CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【夏の愛鳥林 留学生との森歩き】 | Main | 【ちいさな森カフェ 観音の滝コースのご紹介】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【ちいさな森カフェ 拠点づくりワークショップと特典の缶バッジ作り体験のこと】[2016年07月28日(Thu)]
7月31日の小さな森カフェ、屋内のプログラムでは拠点づくりワークショップを行います。

<黒板ぬりぬり工房>
施設内に、作成予定のでっかい黒板をみんなで作ります。
今は骨組みだけの黒板の部屋に、貼りつける板材に黒板塗料をぬりぬりします。※塗料が衣類につく可能性があります。

<カウンターすりすり工房>
徳地の森の旧街道沿いで立ち枯れた往還松の板材を、ゆっくり落ち着けるカウンターに整備します。
サンドペーパーや、耐水ペーパーを使って、板材の側面や天板をすべすべ、ツヤツヤに仕上げます。

<拠点づくりワークショップのお礼>
みんなで作る場所づくり、二つの工房ですりすり塗り塗りしてくれた方には、とっておきの缶バッジをプレゼント。
今回の小さな森カフェ会場をイラストにした缶バッジデザインはこちら。

20160728cafe.jpg

YCAM10周年記念トートバックとのコラボ!(勝手に実施)
うん、Natureな雰囲気でいい感じ。

このイラスト、事務局スタッフKさんのお手製です。
今回は缶バッジ作り体験ということで、色鉛筆で塗り絵にしたり、缶バッジに押し花を挟み込んだりも出来ます。
※自分で好きなイラストを描くこともできます。

みんなで作る場所づくり、ちょっとみんなで頑張って、手作りの体験とともに場所の記憶も一緒に持って帰ってほしいな、なんて思うのです。

YCAM10周年記念トートバックが気になる方はこちら(http://prefab.jp/post/3376
10周年は終わりましたが、まだYCAMで販売されています。

Posted by 松本 at 20:20 | ちいさな森カフェ2016夏 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/40

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド