CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とめ市民活動フォーラムのブログ
« 北方地区ゲートボール大会開催@北方公民館 | Main | カフェ アズマーレで〜NPO法人あずまーれの取組み(栗原市)〜 »
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「第3回国連防災世界会議」を振り返る 「女性防災リーダー」フォローアップ研修から[2015年05月02日(Sat)]
2015.4.25
「第3回国連防災世界会議」の振り返りと
活動情報交換会

昨年度 「NPO法人イコールネット仙台」(仙台市)共催で
登米市では「Oh!Tomeカフェ女性防災リーダー研修」が
開催されました。
参考↓
https://blog.canpan.info/tomepura/archive/217
今回はそのフォローアップ研修として参加しました。

ここは仙台市男女共同参画推進センター
エル・パーク仙台
DSC04942.JPG 

セミナーホールです。
DSC04943.JPG

各テーブルの様子。
女性リーダー研修会ならではの工夫。
茶菓子のチョイス、入れ物は折り紙。
細やかな楽しさがたくさんのテーブル。
DSC04947.JPG

普段、雑草として見過ごしていた花が
各テーブルごときれいに飾られて
緊張の面持ちの私に、初対面の参加者から
「これは、踊子草っていう名前なのよ」
と会話のきっかけも生まれました。

DSC04950.JPG
プログラムまで花のカットが入った手作り風。

7つのテーブルに約50名近い女性が集合
登米市からは、8名参加しました。

1部は
減災と男女協働参画研修推進センター(GDRR)
共同代表 池田恵子氏 浅野幸子氏による
「第3回国連防災世界会議」の振り返り

過去10年間の国連防災会議が
異例ともいえる3回とも日本開催であったこと。
日本政府の意気込みでもあるが、
実際の内容は、どうか。

日本は阪神淡路大震災
東日本大震災など
大きな災害による被害をこの10年間の中でも
多く経験してきた。
DSC04964.JPG

第1回横浜開催の「横浜戦略」採択では
ぼうさいに女性や社会的に不利な集団の参加を
奨励

第2回神戸の「兵庫行動枠組」採択は
あらゆる政策リスク管理の政策
計画の決定過程にジェンダー視点を

第3回仙台の「仙台防災枠組」では
奨励や、視点を取入れる(インプット)から
リーダーシップを発揮する人(アウトプット)へ、
一歩進んだ。

すべての政策や実践に、ジェンダー、年齢
障がいや文化の観点を含め
女性と若者のリーダーシップを高める

これまで発言権がなかった
被災者=守られる立場
としてだけでなく

ーダーシップを発揮する人として
女性や若者たちを位置づけた。

とのことです。

実際は、課題もまだまだ残ったと。
政府が動くのを待つより
自分たちでできることを考え
私たちは実践していこう。

などのお話をいただきました。

第2部は、女性防災リーダー活動報告として
NPO法人まぁむかた(岩手:陸前高田市)
NPO法人参画ぷらいにんぐ・いわて(岩手:盛岡市)
登米市市民活動支援課(宮城:登米市)
女性防災ネットワーク(宮城:仙台市5地域の団体)
の発表がありました。

登米市のメンバーも昨年度の研修会の報告を
内容を手分けし、一名づつ発表。
DSC04956.JPG

第3部は交流会
DSC04961.JPG
あっという間に時間が過ぎました。
仙台、岩手の団体の皆さんから
多くの刺激をいただきました。

登米市でも
実践できることを活かしていきたい。
また、各地域から集まった皆さんと
少しまたつながりができたことも
有意義な研修となりました。
関係者の皆さんすべてに御礼を申し上げます。

主催:特定非営利活動法人イコールネット仙台
http://equal-net.jimdo.com/

(川久保)






















この記事のURL
https://blog.canpan.info/tomepura/archive/255
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人とめ市民活動フォーラムさんの画像
NPO法人とめ市民活動フォーラム
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/tomepura/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomepura/index2_0.xml