CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【6月18日(木)山口新聞「自粛明け 森林セラピーの出番」掲載】 | Main | 【6月27日(土)山口新聞東流西流〜森の案内人藤井朝子さんのコラム〜いつまでもずっと】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【6月20日(土)山口新聞東流西流〜森の案内人藤井朝子さんのコラム〜子どもたちと森歩き】[2020年06月21日(Sun)]

いつもお世話になっている山口新聞さんの東流西流に、森の案内人藤井朝子さんがコラムを執筆、
6月20日(土)に掲載された今回8回目、タイトルは「子どもたちと森歩き」です!

5月2日から毎週土曜日、9回にわたり、藤井さんの文章が掲載されます。
最終回に向けて、少しずつ熱を帯びてきました!

山口新聞のページはこちら(全文を読むには別途会員登録が必要です)

山口新聞本誌をご覧になれない方は↑のウェブページをぜひご覧ください。

IMG_1946.jpeg

本日の来訪者は幼稚園児と保護者と職員で総勢40名様。
国立山口徳地青少年自然の家の敷地内にある「長者ケ原エリア」駐車場でお迎えす
る。

どんな子どもたちに会えるかなあ。楽しみであり、不安もちょっぴり。
全員集合したら、あいさつと案内人の自己紹介、注意事項、準備運動と進む。

子どもたちはソワソワ。目がキョロキョロ。
これから始まる何かに興味津々。自分の子どもの頃と重なる。
臆病者のクセに何でも見たい。触りたい。

目線が低いので、大人の私たちが見落とした物に気付く事も多い。
手にしたビニール袋や虫カゴがどんどん収集物でいっぱいになる。
虫を追っかける子、葉っぱを集める子、石ころでも何でも拾う子。
体中が触覚である。ぐんぐん歩く。

話しかけてくれた男の子「ねえ、ズボンに何かいっぱいついちゃった」
見るとひっつきもちと言われる草の実が見事にくっついている。
さっき、道をはずれて草むらを歩いた時にくっついたのだろう。
両手で払ったぐらいでは取れない。

もう別な事に興味が移ったらしく坂道を元気良く歩いている。
危なくないよう見守りながら歩いて行く。

草すべりも楽しかったね。
いっぱいの元気をありがとう。今日の体験を忘れないでね。

Posted by 松本 at 00:36 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/524

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド