4441.JPG
多大な支援を頂いている皆さんにも一緒に楽しんでもらうことを
目的として「夏祭り」を毎年この時期に開催しているそうです。


DSCN4424.JPG
代表の石川志穂子さんは、現在体調不良…とは言いながらも、
終日利用者さんやその家族、地域の方々とコミュニケーション
を図っていらっしゃったり、イケメン職員さんたちのMCで、
会場は終始盛り上がっていました。


DSCN4438.JPG
中でも、恒例となっている「長もち唄」の唄と演奏に合わせ
て利用者さんによる「花嫁行列」があって…

DSCN4430.JPG
花嫁と花婿は、本物?!と思ったら、
どんぐりの家の職員さんだった、ということで、会場からは、
これを待ってました、とばかりに、
歓声があがって、来場した皆さんから拍手が起こっていましたよ。

DSCN4454.JPG
その他にも、登米市や栗原など近隣で歌われている民謡や踊り
などのイベントを障がいのある方も無い方も、

B.jpg
かき氷のサービスで涼みながら、
イベントを楽しんでいらっしゃいました。

image-0001.jpg
どんぐりの家では、『一人一人の思いを大切に、住み慣れた
地域で楽しく暮らせる、その人らしい生活のお手伝いをさ
せていただきます』という理念の下で、近隣の病院などとも
連携し、安心して介護を受けられる体制づくりをしています。
「通所介護・介護予防通所介護」として登米市、栗原市、
大崎市などからも利用者を受け入れて「デイサービス」
を提供している他、施設内に「交流サロン」を設けて家族
からの介護に関する相談に対応したり、随時施設見学も
受け付けています。

IMG_1302-thumbnail2.jpg
どんぐりのデイサービスの特徴の一つ
として、生活介護の部門で利用者さんが育てている野菜や、
近隣農家から提供されている野菜を活用して、食事代を
無料で提供できているとのことです。
(写真は「どんぐりの家」活動ブログより)
https://blog.canpan.info/dongurinoie/daily/201506/25


DSCN4443.JPG
また、デイサービスとは別棟で、「障害者福祉サービス」
として「生活介護」「短期入所」「日中一時支援」も
行っています。

image-0001.jpg
今後の活動予定や、見学など、詳細は「NPO法人どんぐりの家」
までお問い合わせください。(TEL:0220-58-4243)
http://www.oasisnavi.com/categ=1/login_id=d066364/


☆くどう☆


「ビオトープとは?」登米市環境市民会議研修会[2015年08月11日(Tue)]
2015.5.26

毎年総会の後に開催されている
登米市環境市民会議研修会
DSCN3929.JPG

日本ビオトープ管理士会から
理事の大山弘子氏が
DSCN3936.JPG
「ビオトープとは?」という演題で
基調講演されました。

DSCN3941.JPG
ビオトープとは、生物空間、生物生息空間。
語源はギリシア語から、
bio(命) + topos(場所)という造語なのだそう。
生物がすむ場所や、環境とのこと。
あるいは、生物が住みやすいように
環境を改変することを指すこともあるそうです。

大山先生からは
身近に生えているいわゆる雑草の
名前をたくさん質問形式で
教えていただきました。

ただ、普段は
たくましく育ってくる雑草を
刈取りに追われるだけの
感覚で見ていましたが、

「えのころ草」や
「メヒシバ」など
こちらに図鑑がありますので
ご覧ください!
http://www.geocities.jp/wistariaphotography/weed.html
湿った場所や、乾いた場所
春夏秋冬、季節ごとに雑草は
育つために適した環境のところを
選んだかのように育つとのこと。
本当にその通りですね!

そしてもともと
日本にはなかった外来植物の話など。

民間団体での「ビオトープ」に関連する
様々な取り組みなどをご紹介いただきました。

DSCN3946.JPG
近年、気象の変化や
様々な理由で
生物多様性を保全するということの
難しさが問われています。

こちらは当日資料でいただいた
DSC05573.JPG
環境省東北地方環境事務所の冊子

こちらの裏表紙に
このようなことが書かれていました。

※「近年、町おこし等でといった趣旨で
ホタルやメダカなどを国内の他の地域から導入し
野外に放ち、定着させようとの活動が見られます。

しかし、これらの活動により、
新たに導入された地域では
もともと生息していたホタルやメダカとの交雑により
その地域固有の特性が喪失するなどの
問題が生じている例があります。

これらの行為は
本当の意味での『自然回復』や
『生物多様性の保全』とは
言えないのではないでしょうか。
みなさんも一緒に考えませんか。」
※「東北地方の外来生物」より抜粋

夏休みです。
お子さんと一緒に考える良い機会ですね。

(川久保)


多文化家族のための子どもの学校生活について学ぶ会2015登米[2015年08月09日(Sun)]
2015.8.9
日本語を母語としない子どもと親のための 
進路ガイダンス実行委員会の主催で
「多文化家族のための 子どもの学校生活について
学ぶ会2015 登米」が開催されました。

司会は、共催の宮城県国際化協会(MIA)から
大泉 貴広氏
DSC05699.JPG

同じく共催の「多文化ファミリー会とめ」から
小野寺正幸会長が「開会のごあいさつ」をされました。
「普段から聞きたいと思っていても
日常生活に追われて聞き逃してしまっている事を
ぜひこの場で解決してください、、。」
DSC05693.JPG

始めに小学校生活〜高校生生活
また、入試の制度などについても

それぞれのご担当から
説明は、ゆっくりわかりやすく、
さらに、
通訳が、言語ごとのテーブルにいて
サポートをしてくれていました。

タガログ語、韓国語、中国語、英語などです。
ガイドブックやアンケート用紙まで
それぞれの言語で用意されていました。

小学校、中学校は、登米市教育委員会
高校は、宮城県教育庁のご担当です。

写真は、中学校生活についてお話をされた
登米市教育委員会、学校教育管理監の
小野寺 文晃氏。
DSC05704.JPG
「中学校は、『親離れ子離れの時期』
お互いに気を使ってしまう難しい時期ですが
毎日は嫌がられても、たまには
『(学校の)お便りは?』などと
お便りをコミュニケーションの材料にして
お子さんに話しかけてみてください。」

「先生にも、朝の子どもの体調の様子
などでもいいですから
授業参観だけでなく、
積極的におはなしください。」
などのお話もありました。

ガイドブックの日本語部分の漢字には、
すべてひらがなのルビが記載されています。
DSC05700.JPG
皆さん、とても熱心にお話を聞かれていました。

DSC05702.JPG
過去の開催では、
参加者がとても少なかった年もあったとか。

登米市に長く在住されている方
また、周辺地域に住み始めた方など、
ほかには、当事者ではないのですが
国際結婚をされている方
そのお子さんらをサポートをしている方など
関心を寄せられる方々もあわせて

6つのテーブルに、
40名を超える方々が集まっていました。

関係者のみなさんの
お話の中にもありましたが
「この説明会の後も
ここでの出会いを生かして
より快適に日本での生活が送られるように
そのための一助にしてください。」
との事でした。

本当にそのとおりと思いながら
会場を後にするところで

「アンケートは、こちらです!」
子どもが集めていました。
小さなボランティアさんも
活躍していたのですね!

書ききれないことがいっぱいの
大変意義深い会でした!

(川久保)


第7回とめり場〜NPO&交流会[2015年08月05日(Wed)]
2015.7.29

第7回とめり場〜NPO&交流会〜
以前はNPO交流会というネーミングでしたが
実は今回ひっそりと?何かが変わっています。
DSC05358.JPG

そうです。
「NPO」と「交流会」という言葉を
「&」で結んだのです。
NPOさんの交流だけに留まらず、
興味のある市民の皆さんが
「出会える場」
「つながる場」
になってほしいということからです。

前回からは「テーマ」と「ゲスト」を迎え
交流+学べる会にもなっています。
少しずつ進化している「とめり場」を
ご紹介します。

この日の「ゲスト」は
DSC05604.JPG
NPO法人Azuma-re(栗原市)千葉和義代表

「テーマ」である
会議や講座、イベントなどで役に立つ
「何気ないアイスブレイクの使い方」について
DSC05586.JPG
またNPO法人アズマーレさんとしての
活動についても、ご紹介いただきました。

こちらの写真は
DSC05601.JPG
「アイスブレイク」で自己紹介をしているところです!

「とめり場」や、とめプラザの事業に参加は
「全く初めて」という方も
何人かいらっしゃいましたが

おかげさまで
「何気なく打ち解けてしまいました!」
とアンケートにもいただきました。

もっと知りたい方は、
「アイスブレイクの本」というのもあるそうです。
例えば会議に集まるメンバーによって
使う「アイスブレイク」を選びましょう。
という千葉講師からのアドバイスも!

「場」をなごませるだけでなく
頭の回転がよくなったりもしそうです。
「もっと、いくつか実践してみたかった!」
という声もいただきました。

DSC05605.JPG

第7回でしたが
嬉しくも「ドッキリ」したのは、
前日にたくさんの方が
とめ市民活動プラザに見えられ
「今回参加できないので」と
ごあいさつやら、
野菜の差入れなども多々ありました。

何人もの方々が
この活動を応援して下さっている
ということを改めて実感いたしました。

参加者の皆さん、そして
気に留めてくださる皆さんにも
心より御礼申し上げます。

「何かが身につく」「実がなる」場を、
今後とも提供していきます。

また会いましょう!「とめり場」でぴかぴか(新しい)

(川久保)
「戦後70年」子々孫々まで不戦を誓う「戦争語り部のつどい」[2015年08月04日(Tue)]
2015.8.1
登米市歴史博物館 旧亘理邸で、
「戦争語り部のつどい」が開催されました。

DSC05617.JPG
写真は、主催の登米市遺族会、
関 嘉基会長のご挨拶です。

DSC05622.JPG
戦禍と不戦の誓いを肉声で次の世代へ

DSC05620.JPG
登米市内に住む戦争体験者や関係者による体験談を
聴講し、平和の尊さを改めて感じるという機会ですが、
「戦後70年」という現在
体験者の生の声を聴くということが
大変に貴重であり、希少な機会でもあります。

本日語り部として登場していただくはずであった
故佐藤勝志氏の「ガダルカナル島撤退追憶記」
DSC05625.JPG
手元に資料として、頂きましたが、
ご本人のお声を聴くことは叶いませんでした。

DSC05630.JPG
司会の星 勲氏により
会場の皆さんと黙とうをしました。

最初の登壇者は、佐藤栄さん(94才)
昭和17年、ベトナムで前線にたった現役兵の経験者です。

所属した陸軍では「行軍」と言って、
敵を追及するという役割があったそうです。
戦場とは、銃剣を持って戦うばかりでなく
「行軍」のその過酷な状況。
「食糧難」「病」に倒れ亡くなる方のいかに
多かったことなど、お話しされました。

DSC05639.JPG
後藤忠衛さん(79才)
昭和17年新京(長春)の小学校に入学。
終戦を北朝鮮の平壌で迎え、
引揚げの途中母親を亡くされました。

DSC05642.JPG
高橋正勝さん(72才)父親が昭和20年、
フィリピンミンダナオ島で戦死された戦争遺児。
戦没地を慰霊訪問された体験談です。

DSC05624.JPG
故佐藤勝志さんの達筆な自筆で
平成13年に、書かれている追憶記。
「永久に忘れないあの湾の出発地を
宇品湾と周囲の山々の風景を」
と最後に書かれています。

ご本人にしかわかりえない
語りつくせないほどの
つらい経験がそこから、
あったに違いない。

今の私たちには
想像もできないことであっても
ただ決して忘れてはならない戦争
「繰り返してはならないことだよ」と

勝志さんが語ってくれているように
感じるのは自分だけだろうか。

8月30日まで、登米市歴史博物館では、
「戦争と暮らし 資料で振り返る戦中・戦後」
(同館主催)も開催している。

(川久保)


今日からH27年度第6期「OH!TOMEカフェ」の5回連続講座が始まりました[2015年08月01日(Sat)]
15 (2).JPG
本日から始まった登米市主催の5回連続講座、
第6期女性リーダー養成講座「OH!TOME(おとめ)カフェ」
に参加させていいただきました。
「自分の新しい可能性を見つけたい」
「地域の一員として何か行動したい」
そんな女性たちを募集対象としています。

17 (1).JPG
この講座は、男女共同参画社会づくりの推進役となる
女性リーダーを育成し、

image-0001.jpg
男女共同参画の視点に立った、
地域活動の推進及び女性の積極的な意見を取り入れた
まちづくりを推進するため、
女性のエンパワーメント(エンパワーメントとは、
「力をつけること」、政治・経済・家庭などの
あらゆる分野において、自分で意思決定し、
行動できる力をつけることをいいます。
〜市民活動支援課資料より)向上を目的として開催
するものです。

13.JPG
本日の先生は「第一印象研究所」の代表 杉浦永子氏。
この日は「コミュニケーション活用講座〜楽しみながら
自分を知ろう」ということで、コミュニケーションカード
(有限会社アライブ・ワン)を使ったワークショップを
体験しました。

蜀咏悄 2.JPG
自分のコミュニケーションの癖や特徴を学んだり、
それを生かしたコミュニケーションの在り方や
特質をグループごとにシェアしたりしながら、
「取引先に○○のタイプが居たら…」どう接客すると
売上が上がるか、コミュニケーションがうまくいくのか、
など具体的な話も聞きながら、
楽しく学ぶことができました。

蜀咏悄 6.JPG
その他にも、非言語コミュニケーションとなる
表情や立ち居振る舞い、挨拶の仕方なども学び
充実した研修になりました。


☆くどう☆
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人とめ市民活動フォーラムさんの画像
NPO法人とめ市民活動フォーラム
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/tomepura/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomepura/index2_0.xml