CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とめ市民活動フォーラムのブログ
« おらほの平筒沼写真展☆1/28日まで開催中! | Main | 月刊ゆるる200号創刊記念〜基調講演&パネルトーク☆ »
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
生物多様性シンポジウム〜いのちにぎわう里づくり〜[2014年01月26日(Sun)]
テーマは
〜自然の創造から地域づくりへ〜

「自然に学ぶ未来へのヒント」
1月25日土曜日、迫公民館で開催されたシンポジウムに行ってきました!

主催:登米市
企画実施:市民生活部環境課

多くの方で賑う会場
布施市長のごあいさつにはじまりました。
第1部は、岩手県立大学名誉教授
東北鳥類研究所所長であられる
由井 正敏氏
DSC02696.JPG

イヌワシが舞い、ガンが飛来する登米市


皮切りは、登米市のはなしです。

平成26年度の策定に向けて
平成24年度から登米市では、
生物多様性とめ戦略検討委員会を
設置しています。

検討委員会で分けられる
市内の三つのエリアと→課題は、

北上川の東側を
「人と森の共生エリア」
→山の適切な管理が低下し、荒れている。

市中心部
「人と農の共生エリア」
→ネオ二コチノイド系農薬などの問題
トンボやカエル、カマキリなど
生き物が減少。

市西側を
「人と水辺の共生エリア」とのこと。
→沼などの渡り鳥の排泄物や
ハスの腐食などによる水質の悪化。
ブルーギルやオオクチバスによる
在来種の絶滅のおそれなど。

野鳥と森林の危機
小鳥やイヌワシとの共存と題し

由井氏のお話は、
1970年代から40年間にわたる
野鳥などの縄張りや数の返還を
わかりやすい表で表したものから
丹念に説明がされ、
〜中略〜
スクリーンには、
2012.10北上高地で撮影された
カモシカ幼獣を運ぶイヌワシの
雄大な姿が映し出されました。

この事はとても
感動する出来事とのことでした。

まったくといって良いほどブログには書ききれませんので
ぜひ由井先生の
詳しくわかりやすい
イヌワシのあれこれ。
こちらをクリック↓ください。ステキな写真つきです!
http://www.tokanken.jp/?page_id=49

つづいて第2部講演は、

NPO法人
里の自然文化共育研究所
菊池良麿理事。
DSC02687.JPG

生き物にぎわう森里川海づくりを目指して

菊地氏のNPO法人は、
長野に事務局本部を置き、
山形支局は、
菊地氏が主に活動している
つるおかユースホステル内です。

研究所は、
森さと川海資源を生かす生業の
知恵と技術から学び、
伝統を革新的に受け継ぎ
生かしていくことで、
環境の保全と次世代への伝承を
目指しているそうです。

↓詳細は、ごらんください!
http://homepage2.nifty.com/dega-web/

第3部は、フリーディスカッション

ファシリテーターに
呉地 正行氏
日本雁を保護する会会長(左)
DSC02694.JPG
事例発表
NPO法人 日本の森バイオマス
ネットワーク事務局長 唐澤晋平氏(右)

キコリ養成講座などを実践している
日本の森バイオマスネットワーク
の取り組みは
↓こちらをご覧ください!
http://jfbn.org/

コメンテーターは
先ほどの由井先生と菊地理事。

会場からは、質問や提案など
寄せられました。

提案の中には、
イヌワシの英語は
ゴールデンイーグルス

と言えば
「保護策に、あの企業の支援は?」
という斬新な提案も!

時間をわすれてもう、4時15分。
終了となりました。

ここからは、
筆者の、ぼやき(すみません)です。

何気ない自然と思っている風景のなかで
人間が引き起こした
さまざまな問題が
進行しているのだ。

問題を知ることで、
これからは
また一つ、観る目がかわる。

これは研究者の問題だけでなく
私達一人一人が
考える目を持つべきなのだ。

と、あらためて
気づかされました。
長くなりました。
ありがとうございました。

(R。K)

タグ:生物多様性
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tomepura/archive/141
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人とめ市民活動フォーラムさんの画像
NPO法人とめ市民活動フォーラム
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/tomepura/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tomepura/index2_0.xml