CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【ちいさな森カフェの招待状 その1〜minimini機織りworkshop〜】 | Main | 【ちいさな森カフェの招待状 その2〜保健師さんの健康相談&おしゃべりセラピー〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【3月6日(火) 山口新聞へ連載〜森のことこと ちいさな森の拠点づくり〜】[2018年03月06日(Tue)]
森林セラピー山口の森の案内人の会が10周年を迎えて受け持つことになった山口新聞に連載記事
「森のことこと」
森林セラピー基地でこの活動をはじめて10年を迎えた私たちが感じる森のこと、
森から教えてもらったたくさんのこと、ちいさな紙面に想いを込めて、
たくさんの方に伝わってほしいこと、こと。

第8回目のタイトルは「森のちいさな拠点づくり」、森の案内人 田中均 さんからの寄稿です!

tanaka.jpg

森のことこと〜森林セラピー基地 山口市徳地の森から〜
「森のちいさな拠点づくり」 

「やまぐち森林づくり県民税」を知っていますか?
 2005年度から森林環境を保全するために、山口県が独自に設けた制度です。これまで県内の森林整備や、森林ボランティア団体等の活動に活用され、本年度は、森の案内人の会からも申請をしたところです。

 わたしたちの活動拠点は森林セラピー基地の入り口にある旧野谷集会所という建物です。かっては分校として、その後は幼稚園として使われた歴史があります。このちいさな拠点に再び子どもたちが集い森に親しむ場になればと、計画を立て、県民税の補助金を得ることになりました。

 昨夏から準備を重ね、12月から場所づくりの会を行い、大工さんの指導のもと、森の案内人のほか、地域や一般の方にもお手伝いをいただき、みんなで協力してウッドデッキとツリーデッキ、かわいい東屋を作りました。参加者は延べ91人。いずれも雪が降る中での作業でしたが、毎回スタッフが手作りの昼食を振る舞い元気充電。仕上がりはいかに?

 そのお披露目は、3月11日(日)、森林セラピー体験イベント「ちいさな森カフェ」として行います。時間は午前9時30分から午後3時30分、体験メニューもいろいろ。森歩きやたき火、クラフト、コーヒー焙煎体験、木のおもちゃなどさまざまにご用意していますので、どなたでもお気軽にお越しいただけたらと思います。

 また4月からは名称を「森林セラピー山口」として、現地事務所・ビジターセンターとしてオープンします。ぜひお立ち寄りください。

(森の案内人、田中 均)

【森林セラピーガイドツアー】希望の日時で森林セラピーの森を案内します。問い合わせ、申し込みは山口市徳地農林振興事務所(電話0835・52・1122)へ。=毎月第1火曜掲載

【写真説明】やまぐち森林づくり県民税を活用した手作りのウッドデッキ。11日の「ちいさな森カフェ」でお披露目する。

Posted by 松本 at 21:21 | 山口新聞連載〜森のことこと〜 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/354

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド