CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【参加者募集:12月15日(日)焚き火のお茶会&師走の探鳥ツアー※申込不要】 | Main | 【イベントレポート 12月15日(日)焚き火のお茶会と師走の探鳥ツアー】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【ふるさととくぢ連載〜森のことこと〜暮らしに息づく森林文化〜】[2019年12月11日(Wed)]
徳地地域づくり協議会さんが発行されるふるさととくぢの連載、森のことことは今回が9回目。

ふるさととくぢは、地域の人に一軒ずつ配布される地域の広報紙です。
毎月、皆様に徳地の森のことをお届けします。
※12月号はコチラ

毎回160文字の限られたテキストですが、
とっておきの森と、ささやかなエピソードを添えて、地域の方がちょっと誇らしく思ってもらえるように徳地の森のことを紹介します。

第9回は、「暮らしに息づく森林文化」です。

山口市徳地は、東大寺再建の故事によらずとも、広大な森林面積を有し、ほんの数十年前まで、多くの方が、森林・林業に携わっていました。今では、林業を生業とする方は少なくなってしまいましたが、年配の方の中には、子どもの頃に苗木を植えた人、お父さんやお母さんが林業に携わっていた方は多くあると思います。

かくいう私も祖父が山仕事をしていたり、炭鉱の杭を出していたと聞いたことがあり、晩年は炭焼きをしていたことが記憶の片隅に残っています。
例えば秋、息が白くなると松茸が出るということを、誰もが知っていて、示し合わせて、気のおけない仲間と山に入るということは、本当に自然な事でした。

当たり前のように、山に入り、その素材を用いてお正月飾りを作る、というのは、いわれや物語というよりも、祖父の父、祖父の祖父やそのまたずっと昔から受け継いできた当たり前の事のひとつかもしれません。ですが、ほとんどの人にとって、こうした森林文化に触れることは、特別なことになりつつあります。

ともすれば失われがちな、当たり前の中のいわれや伝承、ちょっとした物語を、こうした機会に見つめなおすことは、それこそ穢れを遠ざけ、清々しい新年を迎えるのに、ふさわしいことだなと思うのです。


morinokotokoto1912.png

Posted by 松本 at 22:24 | ふるさととくぢ連載〜森のことこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/497

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド