• もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【イベントレポート:8月20日(日)親子で探検森歩き〜秘密の滝】 | Main | 【イベントレポート 10月9日(月祝) 『心身ととのう森林浴ツアー』】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【イベントレポート:9月30日(土)-10月1日(日)親子で木登りキャンプ〜森のレスキュー隊】[2023年10月01日(Sun)]
9月30日(土)〜10月1日(日)、国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピー体験イベント『親子で木登りキャンプ〜森のレスキュー隊』を開催しました。参加者は一般10家族28名、スタッフ11名。この活動は、山口県森林づくり県民税事業の支援を受けて実施しました。お日様の下は夏の暑さ、木陰は秋の涼しさ。集合後はオリエンテーションをはさみ、もくもく体操で身体をほぐしました。@.jpg家族で協力し合ってテントを立てたら、森遊びタイムです。A.jpg『ツリークライミング体験』初めて挑戦する人も多く、すっかり気に入ってロープを変えながら何度も挑戦する人も。中には樹上で女子トークが盛り上がり、ツリークライミングをきっかけに友達になる参加者も。B.jpg『スラックライン』スリル満点、コツを掴めば遊び方はいろいろ。楽しみながらバランス感覚と体幹が鍛えられます。C.jpg『木のカトラリーづくり』5種類のキット(おとな箸・こども箸・スプーン・マドラー・木べら)からチョイス。素材はヒノキで「香りに癒される〜」。ワイワイお喋りしながら手を動かす人、没入して黙々と体験する人(特にお父さん)、様々でした。D.jpg『森の絵本コーナー』スタッフが厳選した長く読み継ぎたい絵本の数々。それぞれが手にとって、暗くなるまで楽しまれました。E.jpg『薪割り体験』キンドリングクラッカーという薪割台を使います。木がパコッと割れる音が楽しいのか、子ども達は割る木がなくなるまで焚き木づくりに没頭していました。F.jpg夕方からぱらりと雨が…。その後は霧雨が降ったり止んだり。森遊び終了。ミーティングのあとそれぞれで夕食。大浴場に移動して20時までに入浴を終えました。夜は今回導入した大きな焚き火台で『焚き火体験』。G.jpg火のまわりには自然と人が集まって、家族同士が交流したり、焼き芋を作ったり。22時に就寝となりました。2日目は晴れ。6時起床。身支度を整え朝食タイム。8時から『樹木ツアー』で会場を移動します。各スポットで樹木医さんから森や樹木のお話がありました。H.jpg森を抜けると、癒しの森のシンボルツリーが見えてきました。ここで『クヌギの樹勢回復プロジェクト』。I.JPG樹勢の弱まった2本のクヌギをレスキュー!具体的にはクヌギの周りに穴を掘り堆肥と肥料を埋め込みます。固く締まった土を人力で掘るのは困難を極めつつも…、J.jpgいろんな道具を使って掘って掘って…、K.jpg堆肥と肥料を入れて穴をふさぎ、地面をポンポン均します。L.jpg頑張って70個の穴を掘ることができました(パチパチパチ・・・)。その後テントを片付けて閉会。人が森に親しむだけでなく、みんなで協力して森のために活動する。「癒しの森のシンボルツリーが来年の芽吹きの季節を元気に迎えられますように」との願いを込めたこの企画、来年も内容を一新して実施する予定です。ご参加の皆様、ご協力をどうもありがとうございました。またお会いしましょう!M.jpg

Posted by 松本 at 22:40 | イベントレポート | この記事のURL

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/634

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド