CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【イベントレポート 10月25日(日)センスオブワンダー★秋の森遊びツアー】 | Main | 【ふるさと徳地連載 森のことこと〜毛利藩モミ林〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【イベントレポート 11月8日(日)狗留孫山健康登山〜観音信仰の足跡巡る里山歩き〜】[2020年11月08日(Sun)]
森林セラピー山口で活動する森の案内人が、健康のために山に登ろう!を合言葉に企画・実施する森林セラピー健康登山、コロナ禍で、実施の方法等検討を行い、11月から本格再開です!

今回は、徳地地域交流センター集合で「狗留孫山健康登山〜観音信仰の足跡巡る里山
歩き」の開催です。参加者・スタッフとも定員に制限を設け、今回は一般9名、森の案内人6名の合計15名での催行となりました。

1.jpg

参加者をお迎えしながら皆さんのワクワクした気分が伝わってきました。
班ごとで挨拶・準備体操を済ませて出発。
15分ほどで法華寺(旧金徳寺)に着き、歴史など由来のご紹介をしました。

DSCF3277.jpg

登山口からは、道すがら狗留孫山のお話に加え、木々が発するフィトンチッドの効果、
樹木について、お話しして、木の幹に耳をあてたり、じっと耳を澄ませたり・・。

DSCF3282.jpg

奥の院までは十八丁あり、一丁109mごとの丁石を通過しながら、
紅葉と青空を愛で、途中は落葉したタカノツメの甘い香りに包まれました。

10.jpg

御詠歌の石碑など、それぞれの説明を丁寧に行いました。
小道具も準備したり、入念な下見に頭が下がります。

14.jpg

奥の院に到着すると鮮やかな黄色のイチョウが出迎えてくれました。

DSCF3283.jpg

神社の横のイチョウは防火の願いが込められているとか。

DSCF3285.jpg

奥の院を出発し、紅葉したカマツカやウリハダカエデを楽しみ、展望が開けた場所で
山座同定。

DSCF3286.jpg

各班ほぼ予定通りに狗留孫山山頂(510m)に到着しました。
ほどなく広島山の会一行も到着されて下山までご一緒することに
(山頂は広くて密になることなく休憩できました)。
休憩後は各班時間差で下山を開始。

DSCF3287.jpg

「悪人戒めの岩」、善人しか通れないとか・・、心当たりがあるわけではありませんがなぜか盛り上がります。。

24.jpg

靴が合わず、歩きづらさを感じられた参加者への対応も、登山経験方法なメンバーが助言し、全員でペースを合わせ助け合って無事下山。

28.jpg

甘酸っぱいコバノガマズミで気分転換し、帰着後は、整理体操や疲労回復に効くツボ
の紹介を行い、笑顔でお見送りとなりました。

31.jpg

ようやく再開できた健康登山部会のイベント。
常に声が届く距離感でのご案内にそれぞれが手ごたえを感じる一日となったようで
す。

この日の様子は森の案内人 かずさんがYAMAPに投稿されています。記事はこちら

Posted by 松本 at 22:27 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/555

コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド