CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【イベントレポート 11月15日(日)親子で木登り体験】 | Main | 【本日申込締切 12月6日 火ノ山連峰健康登山〜なんだ坂こんな坂の稜線歩き〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【イベントレポート 11月22日(日)滑山国有林、巨樹・巨木探訪ツ アー】[2020年11月22日(Sun)]
11月22日(日)、9時30分よりふれあいパーク大原湖集合で、「滑山国有林、巨樹・巨木探訪ツアー」が開催され、一般18名、スタッフ9名が参加しました。
今回は、イベントで訪れるのは本当に久しぶりの毛利藩モミ林、巨樹・巨木エリアのなかでも最も言葉を必要としない森、訪れた方ならわかってくれるそう言う森です。


IMG_3857.jpg

受付後は各班別に移動開始し、現地駐車場からゆっくり歩き始めました。

IMG_3864.jpg

往路は密成林道のフユイチゴやクロモジなどを楽しみながら適宜小休止。

IMG_3875.jpg

曇天の中、時折晴れ間がのぞき、木洩れ日に包まれるひとときもありました。

IMG_3876.jpg

4つの班はつかず離れずの距離をキープし、11時15分ごろから毛利藩モミ林に到着。
ゆっくりと林内を散策する時間をとりました。
その場にいるだけで荘厳な雰囲気に包まれ、「別世界のようだ」と言われる方もありました。

IMG_3878.jpg

巨木に抱きついたり、ちょっと引いて景色を鑑賞したり、

IMG_3889.jpg

樹皮を覆うコケを下から覗き込んだり(そこにも森の景色が!)、楽しみ方や感じ方は人それぞれ。

IMG_3879.jpg

その後、各班好きな場所で昼食をとりました。

IMG_3886.jpg

12時過ぎには雲が一段とどんよりとなり、後ろ髪をひかれつつ、モミ林をあとにしました。

↓今回は立ち寄りませんでしたが、実は今回の遊歩道の途中には、地域の方により大切にされていた「密成観音」がおられます。
道無き道なきので、オススメ出来ませんが、なるほど、観音様にふさわしい素敵な場所です!

IMG_3847.jpg

13時30分には現地駐車場に帰着・班別に閉会。
ふれあいパーク大原湖まで先導して戻り、散会となりました。

IMG_3896.jpg


終了後はポツリポツリと雨が…、解散後はしとしと雨になり、無事に終了できてひと安心です。

毛利藩モミ林、モミの人工林は全国的にも珍しく、200年以上前に、なぜ毛利藩がこのモミを植えたのか・・・。
と言うことは、はっきりたずねあたらなかったのですが、200年を超えて生きているその存在は、動いたり、歩いたりしなくても、大きな生命がそこにあると言うことを感じさせます。
私たちも、また何度でも訪れたいと強く思いました。

1.5キロばかりの登り坂は、ちょっとハードかもしれませんが、考えようによっては、格好の足の運動、有酸素運動になります。
清々しい森の空気を吸いに、滑山国有林、巨樹・巨木エリアを訪れてみたい方は、ぜひお尋ねください。

Posted by 松本 at 23:53 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/551

コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド