CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【前日準備:いよいよ明日は小さな森カフェ、森に来て、森から帰る一日】 | Main | 【8月7日:森のがっこう〜いのち育む森】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【7月31日:小さな森カフェ開催しました】[2016年07月31日(Sun)]
2016-07-31 10.20.52.jpg

森の案内人は、お客さまから森林散策の希望を聞き取り、希望に見合ったコースを提案します。


2016-07-31 21.24.46.jpg

こちらは、滑川奥を訪れたグループ。昼食会場は紅葉谷。
このグループ、面白いを連発しながら帰ってこられました。
このご案内の詳細は森の案内人ガクさんのガクの山遊びと徒然帳(外部リンク)がいいかも


2016-07-31 10.41.38.jpg

屋内では、森のお灸体験。広島からすみだ鍼灸院角田先生。
今回はハルちゃん不在で、ちょっぴりさみしそうでしたが。
でも、たくさんの方にお灸の説明と体験を提供されていました。
(ほんとにたくさん。案内人さんの膝痛対策とかわりとあったような。)

2016-07-31 14.12.30.jpg

拠点づくりワークショップの会場はこちら。
ディスプレイを兼ねた、完成途中の黒板の部屋。
そこで黒板塗り塗り、カウンターすりすりのワークショップを展開します。

2016-07-31 16.46.55.jpg

担当は案内人Mさん。施設の完成青写真を説明して、
ときに自分で塗り、ときにスタッフに協力を頼み、
なんとか予定の作業量をやりきる、と言ってました。
こちらが説明の黒板〜。

2016-07-31 12.10.22.jpg

二人の子どもたちが塗り塗り工房に挑みます。
小さな弟ちゃんが、塗り塗りするのを、お兄ちゃんがフォローするというか。。

2016-07-31 12.13.44.jpg

なんとか真黒な黒板になりました。
次に来られるときには、一緒にチョークで絵を描こう、なんてね。

2016-07-31 12.48.52.jpg

拠点づくりワークショップの協力のお礼は、手作り缶バッジ。
弟ちゃんは、手作りのスライムを缶バッジにして、このご機嫌。
これ、当たり前ですが、世界に一つです。

2016-07-31 10.41.55 HDR.jpg

すりすりワークショップ。
この分厚い板は、旧徳地町時代に立ち枯れた街道沿いの松を製材していたもの。
いろいろなところに使った残材ですが、今回、地元製材所によい部分の製材を頼みました。
森の案内人で虫食いや、朽ちた部分を落として、ちいさなカウンターとして蘇らせようという企画です。
案内人Sさんのすりすりが、やがて小さな場所になります!

2016-07-31 12.57.39.jpg

会場は、来訪者に加えて、森の案内人のほか、森林セラピーボランティアスタッフ、元地域おこし協力隊北川さん(南大門)など、みんながシンボルツリーのヒマラヤ杉を囲み、何とも温かな雰囲気、今回、19グループが森歩きを楽しみました。

前回開催(2月)から考えると、来訪者は少ないものの、2倍以上の件数の森歩き参加をいただきました。一人参加も多かったのが今回特徴的です。
少しずつ、行き届いてきた部分もあるのかも、と思っています。
なんとこの場でのボランティアスタッフ参加申し出もいただき、うれしく思いました。

2016-07-31 14.12.20.jpg

急な夕立に、みんなテントの下に避難。
でも夏の雨、気温がすっと冷えて、嫌な気分じゃない。

この小さな森の小舎の傍ら、
小さな場所だけど、森の場所だし、道路のそばだし、なんというか安心感があります。
実はボランティアスタッフの中には、ここを学び舎として、卒業した方もあり、ちょっとした物語を感じたりしました。

森林セラピー山口の森の案内人が企画立案した、ちいさな森カフェ、ほかにも「保健師さんヘルスチェック」「森のヨガ」「ゴロゴロクールダウン」など、体験メニューがありましたが、写真にとれなかったりしたので、↓の森の案内人やってますさんのアルバムなどご覧ください。

みんなで作る森の小舎、ここが森林セラピーを表すどんな場所になるのか、
また、人と森と地域の元気をはぐくむライフスタイルを提案し、
すこやな暮らしのよりどころになっていけばいいなあ、と思っています。

ココをはじまりの場所、ココを帰ってくる場所とした、企画やコースがたくさん生まれてくればいいなあと思います。もちろん、ウェルカムドリンクは、徳地の健康野草茶で。

山口市徳地の森、ココから始まるすこやかな暮らしのカタチ、小さな一歩が踏み出されたような気がしませんか?


皆様の森歩きをお待ちしています。
春でも秋でも、猛暑でも、おススメのコースをご紹介できますので、この夏ならではの森歩き、ぜひ一度体験してみてください。
詳しくは0835-52-1122 徳地農林振興事務所へお尋ねください。



森の案内人Tさんによる「森林セラピー山口で案内人やってます」のページでいっぱい写真が紹介されています。




この日はお隣広島県安芸太田町森林セラピー基地からも、お越しいただきました。なんとフェイスブックページにレポートまで。ご来訪ありがとうございました。

Posted by 松本 at 19:43 | ちいさな森カフェ2016夏 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/44

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド