• もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森の案内人について五つの質問 その2 中村さん】 | Main | 【森の案内人について五つの質問 その4 角田さん】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森の案内人について五つの質問 その3 国清さん】[2019年05月10日(Fri)]
森林セラピーとは、森の持つ癒し効果を人間のココロとカラダの元気づくりに活かそうとする取り組み。そこで重要な役割を果たすのが、ガイドやインストラクターとしての役割を果たす森の案内人です。

山口市では、令和元年、第9期となる森の案内人の養成講座を開講します。
6月から始まる養成講座を前に、すでに森の案内人として活動しているメンバーに、五つの質問を通じて、森の案内人の活動の意味や価値、やりがいや活動の具体をご紹介できればと思います。

第3回は、森の案内人国清英子さんです。

養成講座3日目 (8).JPG

(1)国清さん流の森の案内人活動とはどんなものですか?

 おそろいのユニフォームを着て、イベントのスタッフとして気負わずにボランティアをするイメージで活動しています。

(2)森の案内人になって良かったこと・森の案内人になってからの自分の変化を教えてください。

 あえて自然の中に入ることで、四季の変化や移ろい、昔の人との繋がりを感じます。森の中で、「今」を楽しむことができるようになりました。

(3)これまでで一番の思い出、エピソードがあれば。

 近隣の森林セラピー基地との交流から、山口市の森林セラピー基地のオリジナルな良さを再確認しました。また、森でのヨガやお灸体験では自分の体を癒して労う知恵をいただきました。
 学生時代の友人が遠方より来られた時は、ともにセラピー基地で時間を過ごして喜びを分かち合い、思い出をつくれたことが印象深いです。

(4)森の案内人養成講座をどんな人にオススメしたいですか?

 健康、自然、植物、山などに興味のある方、好きな方。地域や山口県をもっと心豊かに、と望む方におススメしたいです。

(5)参加を考えておられる方に一言アドバイスをするとすれば・・。

 令和元年の新しいスタートに、共に一歩を踏み出しましょう。
 疑問や迷いなどがあれば、(一社)もりとわの担当者がやさしく答えてくださると思います。考え中の方は、(一社)もりとわまでお問い合わせをしてみてくださいね。 

森の案内人養成講座は、6月1日・2日、2月9日の三日間。
講師は特定非営利活動法人 ひろしま自然学校 志賀誠治さんです。
間の期間で、国清さんを含むメンバーでフォローアップをしていきます。

申し込み締め切りは、5月21日(火)です。※延長しました。
詳細は、森林セラピー山口のホームページを参照ください(←クリックしてね)

Posted by 松本 at 22:08 | 2019森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/465

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド