CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【参加者募集 8月30日(日)子どもの森づくりとツリークライミング体験】 | Main | 【8月23日(日)森林環境整備活動を行いました】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【8月22日(土)窮屈なヒマラヤスギを救出しました!】[2020年08月23日(Sun)]
山口市徳地森林セラピー基地の森の案内人の活動拠点「森林セラピー山口
」。
開設以来、たくさんの人にお越しいただいていて、中でも、山口県森林環境サポート事業の助成事業を活用してみんなで作ったウッドデッキは、居心地が良いと大人気。

ですが、最近ちょっと心配があって・・。
実は、木の成長が予想以上に今でもぐんぐん大きくなっていて、開けていた隙間が埋まりそうになっっていたのです。

そこで、チェンソーに心得のある森の案内人Aさんにヘルプをお願いしました。

200822asa1.jpeg

まずは、丁寧に部材をバラしていきます。

200822asa3.jpeg

さて、どこがあたっているか、上から下から目視で確認。

200822asa6.jpeg

装備を身につけ、いよいよ切断作業開始!

200822asa7.jpeg

作業はまさに真剣そのもの!

200822asa4.jpeg

これだけ開けば、もう数年は大丈夫!

200822asa5.jpeg

大きなチェンソーに持ち替えて、今度は、デッキの上面と根太を一緒に切ります。

200822asa8.jpeg

きれいなカーブ、こうしたことができるのが木材のいいところ。

200822asa2.jpeg

シンボルツリーのヒマラヤスギ、こうして窮屈な状況は無事に解消。
それにしても、十分な余裕を持っていたはずなのに、樹木ってもう大きいのに、さらに大きく育つのですね。

森の案内人Aさん、ありがとうございました。
森林セラピー山口では、こんな多彩な森の案内人さんが、皆様をお待ちしています。
もちろん、ヒマラヤスギも皆様をお待ちしています。

ぜひ、森の案内人との森林セラピーガイドツアーにお越しくださいませ。


Posted by 松本 at 15:48 | 場所づくり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/532

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド