CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森フェス野遊びアラカルト その2〜リラックス・リフレッシュメニュー〜】 | Main | 【森フェス野遊びアラカルト その4〜森歩き・山登り〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森フェス野遊びアラカルト その3〜森の音楽〜】[2018年04月18日(Wed)]
森林セラピー山口がお届けする森フェスが近づいてきました。
今回の森の仲間たちは40主体を超え、過去最高数のプログラムを提供します。

これから、森フェス野遊びアラカルトと題して、8つのカテゴリに分かれた森のプログラムを紹介していきます。
第3回は、「森の音楽」です!

7_music.jpg


「森の音楽」は、ステージではなく、会場のその時その時の一番いい場所を会場に、
自然になじむ音色を奏でる三つのグループが、神出鬼没的にミニコンサートを開きます。
ちいさなコンサートだけに、手の届く距離での演奏に、子どもたちが砂被り的に近寄ったり、演奏していないときは、参加者と席を並べたり、アットホームな雰囲気が広がります。

今回は、ドイツの竪琴ライアーを奏でる山口ライアー Ailyさん、
スーパーギターデュオと題して CHIMOSAKIさん、
フルート・ピッコロ&リーダーミニコンサートと題して、萩の風音 秋本さんの
演奏が会場を包みます。

<ドイツの竪琴ライアー:山口ライアー Aily>
DSC_0011.jpg

山口ライアーAilyさんは、もともと森林セラピーのトレッキングのお客様
森の案内人のイベントで、山登りを覚えて、今ではすっかり山ガールに。
このフェスでは、偶然持っておられたライアーを披露されたことをきっかけに、
毎回、やさしい音色を届けていただいています。

<スーパーギターデュオ:CHIMOSAKI>
DSC_0010.jpg

CHIMOSAKIさんも前回に引き続き参加。
森フェスの雰囲気にぴったりというおススメで、巡り合った皆様。
繰り返し出展いただく中で、今ではすっかりおなじみに。
森の案内人さんもすっかりファンです

アコースティックギターをつま弾いて、カフェを、クラフトを、フードコーナーを
それぞれあたたかな雰囲気で包みます。
会場のどこかにいる軽やかな音色のギターデュオ、ぜひ探してみてください。


<フルート・ピッコロ&リーダーミニコンサート:萩の風音 秋本>
akimoto.jpg

萩の風音 秋本さんは、フルートやピッコロ、リコーダーを駆使して
会場のいたるところで音楽を奏でます。
準備された楽譜の冊子は分厚く、準備万端、楽団で鳴らした腕前もたしかです。
リコーダーの音色と豊富なレパートリーにひかれた子どもたちがずっと聴いていたりもしました。

春の良き日を味わう森フェス、野遊び温故知新と題したひととき、
三つのグループの音楽の合間に、風が鳴り、鳥の声が響いたら、
それもまた自然が奏でた音楽というもの。
ぜひ、森の音楽を探しに森フェスにお越しください。

まだまだ新しいアラカルトの紹介は続きます。
お越しになる皆様に素敵な時間が訪れますように!

5月4日(金)森フェス〜野遊び温故知新〜の情報発信はまだまだこれから、
まずは↓にチラシやホームページのURLを紹介しますので、ご覧ください!

(チラシ表面)
morifes01.jpg

(チラシ裏面)
morifes02.jpg


森林セラピー山口のイベントページはコチラ

Posted by 松本 at 21:29 | 森フェス2018春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/369

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド